岩戸閉めは何度にも渡るとか

日月の神様の仰せによれば、岩戸隠れは表向き伝承されるものばかりではなく、何度にも渡っており、それはことごとく「岩戸閉め」であったらしいですね。
昨日記しました「スサノヲの冥界下り」は、そのひとつの岩戸閉めとなっている、御母イザナミが施された封印呪詛を解除するための、追加すべき新神話でした。
これによって、世界が黄泉の国の状態から脱出できるのではないかと読んでおりますが、果たして如何なることになりますや。(むろん完全滅菌のためには、きれいさっばり、すべて焼却したほうがいいに決まっているのですが)
黄泉の国とは、今の非常に危うい時代を言います。 ⇒ 古事記・黄泉の国の解釈
昨日の追加版の神話は、日月様が指摘しておられた、イザナミ様に掛けられた呪詛を解き、スサノヲ様の名誉回復のための、双方一両得の仕様になっています。
それが功を奏すれば、この世界の存続もまた叶うことになろうかと思うのですがね。
さて、まだ残る岩戸閉めの問題は、あといくつかあります。
ひとつは、これからお話しする、アマテラス様の岩戸開けですが、これは時間さえ経てば解決する可能性が大です。
というのも、当のアマテラス様のお考えの中では、この世界のターム(期間)の終わりが近日中にあるため、それが終われば新時代に入る関係上、そちらでお目見えになる予定でおられるようですから。
また、その他の岩戸閉めについても、まずこの世界のタームの終了とともに、呪詛の多くが解除されたり弱められたりしますから、順次解除の方向にあることで、幾重もの岩戸開きが叶えられてくると推測されます。
最大の山場は、今年から来年にかけての地球上の様々な出来事と、それによる絶望的事態が乗り越えられるかどうかです。
あともうちょっとなので、見守ってまいりましょう。
大丈夫です。
どうパチンコ玉が転んでも、いちばん下のホールに吸い込まれるように、この世界の焼却によって救われることになっていますから、どうしても途中のチューリップに飛び込んで、また存続せねばならんと足掻く必要はありません。
さて、昨日26日は、さる17日にMさんと「鶴亀すべる」をしてちょうど9日目で、何事かの瑞兆となるような天変地異、それも人的実害なしのものが起こるかと期待していたのでした。
地震という形のものこそありませんでしたが、桜島の噴火回数が過去最大となったらしいです。

桜島の爆発的噴火、1日で26回 過去最多を記録

これも死者ゼロ。やはり、さすがの効果と言うしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です