物語のフィナーレ

地獄物語のフィナーレ
いずれもふぐりさんとこから仕入れたのですが。
ラッキーデタラメ放送局・・・シリーズものなのでバックナンバーもたくさんあり
https://www.youtube.com/watch?list=UUJP0zTC00cby9gnhMTCiOUQ&v=LUR7dA6IHlc&feature=player_embedded
やりすぎ都市伝説
https://www.dailymotion.com/video/x2dfq9q_%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%81%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%99%E3%81%8E%E9%83%BD%E5%B8%82%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%86%AC-2_tech
おーおー、いよいよ秘密事項を光組織自らどんどん暴露しだしてるようですね。
セキガネーゼ氏も光会員さんでしょう。彼には推理の形を通して、光組織からはここまでの情報開示は良しとして、情報公開させているのです。それを一般視聴番組のゴールデンタイムに流すこととは。その意味とは。
2014年、ついに世の隠然とした勢力が海面に浮上してきました。彼らは自ら持たざる「光」を羨みの眼差しで標榜しながら世界にその存在をあからさまにしてくる天邪鬼です。それでも世の多くの人はその存在を定かに認めることはできないでしょう。そのようにまなこを曇らされてきたからです。ただ彼らに属さないごく少数の識者や覚醒者のみがそれに気づき理解するでしょうが、かの勢力はそのことだけを以て、歴史の生き証人に見届けさせたことのステイタスになったとして満足するでしょう。
ただし、彼らは自己主張したがる性向を抑えられなくてそうしているのではないかも知れないことは知っておくべきです。
すなわち、秘密厳守を旨としてきた歴史の組織が、その内容を暴露しようとするときとは、その組織が解体消滅する前触れになるという原則によります。彼ら全体が歴史全体に奉仕してきたことの完了形として、過去から連綿としてきた事跡の公開をついに決意したのかもしれません。またそのために、識者を養成する機関としてのインターネットを積極的に普及してきたのです。
彼ら自身の内部(トップ)からの解体方針とは何でしょう。それは歴史全体に奉仕することからすれば、歴史と自分たちの最終形を有終の美を以て飾りたいという意向に依るかもしれません。
この世は「地獄」であり「黄泉の国」というソフトウェアの創り出したイリュージョンだったとすれば、彼らは地獄の罪人たちを苛め抜く獄卒(鬼)として機能する役を担ったことになります。地獄も必要悪だったとすれば、彼らも義軍となる道理です。この世の歴史時代の始まりから終わりまでを管轄し、その中にいて、その行程を必要とした人々にとっての贖罪の鬼として機能したに違いないのです。まあきっと、そう思うことで彼らもやっていけてるのでしょう。
地獄という歴史が終わるフィナーレの段階では、このたびの舞台劇のオールキャストが舞台上に出てきてラインダンスを踊るのでしょう。そして幕となる。観客席からはアンコールの歓声?? あるわけないだろ。観客席にはゲロを吐いた痕がいくつもあるのに、まだ淑女にこれ以上不快を与えるのかと、そんな酔狂なヤカラは叩きだされてしまうのが落ちですよ。
さてそれでも、彼らの創る歴史はこれからも(2020年、2026年、2030年、2039年・・・)と続いていくようにソフト上では設定されていることでしょう。しかしそれは彼らが実演すべきプログラムとして遺されているのみで、実行されることはありません。ソフトプログラムにはよくあることです。単にニーズのないルーチンだったってことになりますから。
なぜならその前に、ある預言の通りになるからです。
それは黙示録にも載る最終の姿がそれを物語ろうし、ノストラダムスの次の詩が物語ります。
逃げよ逃げよ、すべてのジュネーブから逃げ出せ。大いなる光と反対のものがすべてを絶滅する
光とは彼らとその形作るべき歴史のことであり、それを絶滅する大いなるものとは火の鳥のことだからです。
火の鳥は、地獄という世界をターミネートする(終わらせる)ためにやってくるのです。それがソフトなら、それを有害図書として焚書することを行なうのです。なぜかといえば、それを見るにふさわしくない魂の者を多く参加せしめていたからです。有害図書を制作し販売拡散していたヤカラも同時に処罰されることになるでしょう。依託して作らせていたなら、その委託者もまた監督責任とその怠慢を問われます。
7000年には別のものが王国を築いているだろう 太陽は日々の運行をやめ、私の預言もそこで終わりになるのだ
7000年とは神の(完成の)時代のことです。地獄を照らし歴史を義務付けた太陽の時代(少なくとも、うお座の太陽の時代)は終わり、霊的覚醒して神々だらけの時代が始まっていることを示します。
出口さんの仰っていた、邪神と正神の織り成す神劇(神芝居)とは、このように見て行けばなんとなくわかる気がしますし、邪悪な存在にも一縷の光明が射すかと思われますね。終わりにはみんなでラインダンスを踊りましょう。観客も総動員で、ゲロ吐きながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です