トリチウムという伏兵

昨今、体調がとにかく悪く、厚くない場所を選びながら、ぼーっとすごしている日々です。
下痢は日常茶飯事で、脚など痩せて、腹の出が小さくなったのはいいが、力が出ず、立っていることも嫌になります。
胸焼けにM1ブロッカーを使い、下痢止めに正露丸を使い、精力維持にキョーリョーピン。
そんなことしたって、あまり意味がなくなってきています。
ぼちぼち、墓地が近くなってきたことを実感しています。
そんなときに見つけたこんな記事。
https://diamond.jp/articles/-/75003
ま、しょうがおまへんなあ。
RO浄水にしたけど、トリチウムだけはどーにもなりまへん。
結局、ヤツラ(放射脳)に殺されるんですね。
私の命終と相前後して、世も命終することでしょう。
さあ、あの世で忙しくなるぞ。
最後の審判にすべて掛けて、邪悪を根絶しますでな。
記事の中にこんなんありました。
>そこで、原子力規制委員会の田中俊一委員長と、委員の田中知《さとる》は、福島第一原発の事故現場で大量に発生しているトリチウムを、「薄めて海に放流してしまえ」と、苦しまぎれの暴言を吐いている。
 大量の海水を持ってきて薄めれば、流していいだって? 
 放流するトリチウムの量は変らないだろう! 
 そんなことが分らないのか。実に、おそるべき犯罪者たちである。
この田中俊一君は、おそらく古伝の思想の心酔者なのでしょう。
苦し紛れではなく、純粋にそれが効果的と信じているのでしょう。
「薄めて海に流してしまえ」は、神社神道・大祓祝詞の精神です。
古来からの伝統呪法が勝つのか、それとも物理生物学的論理が勝つのか。
これから数年のうちに、勝負の決着はつくでしょう。
まさか、すでに敗着を見越して、戦争に逃げ込むような卑怯さだけは、絶対にダメです。
そんなことしたら、あの世で何兆倍にも重加算した裁きを言い渡しますから。
ああ、死後の楽しみができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です