武良ラムウ氏から神戸市西区の雌岡山(頂上に神出神社がある)を撮影した際に写り込んだUFO写真が寄せられました

---------------------------------------------
先日、雌岡山での撮影成果ですが、UFO以外にスカイツシュのような物体が写り込んでいます。
今回は姫路名産の明珍宗理作、明珍ひばしの妙なる音色でUFOを呼びました。
雌岡山に着陸しそうな感じで飛んでます。
映像9アイテムの送信です。
UFO撮影家 コンタクティ
武良信行
---------------------------------------------
明珍ひばしは、合わせたときに、チリンといい音色のする火箸ですね。
いろんな楽器がこれから活躍するようになるのでしょうか。
DSC05619.jpg
DSC05620.jpg
これはスカイフィッシュか
DSC05604.jpg
DSC05603.jpg
DSC05555.jpg
DSC05554.jpg
これもスカイフィッシュ
DSC05549.jpg
これも
DSC05550.jpg
これもです
DSC05551.jpg
妖怪一反もめんのような写真でしたが、スカイフィッシュの亜種なのでしょうね。

ちょっとしたコツがあるという話 ・・・ 信じるも信じないも、あなた次第です

私の孫ほどの女性ばかりが住む館に参りまして、四方山話をしてきました。
そんな中に、初めて見た映画は何ですかと問われたため、ついつい口が滑って、小学生の時に見た映画のことを話してしまい、やや年上という粉飾がバレてしまって、すごすごと戻ってまいりました。
しかし、この映画は、私の人生を導いたものでしたから、これを抜きには前に進めなかったのです。
その映画のタイトルは「白蛇伝」。東映が日本製のアニメに先駆けて作った、カラーでみごとなスムーズ感のある大作でした。
館でそのとき話した内容です。
☆☆☆
私が小学校4年の頃でしたか、「白蛇伝」というカラーのアニメ映画を映画館で見たのが初めてです。
日本の東映が、日本で初めて作った作品で、そのスムーズなアニメーションとストーリーの面白さには、魅了されました。当時、アニメと言えば、米国のディズニーしかありませんでしたから、日本でこんなのができるのか、と驚嘆されていたようです。
日本では東映が、それ以後、続々とでてくるアニメの魁を演じたわけです。
ジブリの宮崎監督も、この映画に強い感化を受けたらしいです。
私は、50歳以後の人生に、この白蛇伝が、まさかのシンクロを伴ってしまう現実に遭遇することになりました。
ちょうど50歳の時、あいついで現われた二人の女性が、それぞれ、白蛇伝の主人公の白蛇と青蛇の化身で、おのずと私が男役の主人公・許仙を演ずる格好になっていったのです。
先に青蛇役の女性が、私が50歳になる直前日に連絡をくれ、しばらくメールと電話で親しくしていたのですが、それから七カ月後に白蛇役の女性の身の上相談を受けることになり、最初に出会ったのはこの人のほうでした。この人は霊能者で霊媒体質でした。私からすれば、有能な巫女といった感じでした。
しかし、二年の後に別れることに。そのまた二年後に先の青蛇役の女性に戻ったのですが、この人も磁化されるようにして、巫女の素質を顕しました。
白蛇伝は中国古来の妖怪伝説なんですね。中国人なら100%誰でも知っている物語です。
しかし、そのストーリーは恋愛ものながら、弱者に視点を置いた、大衆が共感する物語なのです。そして、いつも白蛇が力量に勝るため、青蛇はわりの良くない側に回っていたのでした。
ところが、青蛇役と逢瀬するようになる2004年に、これも絶妙の発見の仕方をしたのですが、香港映画で「青蛇転生」という映画が出ていたのです。これは、日ごろ影の薄い脇役の青蛇を主役にしようという判官贔屓の作品で、こういうのに中国人はまた喜んでしまうようなのです。
この流れは、私の女性遍歴にちょうどシンクロすることになりました。
その主題歌がこれ「流光飛舞」です。
https://youtu.be/v_3A-zFcSPA
そして私の人生のウエイトもまた、青蛇さんのほうに移り、それからしばらく逢瀬を楽しみました。
私の人生にインパクトを与えたものは、たいがい後で、関連付けられた出来事として起きてくるのです。10歳ぐらいのときの強い印象が、40年後に現実になるという不思議を体験したわけです。
不思議という現象は、幸運とか恵まれているという思いを、何層倍にも強くします。
私はほんとうに幸せ者です。神に感謝せねば。しかし、世の悲しみや苦悩を見ることがとても多く、その立場に置かれている方たちに心から幸せになってほしいと祈らざるをえないのです。
私が救世主なら、何とかできるんだろうな、という空想的思いがあって、私はどれほどか前のアニメ・ガッチャマンのようでありたいなと、思っています。
オツムのほどは、10歳程度に幼稚なのかも。まあ、そう思っておいてもらったら、間違いはないでしょう。
最近映画館で見たのは、「トゥモローランド」と「リトルプリンス」です。それ以前はテレビ映画ぐらいしか見ていません。
なんだ、みな子供向け。そこでみなさんの失意が雰囲気として伝わってくること。
レンタルで最近見たのは「ダビンチコード」「シックスセンス」「RED」「孫子の兵法」などです。と繕ったものの、ツタヤの無料視聴期間中に見ましたと付け加えたため・・・嗚呼。
見たと言えるほどは見ていません。とさらに。
自分の辿った経緯のほうが映画みたいなものでしたからね。とまで。(カッコええ表現に我ながら陶酔・・・アホですわ)
☆☆☆
さてそんな、恵まれた健康美のお嬢さんたちにも、尽きない悩みが・・・。
それで私は、経験に基づくアドバイス というか ちょっとしたコツをお教えしたく思いました。
むろん、不適合もあるでしようから、ほんの参考程度にしてくださればと思います。宗教にどっぷりの方は逆効果かも知れません。
続き をご覧ください。 (この記事の下の 続きを読む をクリック)

“ちょっとしたコツがあるという話 ・・・ 信じるも信じないも、あなた次第です” の続きを読む