早う

ここで私の人生火花の履歴を推測を含めて解説しておきましょう。
前提がいくつかありまして、拙超宇宙概念に基づくことが大前提になります。
そこから言えることは、この世界は私固有の世界であること。他の方の世界での話ではないこと。
私には比較的自由になる人生ソフトが設定されていて、失敗しても何度も別の方向にトライが効くこと。
そのような設定の下、
まず前提になる人生火花の概念図を掲げておきます。

大雑把にしか言えないのですが、
私が重要視するのはいくつかのタイムラインで、むろんそれまでに幾多のタイムラインへの分岐も
ありえているのですが、それは度外視してここでぱ語ります。
第一時空  
私が生まれてから50歳まで
・・・俗に言う普通よりは程度の劣った人生
・・・神に誓願していた通り50歳で命を終える
・・・命を終えた後の魂は請願通り抹消される あるいは 不合格
第二時空
50歳以降2011年3月に四神獣揃い踏みのために逝去するまで
・・・神々に買い取られたインディーかつワクワクする人生
・・・邪神を特定し駆逐すべく新神話を編み命終とともに神世での働きに繋ぐ
・・・四神獣揃い踏みし魂を火の鳥に代え神世の邪悪を一掃する
第三時空
2011年3月から2013年12月11日まで
・・・新時代以降の世界運営のために邪悪の種のデーターすべてを蒐集する人生
・・・データーとその分析結果のすべてを新神話内に網羅する
・・・新神話にすべて籠めて梵天のもとに送り私は千の風の自在境に隠居する
第四時空
2013年12月から現在そして命終えるまで
・・・第三時空を継続し邪悪の種のデーターすべてを蒐集する人生
・・・データーとその分析結果のすべてを新神話内に網羅する
・・・新神話にすべて籠めて梵天のもとに送り私は千の風の自在境に隠居する
といったことで、華々しい火の鳥としての働きは第二時空の延長上の霊世界での働きになります。
それは叶えられ、神世から邪神とその一味は追放され地上界に逃げ込んでいます。
第三、第四時空は、邪悪のすべてが観測できる地上界での観測がデーター蒐集には欠かせないというわけで、
スタッフ不足もあり、また熟練もあるということで、まあ私が継続的にここに飛ばされてあるわけです。
私の仕事が終われば、火の鳥がここにも及び、地上世界も一旦終幕になります。
そしてすべての魂が一旦賦活エネルギーが断ち切られて死を迎え、精密検査を受けた後に復活するという経過になります。
早う隠居したいのう。

トンとシャン(別名タキ)が常駐

トンは我が家を守る気概にあふれた番猫で、さながら犬のように足元にまとわりつき、忠義を示そうとしますが、歩きにくくてたいへん。
その気持ちはよくわかるのですが、餌のことになると、気に入らなければプイッと行ってしまうので、手と足をとられてたいへん。
うまくマッチすれば、ああよかったと、物事の稀有に成就したときの殊更な喜びを味あわせてくれます。
タキもまた餌にけっこううるさく、マッチしなければ一声「ファォン」と鳴いて、別のものを要求します。
そしてまた、一回の食事に、いくつもの食材を要求し、さながらフルコースねだりのようなところがあり、しかも何品かの品目ごとに食べる場所を指定してくるのです。
まるで過去世がどこかのお姫様だったかのようで、これまたシェフとしてはいささかたいへん。
じょうずにマッチした時は、これまたシェフ冥利を味わうことのできる瞬間です。
そのタキは最近、私の寝床に入りたがるようになり、それでもかつての母猫ウーのように潜ってくるほどの勇気もなく、いちおう私の寂しさを案じての感をさせながら、愛撫をねだっておるのです。
ほんとうに猫それぞれに個性があり、それを理解してかかることが大事で、Aさんとこのように、数が多ければ多いなりに、十羽ひとからげに餌やりしておけば、めいめい勝手に生きていく
もののようで、それが理想と思いながらも、もう今やそうもいかなくなった我が家を振り返ってみるようなことです。

今朝未明には、また別の超有名人と握手する夢を

すぐ前に見た超有名人との握手の夢は昨年12月6日未明のことでした。
今回も同等クラスの人物でした。しかし、前回のように鶴亀すべるという印象はありませんでした。
もしこれが知らず知らずの内に、鶴亀の出会いになっているのなら、今日から九日後といえば、2月8日に何かがあるかも知れません。
といっても、前回は何もなかったなあ。私の誕生日という以外は。
それでいいことが? ・・・ノーノー、介護保険料の徴収が来ただけです。

みんな家族

黒猫ブーはいま5歳と数か月です。
霊的には狛犬という表現は変ですが、シーサーのオスで、つまり神獣です。
霊的な彼の息子が四神獣のうちの白虎のフーだったというわけです。
霊的な彼の奥さんがシーサーのメスのウーだったということ。
彼らは私の作る新神話の呼びかけに応じて、やってきてくれたのでした。
ブーはやはりおやじの貫録でしょう、小さい時から冒険心に富み、そのぶん危ない目にもたくさん遭いました。
特に小さいときは、彼の霊体が夜中に飛んで、マメ電球の周りを旋回するのを、私はよくびっくりしながら目撃していました。
彼は神界では空飛ぶ達人だったようです。
しかし、1.2mのベッドから間違えて本当に飛んでしまい、前足を脱臼したり、あるいは高さ4mもあるところから落ちかけて、すんでのところで助けたことも。
一回り大きい猫とも、力及ばずながらもタイで張り合いましたし、マムシなどもろともせずでした。(フーは怖がってましたけどね。さすがおやじの貫録)
そして、ウーがフーの子供を三匹産み落とすと、フーが育児を嫌がったので、ブーが父親代わりをして、子猫たちの世話を焼いていました。ウーにとってはありがたかったに違いありません。
しかし、ウーを避妊させたため、ブーは相手がおらず、一歳を過ぎると猫の社交場(Aさんとこ)に出入りするようになり、やがては子猫たちと疎遠になり、子猫たちも一歳を過ぎると、ブーは敵視するようになり、喧嘩がよく起こりました。
私は弱い者いじめを戒めましたから、ブーに食事をやらなかったり、追っ払ったりして、我が家のルールを教えようとしました。
そしてようよう四歳を過ぎるころから、喧嘩がやむようになりましたが、今までのいじめにより子供たちの側がいつまでも敵視して、いまなお折り合いがついていないのです。
チン亡き後、去勢されたトンがオスとして我が家の守りについていて、まるでその様は番犬のよう。ブーに対して敵対的な態度がやまず、ブーも日々の暮らしの疲れが出てきているせいか、食事したくても帰ってこれない様子がよくあります。
ブーは苦労猫と言いますか。人間に換算すれば密度の濃い波乱万丈の一生を送っています。
Aさんとこに黒猫の子供が4,5匹いて、そのうちの大き目の一匹に、チンとよく似た ”尻尾の先が瘤になっている” のがいて、ブーフーウーの家系の遺伝が見られています。
そして昼間、ブーが現地の妻子とともにいるところを、私は車で通りかかったときに目撃しています。車が停車して私が中からじっと見ていたので、みんな逃げて行ってしまいましたが。
ブーも足の骨折が治ったみたいですが、かつてのような敏捷性はなくなっているようです。
それでも食事をすればまた、あちらのほうに行ってしまいます。その距離は遠い。
もう手元に置いて隠居させてやりたいのですがね。よほど家族がいいんだね。
今日はとうとう帰ってきていません。どこで何をしているやら。やや暖かいので、野宿でしょうか。
私にも現世には妹がいて、難病が進行中です。今日はぶらさがり健康器の組み立てに行ってきました。背骨が潰れかけていて、慢性の神経痛になっているのです。
また私には神世の家族もいて、現世に化身して苦労しています。いちど会いたいものです。

源流へと辿る夢

源流へと辿る夢
またまたふぐりさんとこからです。
https://golden-tamatama.com/blog-entry-1728.html
微細構造定数というのがどうして137になるのか。
パウリという科学者さんは悩み抜いて禿げ頭になってしまったそうです。
それをスミルノフ学派の佐野博士が一刀両断的に、「あぁ、あれね。
あれは、宇宙が分割してって、137回目に地球ができたからだよ」
と答えられたそう。
>佐野さんによれば宇宙は最初はでっかい無限大の存在だった。
それで、そこからどんどん分割していって今の地球があるのです。
分割しつつ、銀河を生み出し、太陽系を生み出し、そして地球を生み出し現在にいたっている。
その分割回数が137だから微細構造定数は137なのです。
とのことです。
その概念として、「フラクタル分割」が取り上げられていました。
これは近年、物事の相似像を、今までの単なる相似から、増殖型相似像へと発展させたもので、
あらゆる生命体の形成過程を説明できる可能性を持つ概念です。
私も1980年頃には、万象に必在する相似像を感じて、古事記のシナリオの相似像的展開が万象に
存在していることを認めましたし、超宇宙モデル概念では、こんな図象を使って、大宇宙から
極小宇宙にいたる無限階層構造宇宙像を相似的に表わしていました。

 
しかし、その当時、フラクタルという言葉があったとしても、私の知識するところではなかった。
今なら迷わずフラクタル的相似像という説明をしたでしょう。
なぜなら、万象は、大きな展開の流れの上に、同じパターンをした小さな展開を複合的に載せ、
また堆積して、あたかも表から見れば、まったく同じとは見えないように、無数のバラエティーを
演出しているからです。
樹木の一本一本をとっても、まったく同じ形をしていることはありません。しかし、みな基本形は
同じで、その組み上がり方が異なるだけなのです。自然界の多様さを生み出す絶妙な数理的法則性。
超越的超コンピューター的摂理があるからこそ、自然界の無限性も保証されているのです。   
私はこの記事の137の数のヒントを、そのまま眠りの中に持ち込んで、夢を見てしまいました。
これは今朝未明の夢です。
137とは、地球が全宇宙を分割して137番目にできたものなら、我々の意識(神の火花)は、137階層目の
夢見をしていることになるのだと、解釈もできましょう。
つまり、夢の中でまた夢を見ていて、それがもうどの辺なのかもわからないほどになっている。(多重夢)
私は夢の中で、やってきたる源流を探ろうとしました。すると宇宙が出てきて、さらに遡ると、もっと
マクロな宇宙の光景が・・・。私の心は、その段階ごとに夢の中で解放感を体感していました。
もし一番最初の夢見の開始まで遡ると・・・。そこまではできず、わずか三階層ほどでしたが、やはり
我々は、宇宙の開始は「梵天の夢見」であるという古来の聖賢の教えどおり、同様に夢見してここまで
至っているらしいことを感得できたように思ったことです。
ここはすでに地獄なら、138階層目に行くのではなくて、源流に戻ることも大事かと思いましたね。
ケービングも、まださらに深くへと進むのでなく、ここらへんが切り上げ時として、引き返す決断も
必要なのかと思った次第。
むろん、忍耐と度胸のある方はお停めしません。進むも戻るも、あなた次第です。