創造的都市伝説(4)・・・こりあー、すごいビデオです  なんだか、ぼんぼん入ってきます

https://www.youtube.com/watch?v=C4AGx_fUCXY
https://www.youtube.com/watch?v=K-FwqOEw42Q
https://www.youtube.com/watch?v=sRF35VdDDvQ
No.3まで見た感想、というより出しゃばり考察です。
プレアデスが地球の次元アップに協力しようとして、むしろ過去に撒いたカルマと直面してしまい、怖気づいてしまった。
そこでアンドロメダが、「おみゃー。なにやっとんねん」と怒ってきて、「わしが代わりにやったるわ」となったんですね。
そこで二つの選択肢。地球人類の意識を上げて、地球とともに次元アップさせるか、邪魔な人類を滅ぼして、地球の意志に任せて次元アップさせるか。
地球の女神は次元アップしたがっている。しかし、妨げているのは人類。操作されてしまっているから、今のままでは重荷になって、アップできない。
私はそこで提案したいです。
やはり最後の審判という、時間のフィルターを通して、ちょうど浄水器に汚水を通してろ過するようにして、いい水だけを通すという処置が必要になるかと思います。
聖書に書かれているシナリオがそうなってるなら、活用することです。
今まで黙示録のシナリオが実現してきました。それはなぜか。
こりあーさんも言ってるように、人がそのシナリオを書いて、歴史を誘導してきたからです。
日本では、神話を書いて、人類を死に体の状態(黄泉の国)になるよう、シナリオづけしています。
そのおかげで、文明はほんとうに退廃してしまいました。
最後の審判だけ回避することなど、すべきではありません。
日本では、イザナギ脱出の手順を個々人に要求して、これに代えるべきです。
それに、アンドロさんは、地球人類のことを過分に考えすぎ。
そもそも、地球人類は、地球を乱開発して資源奪取のために投入されたハイブリッドだったという経過があります。
インベーダーにより、遺伝子組み換えされた時点で、インベーダーの身内になっているのです。
すでに地球在来の者ではないのだから、放り出すべきです。
今回の最後の審判は、邪悪な宇宙人が対象になります。ヤツラに洗脳された人類も、ヤツラの同族。手加減する必要なし。
邪悪を根絶して先の未来に向かうことができるので、最も簡単な方法として、私は推奨します。
そうしてもらわな、私のターミネーター呼び出し係としての存在意義がなくなりますがな。(^▽^;)
ままままま、アンドロさま。 もう一杯行きましよう。
今回のことは、どうぞよしなに。ほれここに、きなこのおはぎを持参しております。これをアンドロお代官様に。
おお、どれ。おおー、やまぶき色の重たいおもちじゃな。おくん堂よ、そちもワルよのう。
いえいえ、お代官様にはかなう者ではございません。このたびのこと、なにとぞよしなに。
うむ。うっふっふふふふふ。
うひっ、ひっひひひひひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です