物事には因果関係が

自称・異界の名探偵、森野は脚は歩かねども、ひとりでに手がかりがやってきていて、謎の問題が発生しても、短時間に解答が得られる(むろん、私の中において成立した仮説ということになるが)のがおよそであり、これまでに様々な難解な謎を解いてきています。
たとえば、今回の難問題は、問題のほうが先行して発生したのですが、ただちに手がかりが得られて、森野の中でそれを問題とともに口の中に入れて咀嚼したら、苦かった問題が、なんと甘い香りのする問題に置き換わっていることに気が付いたことでしょうか。
この話は当事者の方以外にはわからないと思いますが、その当事者の方のための解答ですから、その他の方には遠慮いただいてもいいかと思います。当事者とはM氏とG氏。ぜひこの甘い解答をご吟味あられたく存ずる次第です。

↓つづきを読む をクリックするとご覧になれます

“物事には因果関係が” の続きを読む