不思議なシンクロナス女性遍歴

当初、浦嶋と乙姫でスタートした新神話も、そこから日本神話にコンバートされれば、日子ホホデミ(山幸彦)と豊玉姫になり、山幸彦を新神話に設定後に海幸彦を名と体で表す職場の先輩が現れて、私のことを弟のように気にかけてくれたりして、いろいろと不思議なことが現実になりました。
私が二番目に知り合った女性に振られてしょげていると、海幸彦は私に別の彼女を紹介してやるから気を取り直せと、持ってきた話が、スナックに勤める「戸の国に日の出を見る」という名を示す女性で、ちょうどその頃私は、天の岩戸開けを志していたときだったので、その名前にびっくり。
しかも彼女から話を聞くうちに、自分の誕生日は年末の30日と正月の2日の二つがあるのだと言います。
本当の誕生日は年末のほうで、親がこのほうがいいからと、戸籍上、正月のほうにしてしまったとのこと。子供にとって有利だからと、よくある話ではあるのですが、彼女は親の設定したほうは嫌だと言い、友人との誕生祝いは年末にしてもらっていると言います。
私はそこにも神意を読み取ります。
正月とは、天の岩戸が開いた後のことであり、年末とはまだ開いていない夜明け前を象徴していると解釈できます。
つまり、もし天照大神がおられたとしても、岩戸隠れのほうを願っておられるのだろうと解釈されたのです。
何があったか知れませんが、天照大神はニート派であるらしい。
私はこれでは、このまま付き合いを続けても、良い結果にならないと、この彼女の今まで不遇だったゆえに培われたらしい投げ遣りな態度も顕著であったゆえに、最も近隣在住の女性でしたが、2003年の彼女の年末の誕生日のパーティを最後に別れました。
それと相前後する頃、新聞勧誘員さんと仲良くなり、そこの新聞をとってはいないのですが、その方の薦めで共にある韓国女性と知り合うことになりました。その女性のおうちでもつ鍋を食べることになったのが知り合った初日で、その方がいきなり「あなたはヤマトスクネやねえ」と言い出すのです。
私はそのとき、ヤマトスクネという人物は初耳でした。古代人の名前だとは思いましたが。
どうしてかと聞くと、顔が似ていると言うのです。
私はそんな人物のことも、どんな顔かも知らない。何だかわからないなりに、この方との縁はしばらく続いたのです。
ところがこの方は、神様遍歴を常習する方で、どこかいい教義を持っている教祖がいれば心酔してしまい、多額の布施を騙し盗られているのです。あの有名な法の華というところにも億単位の額を入れてしまい、法的に2000万ほど取り戻したことを誇りにしていたり。お金持ちなので気にならないのですね。
そのようなところが、すでに何カ所もあったという方だったのです。
それによって、悟りが得られているならまあいいのでしょうが、どうなんでしょう。
私はその女性のおうちに行くたびに、畳の上の座布団にくつろいでいると、必ず特定の猫がやってきて、私の胡坐の膝の上で寝ころんで寝てしまうのです。その猫の名前は「ノラ」。ここにやってくる前は野良猫だったもようです。もう一匹「たま」という太った猫がいるのですが、一度見ただけ。
さてその「ノラ」ですが、毎度のように親しげにやってきて、帰りのときには、韓国家屋の特長でしょうか、家から門までの距離が20mほどあるのですが、私らを先導するようにして前を進み、門のところまで出てお見送りしてくれるのです。
いつも、彼女とノラが並んで立って見送ってくれる不思議な光景がありました。
あるとき、これがこのおうちに行く最後だったかと思われるのですが、着くとノラが座布団の上に寝ているのです。
彼女の話では、ノラは足を犬に噛まれて負傷しているのだとのこと。
ところで、私はそれより二日ほど前に、猛犬を二匹も飼っている知り合いの家の土間で、危うく脚(腿のところ)を噛まれそうになり、履いていたGパンに鉤裂きができたほどだったのです。ぴったりしたGパンのこと、あと1,2センチ深く歯が至っていれば、肉が噛み千切られていたことでしょう。
彼女に私は言いました。「もしかすると、ノラが身代わりになってくれたのではないか」と。
そして、私はノラを写真に収めておこうとデジカメを向けて撮ろうとした途端に、つんのめりかけてシヤッターを押してしまい、撮れた写真が次の写真でした。大きな白いつづらを背に背負い、おでましになっています。

足を負傷した実際のノラちゃん

このおうちでは代々、伏儀神農神をお祭りしていて、ノラこそは伏儀神農神の化身であったと私は確信しました。
そのおうちの掛け軸です。伏儀神農神は猫耳ですよね。

まさに伏儀神農神は猫に化身されていたのです。そして、私にとって大恩ある神様のおひとりにもなられているのです。
しかし彼女は、その頃も神様遍歴の真っ最中でありました。灯台下暗しなのか、それともわかっていてのことなのか、それは不明でしたね。
韓国女性はこういう傾向なのかどうかはわかりませんが、とても早口で頭の回転が良く、私の知る知らぬを問わず、どんどんしゃべって行ってしまう。
あるとき電話で、何が何だかわからない話を彼女は展開した末、私に悪態ついてガチャンと切ってしまい、お付き合いはそのとき止まりとなってしまいました。
しかしこの方は、ヤマトスクネという新しい情報を持ってきてくれました。彼女と別れて後日、丹後元伊勢の籠神社に行ったとき、境内地を見て回ればありました、ヤマトスクネ像が。
像の顔は、とても似てはいませんが、像の足元を見れば海亀の甲羅に乗っているではありませんか。しかも乙姫の玉まで手に持って。後の調べでは、神武軍を先導するとき、鶴の羽ばたきをしながらだったとか。シンクロ要件全部満足。
https://www.motoise.jp/main/saishin/kono/  より転載

どひゃー。最初の浦嶋のキャラクターとシンクロしてしまった超感動。この彼女もまた私のシンクロナスパートナーであったことになるでしょう。また、猫といえども私の前に来る猫は神の化身であることが多いと心得るようになりました。
そしてやっと本命の身内さんに立ち戻ることになったのでした。2004年になって間際のことでしたか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です