どうしても電気が要るなら・・・美しき緑の星からのアイデア

In Deepさんとこから
https://oka-jp.seesaa.net/article/421789219.html
どうしても人類に電気が欠かせないなら、こんな方法があったんだね。
それは「美しき緑の星」の宇宙人が教えてくれたかと思われるような方法です。
どうしてこの方向に科学は進めなかったんだろう。進化の過程の中で、道を踏み誤ったみたいね。
ときおり、世相を皮肉りたくなるのがこの私。また今回も一発ぶちましょう。
邪神(悪魔)が主導するといいことはない。滅びの道にしか誘えないんだ。そのくせ悪魔は生き残りにかけては抜群の才を発揮する。
そしてまた生き残った者の中に悪魔の萌芽がいて、すぐに芽吹いて次の時代も取り仕切ろうとする。そして最初にするのが、神話の改竄だ。
彼らは必ずこう書く。「前の時代は、人類の愚かさもしくは驕り高ぶりによって、神によって滅ぼされた」と。
その話の中には、神と人間は出てきても「悪魔(が主導したことにより)」という言葉が抜け落ちている。
こうして、悪魔の存在は知られることなく、次の時代にも根を張ることになる。
彼らは史実改竄にかけてはプロフェッショナルだ。人類はまた無知から始まるから、コロッと騙されることだろう。(いっぽう人類の積み重ねて獲得した叡智は悪魔だけのものとして受け継がれる)
彼らは臆病だから、自分たちの悪評の立つのを恐れて、指向的に封印して回る癖がある。隠蔽は彼らに憑き物の常套手段だ。
だから、臭い物がどこにあるか調べるのに、造作はない。蓋がしてあるところを開けてみればいいだけ。
だけど鈍重な人類の側で蓋に気づくのは相当後になってからになる。発掘者が現れた頃には、社会はとうに邪悪に染め上げられていることだろう。
そんな歴史の繰り返しが今まで何度も積み重ねられてきたんだ。またふりだしだ。面白くもない同類のゲームにいつまでうつつを抜かすんだ、人類という名のパチンカーたちよ。
ほらまた、玉はいちばん下に吸い込まれてるぞ。打ち方を変えて、天釘の二番目に当てるんだ。
そのコツを知ることを魂の進化と言う。熟練しか知る手はない。もっと輪廻して学べ。
閑を持て余した霊魂たちの遊び。永遠の命など、糞くらえもいいとこだ。
人が最後に悪魔になりたがるのも無理はない。魂の抹消をやってもらえるという音信を聞いて集まるのさ。それって、間違いってことないか。悪魔は最後まで嘘をつくから、気を付けろ。
おっと、おいらもその一人だったりして。かつてルシファーを襲名させてもらったこともあるし、なあー。
頭目がそう言ってるんだ。ちっとは信用して騙されてくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。