プレアデス艦隊が来てるんだってね

宇宙人は大きく分けて、ドラコニさんとか、レプタリさんとか、グレーさんとか(まだありましたね)がいて、地球には枝葉の種族も含めて、2万種が関与しているような情報を得ております。グレーさんなんかは、もしかしたら地球人の未来形かといった話は、私の創作話でして、都市伝説とは意外と無名の売れない作家あたりから広まっていないかと、心配いたします。⇒ https://bit.ly/1Q5DUTr
アイゼンハワー大統領の曾孫ローラさんの話では、プレアデス艦隊が来ているとのこと。これは良い宇宙人であるそうです。(私は宇宙最強のサテュロス艦隊としていますがね ⇒ https://bit.ly/20tih5k 売れない作家の足掻き)
おやおや、2012年のマヤ暦における地球文明エンドを予測して創られたかのような映画「2012年地球侵略」では、プレアデス人はよろしくない側でしたけど。
探検家たちが洞窟で襲われて絶体絶命。そのときのプレアデス星人。
ffd6.jpg
この風情は、吉本の俳優・オールグリーン・アスパラガス・リューイーソー氏の恫喝シーンさながらなので、爆笑してしまいました。顔も似てますね。
そして逆に、拉致やらなにやらで悪い側とされがちなグレーさんが、助けるいい側とキャラづけされていました。
ffd.jpg
映画「ET」のときの印象が強いですね。
未来型CMを放つハリウッド仕込みだから、往々にして逆かも知れないとは思っておきましょう。
まあ、どの宇宙人にもいいのとよくないのがいるとは、曾孫ローラさんもおっしゃってましたから、その辺はこれぐらいでもいいのでしょうが、これから先、もしかしたらみなさんが絶体絶命のピンチに陥った時、映画の先入観で、ひょいひょい付いて行っていいのかどうかという問題があるわけで。うちの知り合いにも、そんなことを気にしてる人がいますからね。(もう助けてもらえると思ってるのかよお)
まあ、私はそれでいいと思います。要は、間違ったところでもいいから、まずは助けてもらうこと。それから先は、個々人がどこに亡命するかといったことが、宇宙人間で会議される時が必ずありますから、そのときのために、救助船の担当者の上司の宇宙人に予め希望を申し立てておきましょう。
そのままにしていたら、ガチの暗黒帝国で掃除夫なんかさせられたりして、何千年も不利益になるケースだって。とくに日本人は優柔不断だから、よくあるんですよね。この詳細は、映画「リトルプリンス」でも見てください。
星の王子さまを馬鹿にしたような映画だったので、カネ返せと思いましたけど。哲学もなくなってたし。しかし、ディズニープロもあちらさんですから、タイムリミットの切迫故に浅薄なストーリーになったと解釈します。
さて当面は、まだはっきりと決まったわけではないところの、今のタイムラインの延長上の未来を、どのように救助していけばいいのか。曾孫さんなどは、このために立ち上がってるらしいので、私は個人的に応援したく思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です