今度はマッドマックスを見に行きましょう

いやあ、映画って、いいもんですね。先達ては、トゥモローランドを見ました。
面白くなかったら、ツマーランドとでも宣伝しようと思っていたのですが、いやあ、よかったです。今日は電話をくれたN氏にあらましと、暗号についてお教えしておきました。
で、同時上映していたマッドマックス・怒りのデスロードを、次回は見に行こうかと思います。
核戦争後を描いた未来ということで、絶滅必至の居皆亭式未来地球での生活がどんなものになるか。
トゥモローランドとは対極になる見込み皆無の絶望し切った世界ですね。参考になるでしょう。CGをほとんど使っていないスタントでどこまでのことが表現できるのかということも必見か。
さてしかし、未来への希望はこれからの時代を選び取ってやってくる子供たちに起きている驚異を見るだけで、十分に希望の持てるものだということがわかると思います。
先には13歳のバーネット師を紹介しましたが、今度は9歳です。

運命によって決められている。しかし、運命は変えられる。9歳の少年はその他、たくさんの蘊蓄を語ってくれました。その逐一に、頷いている私が居りました。やらせではないと思います。
そんなときに、チラリ見した日曜映画サイトにこんな記事が。
https://ameblo.jp/saraitare/entry-11615753639.html
>一九九九の年、七の月
空から恐怖の大王が降ってくるだろう
アンゴルモワの大王を復活させるために
その前後の期間、マルスは幸福の名のもとに支配するだろう
>この4行詩だけで、世界は破滅することになりました。情報媒体の限られていた昭和のあの頃って、世の中いま以上にファナティックだったのかもしれません。本の中では、人類滅亡の原因として、「大空襲説」「ICBM説」「人工衛星説」「彗星激突説」「宇宙人襲来説」「超光化学スモッグ説」などが挙げられていますが、昭和キッズが待ち望んだのは、言うまでもなく「宇宙人襲来説」です。
私はこの詩は、世界のコンピューターの2000年問題の必然的結末を語ったものであったと推測しています。すなわち、世界の9割がたのコンピューターのプログラムが抱えていた、1999→2000でなくてはならない計算ロジックが、メモリの都合から西暦の下二桁だけに放置していたことによる、99→00の日数計算がどう見てもうまくいかないはずだったのに、正月を越してみれば難なくクリアーされていたという?世界最大の奇跡?がどうして起きたのか。私もプログラマーをしていましたから、このことは気になっていました。しかし、世界のどのコンピューターも誤作動しなかった。
もしかしたら、軍のコンピューターが計算ミスして偶発的な戦闘を起こして核戦争だって起きていたかも知れないのに。
1999年7の月とは、1999年の完了の時を意味します。つまり、2000年に切り替わる時点のことなのです。
ノストラダムスは、奇跡が起きなかったときのタイムラインについて予言していたのです。そちらのほうが、本命だった。
しかし、奇跡は起きた。これについて、未来人ジョン・タイターは掲示板で口を酸っぱくするほど、「このときになぜ問題が起きなかったか、分かるか」と問いかけ、未来に戻っていく直前までこのことを言い残し、読者の無理解を非難して去って行きました。
その後、90%の的中率を誇るジュセリーノが、アル・ゴア大統領を予言し、関西大地震を予言しましたが実現せず、神の化身とされたサイババが聖者にあるまじき素行を見せ、世の非難を浴び、自ら予言した逝去日を満ずることなく早逝されました。それらはなぜだったのか。
我々個々のタイムラインが変化しているからです。あるいは、誰かが変更を加えているのかも知れません。
さてしかし、歴史の運命の大枠は決まっているのでしょう。
>魂のない肉体は、もう犠牲(いけにえ)にされることはない
死の日は本来の自然のなかにとけこみ
み心は幸福な魂をつくるだろう
み言葉を永遠のものとして仰ぎみながら
>美しい処女のかがやき
それはもうかがやくことはない
彼女は長いあいだ塩なしで、醜悪残忍なオオカミたちとともにいる
すべての者は毛と皮がむけ、狂って争い、怪物が地球をおおうことになる
>五島勉さんの本によると、上の詩編は破滅後の世界を描いたものらしく、「破滅の日を生き残った人間も、生き残ったとは名ばかりで、汚染や放射能にジワジワとむしばまれ、いずれは死ぬか、脳を犯されて狂うか、バカになってしまう」そうです。
最近では、眠りこけ病や手足ぶらぶら病といった変調があちこちで見られるそうです。
https://onodekita.sblo.jp/article/146309725.html#more
私も最近とみに眠くて、
自然に幸福な魂になりかけている気がします。
そして、やがてやってくるのか、
マッドマックスの世界が。
今度見に行くのは、時代を先取りするためなのか、それとももう味わえない未来を見ておこうとしてなのか。
いや、きっと希望ある未来のほうにタイムラインシフトするからこそ、味わえないマッドな世界を映画で見ておきたいのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です