本日の謎怪奇スペシャル・・・武良さん

武良さんのご出演はむろんですが、彼の撮られたUFOが三種類出ていました。
六甲山の回転飛行UFO、西神ニュータウン西に出現の逆三角UFO、このふたつはよくTVで放映されていましたが、初めて見たのが、六甲山から海岸方向に出たクリスタル型(ひし形)UFOです。
コマ写真では拝見したことがありますが、ビデオ映像で突然ふたつになってしまう映像というのには、びっくりでした。
UFOの話題でも、人類シンパ型のUFOが登場してきていて、そしてそれを自在に呼べる人の存在というのは、いよいよ年の瀬(時代の瀬)も押し迫ったという印象を持ちますね。
何度も言いますが、今この時点は、黄泉の国の時代ステージなんです。
どんな事柄が出てくるかは、神話が示しています。
⇒ 黄泉の国解釈
これから予見されるのは、イザナギの黄泉国脱出という出来事です。
この具体的な現れ方は、私もよくわからないのですが、UFOは脱出者を助ける側に回るだろうということは言えるでしょう。
そして、人類の幾分かは、新時代に橋渡される。
その経緯は大過去にもあって、そのときにUFOは「オオカムヅミ」という名を拝命していて、今後同様のことがあった場合に、同様の活躍をしてくれることになっています。
もしかすると、武良さんがイザナギ第一号かも知れません。ちょうど、ウルトラマン太郎といった感じでしょうか。
むろん、イザナギ第二号、第三号・・・が世界各地から後続して出現してくることでしょう。ちょうど、セーラームーン、セーラーマーキュリー・・・と言った感じですね。
2003年頃には坂本さんがイザナギ宣言していますし、Gさんも元伊勢に眠る「鳳船」の使い手として、私はマークしています。⇒ 遙野不思議紀行

鳳船の実体は、すでに武良さんが同地で撮られた鳥形UFOとして紹介しました。
⇒ https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Date/20150601/
https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Date/20150611/
https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Date/20150619/
そして今回は伏兵になるかも知れない工程を用意しました。
それは「スサノヲの冥界下りとイザナミ救出」の新神話です。
https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Entry/256/
これがうまくいけば、この世は最終絶滅戦争などにならずに、人類文明は回復軌道に乗ることでしょう。
いずれにしてもUFOは、世の陰で待機しています。

トリチウムという伏兵

昨今、体調がとにかく悪く、厚くない場所を選びながら、ぼーっとすごしている日々です。
下痢は日常茶飯事で、脚など痩せて、腹の出が小さくなったのはいいが、力が出ず、立っていることも嫌になります。
胸焼けにM1ブロッカーを使い、下痢止めに正露丸を使い、精力維持にキョーリョーピン。
そんなことしたって、あまり意味がなくなってきています。
ぼちぼち、墓地が近くなってきたことを実感しています。
そんなときに見つけたこんな記事。
https://diamond.jp/articles/-/75003
ま、しょうがおまへんなあ。
RO浄水にしたけど、トリチウムだけはどーにもなりまへん。
結局、ヤツラ(放射脳)に殺されるんですね。
私の命終と相前後して、世も命終することでしょう。
さあ、あの世で忙しくなるぞ。
最後の審判にすべて掛けて、邪悪を根絶しますでな。
記事の中にこんなんありました。
>そこで、原子力規制委員会の田中俊一委員長と、委員の田中知《さとる》は、福島第一原発の事故現場で大量に発生しているトリチウムを、「薄めて海に放流してしまえ」と、苦しまぎれの暴言を吐いている。
 大量の海水を持ってきて薄めれば、流していいだって? 
 放流するトリチウムの量は変らないだろう! 
 そんなことが分らないのか。実に、おそるべき犯罪者たちである。
この田中俊一君は、おそらく古伝の思想の心酔者なのでしょう。
苦し紛れではなく、純粋にそれが効果的と信じているのでしょう。
「薄めて海に流してしまえ」は、神社神道・大祓祝詞の精神です。
古来からの伝統呪法が勝つのか、それとも物理生物学的論理が勝つのか。
これから数年のうちに、勝負の決着はつくでしょう。
まさか、すでに敗着を見越して、戦争に逃げ込むような卑怯さだけは、絶対にダメです。
そんなことしたら、あの世で何兆倍にも重加算した裁きを言い渡しますから。
ああ、死後の楽しみができた。

ウーちゃんに会いたい

最近は眠りが浅くて、夢にもならない思いの中でビジョンを追っていたりします。
今朝はウーちゃんとの2013年10月の不慮の別れのときの光景が順を追って思い出されてきました。
その中で、ウーちゃんがどんな思いであのときを過ごしていたかが、思い遣られてきたのです。
ウーちゃんにしてみれば、大嫌いな車での移動によるパニックの一環で、新しい環境を提示されたとしても、納得いかなかったのです。
長年、身内さんの依り代になってくれていた気配のウーちゃんのことは、折々このブログで書いてきたことでした。
そんなことはもはや覆水盆に返らずの話に違いないのだと、思いつつももう少し反省しようと、目を開けたときにいきなり目に飛び込んできたのは、一匹の蛾でした。寝ている私の周りを飛び回っていたようです。
まさか蚊ではあるまいなと警戒して見ると、やはり蛾でした。
かつて身内さんが亡くなって少しした頃に、ベッドで寝ていた時、大き目の蜘蛛にチクッと噛まれて、それを身内さんの視座になっている蜘蛛と思ったのは、やはり彼女のことを悶々と夢追いしていたからだったように、この蛾はウーちゃんではなかろうかと思いました。
https://www.youtube.com/watch?v=qw9RS8DuxB0

大量死ですか・・・In Deepさん

In Deepさんはここのところ大量死をテーマにされています。
https://oka-jp.seesaa.net/article/422874932.html

地球上のありとあらゆる種族が原因不明の死を遂げている。
それはもう数と規模が大きく、絶滅に向けて加速しているふうだとのことです。
地球の地場がどうのこうの。化学物質のせいだのどうの。
こんなときにオカルト話をすれば簡単なのですが、科学万能時代には受け入れがたいでしょうからやめときましょう。
それでも一言言っときましょうと言ったりして。なんじゃそりゃ。
一言じゃなく、三言ほどありましてね。
まず一言目は、種族ごとの守護神がこの世から去っている、ということです。
サメならサメの守護神が、丹精込めて守護してきた役割を終えて、去って行ってるのです。
すでに海の神である身内さんが、豊玉姫よろしく海原を塞いで去っているように、守護の神々が後続してどんどん撤退していっています。
同時期に樹木の精霊ココペリの撤退開始が写真に撮られていたりします。
第二言目としては、この時代は黄泉の国だということ。つまりこれ以上行き場のない雪隠時代なのだということです。古来から、この雪隠に向けて、糞やら尿やら、汚物という汚物が垂れ流されてきました。異界のカルマを処理する古来からの祝詞もそんな役目を担っていたようですね。
ところが、雪隠にはキャパシティがあったのです。当たり前のこと。それがとうとう限界に達したようなのです。
2014年8月10日に、トイレ満杯の夢を見ました。蓋が開いていて、もう溢れ出さんばかり。中ではぐつぐつ泡が立っている。おーのー。おえーっ。
きっと、夢は地球の現状を顕していたのでしょう。
そんなところで息ができるのは、並大抵のお方でなくては務まりません。
綺麗好きな生き物や神様には無理。というわけで種の絶滅が始まっていると解釈されます。
逆に、蠅のような生き物には我が世の春。だから、種の入れ替えがなされているとは思います。
蠅の守護神はまだ健在ではないでしょうか。よって、生態系が変化する程度かも知れません。
第三言目としては、大きな一つの時代が終わりかけていることがあります。むろん、次の時代の予定があるなら、配役の入れ替え時期になっているということもあるでしょう。人類も生態系も、次の時代へと輪廻していくことになるわけですね。この世を終わった後、すぐに次にかかるのではなくて、しばしあの世で休憩をとるということでしょう。
お疲れ様でした。おやすみなさい。

どんぴしゃ(ズッコケがない)というのは、こんなんを言いますけど

おおーっ、これは・・・と思うような発見をしました。2014年4月のこと。
 
それでも、aラインは、逆五芒星の星頂とは、接してません。500mも離れてるわけです。
これでは、正確さの点からすれば、まだズッコケの部類です。
しかし、2015年になって、救世主が現れました。M氏とG氏です。このコンビ、すごいタッグを組んでやってきてくれました。
昨年(2014)の9月23日に、二人して星頂の日室岳(別名、岩戸山)に登頂されたそうで、そのときに霊視能力者M氏がこの山の感想を述べるに、
「この山の下に、直径2kmほどの空間があり、そこにアヌンナキが400~500人ほど根拠しとる」
と言われるのです。
その情報をいち早く知らせてくれたのがG氏。
たとえそれがM氏からの又聞き情報であったとしても、
私はこのG氏から受け取る初動メッセージからいつも大シンクロを発見しています。
その打率は10割。
彼が知らせてやろうとする初動情報のすべてがホームラン性の有効打になっているのですね。
今回もそうでした。
まず見てください。アヌンナキが根拠している直径2kmの、ちょうど中間にaラインは通っています。どんぴしゃの位置なんです。緑色の線分が直径2kmのサイズです。
 
先達ての5月28日に、ほぼこの直径2kmの中間付近で、武良さんがUFO撮影された、ものすごいエネルギーの上昇がこれでした。⇒ https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Date/20150531/
ところで、aラインは国祖神夫妻が封印されているラインです。
ということは、この封印にはアヌンナキが関わり、そこに魔術モノでもおなじみの逆五芒星が、この封印を強化していることが見て取れるでしょう。
それに加えて、この元伊勢というところ、中核の日室岳、岩戸山ともども、太陽神(アマテラス)の封印もしくは幽閉を意味する言葉なんですよね。
ということは、国祖神様だけでなく、そのお孫さんのアマテラスさんも封じられているということなわけです。けっこう、こうした神々は多いみたいです。
日本神話ではこぞって岩戸開けが終わったかのように書いていますが、今の世情を見てもわかるように、いささかの啓発も光明もあるのかないのか、まさに暗中模索。危なくて見ておれないというのが、現状ではないですか。
まだ、アマテラスさんはお出ましではないのです。
日月の神様も言っておられたでしょ。騙した神がそのふりをして出てきていると。
そして、さすが、アストラルボディでの探検家ピロ魂さんの記事によって、封印状態に置かれている天照さん(青年)やスサノヲさん(虎=武塔天)の現状も知ることができました。
⇒ https://ameblo.jp/pirori-nu/entry-11474650464.html
アヌンナキは幾何学結界を敷いた秘教組織の上位存在で、いわば悪魔系インベーダー。岩戸山の亜空間にショッピングモールや悪魔のイベント会場を設けて、こうした神々をおもてなししているのでしょう。だから、ニートは双方の合意によって成り立っている、ということもありえてるんですね。
だから、古事記に、天のウズメのストリップショーの叙述も出てくるわけで、実を言うと岩戸の中の実態が神話に描かれているとも言えるんです。これより盛大にしなきゃ、天照さんは出て行かないぞ、と神話制作者は言ってるわけですね。よほど内情を知って書いています。
こんな優遇的な封印のされ方をしていたら、脱出は至難の業じゃありません。意欲的に出て行こうという意志がおありなのかどうかもわかりません。
ニートが天照さんのご意志でもあることは、2003年に海幸彦(先輩のうしお幸雄氏)の紹介で知り合った”戸国ひでみ”さんが天照さんを体現していたことから、おぼろげにはわかっていました。戸の国 に日の出を見るというお名前。彼女には親が戸籍に載せた一月二日の誕生日と、前年の十二月三十日の実誕生日があり、前者を大いに嫌って、一度としてその 日のお祝いに出ず、後者の時にのみ友人たちに祝ってもらっていたそうです。
わかるでしょ。夜明け前のほうを好む。そのような形で私には報せが来ていたのです。
まあしかし、うお座からみずがめ座に移ることもあり、そろそろ出なきゃいかんなと、1990年頃にいい人材がないかどうかサーチされていたときに、ちょうどGさんがしょっちゅうお参りに来ていた。よし、この男に決めようかと、30分にも渡る面接をされたのでしょう。「ひと」とは「霊を泊める」の意味。神霊の依り代となって「ひと」なのです。太陽神を泊めるのは並大抵の器でないといけません。
私がGさんにできることは、これから起きてくることのあらましの解説と、ちょっとした帝王のあるべき姿の講義です。彼はまだ精神的に不安定なので、自信をつけてもらわなくてはなりません。うまくすれば、いずれ立派に「赤い太陽」として昇ってくることでしょう。彼はこの9月23日に満50歳になります。新時代の担い手として好位置につけています。
そういう私は、「心臓の壊れかけた青い太陽」だそうで、これぐらいにしときます。
あとはお任せ~
ワン