遅ればせですが8月7日のインタビュー

今はお盆の最中ですが、武良さんが帰省をされたのが7日でした。
その途中で私の近所に立ち寄ってくれまして、会話となりました。

会話の中で著作権にひっかかるか否かなどという話をしていますが、この映像もひっかかるかなあという思いでアップしております。閲覧注意。
最近では、どこでどんな番組にというのは、私には把握付きません。富士演習場のドカンドカンとか、いろんな場所でされることでしょうから、気を付けて活動されることを願います。
さて、お盆で終戦記念日のことですから、こんなYoutube映像も見ました。
https://youtu.be/1_CXY2XtP5w

そして今朝は、今は亡きチンの話。
チンは母猫ウーのおっぱいのいちばん下流にいつもいて、いちばん育ちの良かった子猫でした。
上流にいたのはシャン(タキ)で、たくさん出なかったのか、いちばん小さかったです。
トンが真ん中。
そしていちど場所が固定すると、いつもその順番になってました。
身体のサイズも、その順番になりました。
授乳は1か月でいいようですが、何と彼らは三か月以上食らえついていましたね。
ウーちゃんはかなり痛がっていました。しかし、ウーちゃん自身幼猫だったこともあってか、子離れせずにいた感じです。いや、もしかしたら、私がいい離乳食を出してなかったからかも。
チンは最初から、尻尾の先が曲がって瘤を作ってまして、やがてそれがハート型になっていきました。
もしかしたら、この子は、マカラの化身かと思ったりも。というのも、親世代があのとおり、神獣の化身だったもので。しかし、彼は育ちの時ののんびりおっとりとした性格だったものが、意外と小心者だったこともあり、マカラなら尻尾を巻いたマカラのほうかなと思ったり。
それに、大柄で骨太でアメリカンで、ジェームス・ディーン似のハンサムときていて、この子なら人も欲しがるだろうなと思うようなことでした。いい人にもらわれれば、町の人気者になったかもしれないです。
私は、彼の才能を発掘してやれませんでした。
それに、彼は小心者だったのです。去勢してやるべきだったのは、チンのほうだったかもしれません。
そうすれば、外出ばかりせずとも良かったかも知れないのに。
幼いころは、ブーが彼らの面倒を見ることが多かったのですが、大きくなってからは、ブーがA猫を連れて脅しに現れるようになり、一気に仲が険悪化して、その尾ひれが今まで続いているようなことです。
そんなとき、5日間も食事に現れずだったチンがようやく帰ってきて、そのときには、長く食べていないせいか弱っていて、食べようとしませんでした。
道を忘れて帰れなかったのか、ブーとA猫のテリトリーなのを怖がって入れなかったのか。
きっと原因は後者だったかもしれません。弱り切った身体で、それでも最後の男を見せようとして、A猫側と対決しようとの腹づもりで、道路の真ん中に出て見張っているのを、トンやシャンが遠目に見ていました。
私はそれでは負けるぞと、食べて力をつけてから対決したらどうかと諭し、抱えて連れ帰ってしまったのですが、その途中で、彼の腕の力が抜けていくほど、体力がなくなっているのでした。
それでも、彼は家を出ようとしました。
そのときの映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=WoX4oSr3SRU

彼はもう道路まで上がることはできず、森の中に入ってしまいました。
それが彼を見た最後でした。
彼にまつわる映像はこちらからご覧ください。多数で映っています。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/
チンちゃん、よう来てくれました。楽しかったです。
ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です