「メイオウ」

11/19の記事では冥界の王オシリスについてちょっとふれました。
https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Entry/170/
オシリスは最後の審判ですべての人の裁きに関わるエジプト神話の神様です。
邪神により殺害されて遺体をバラバラにされて封印され、妻イシスの働きにも関わらず、陽具がみつからなかったために、
現界に復帰できず、冥王として死者の裁きにあたる閻魔さんのような働きをする神に甘んじなくてはならなかったという
神様です。
日本では、ウシトラノコンシン様が類似伝承上、オシリスにあたるでしょう。
邪神クラスは170万年以上、宇宙の終結までの期間の贖罪の末、抹消。
配下(秘教組織)の人間クラスは1万年から170万年の間で贖罪経験の後、再テストして抹消か復帰。
偶像崇拝(拝金)により、癌細胞化していた人間たちは、1万年前後の贖罪の後、再テストして再贖罪を繰り返すか復帰。
正常細胞的人間は、短期講習だけで、新世界入りを果たします。
贖罪のカリキュラムはすべて別あつらえのプログラムになります。(新世界の中にはない)
170万年は、国祖神の最も短い封印期間を地球年で表した数です。
今回は特に、神や聖者や聖職者にして邪神側に就いていた者に厳しくご沙汰がある見込みです。
なぜなら、世の道理を知り自らの安泰を図りながら、世の衆生を済度せず、邪神の言辞の流布に費やし騙し、知りながら
邪神を諌めることもなく、邪神の体制を強化維持しようとした心魂が糾弾されるのです。
邪神による差配時代には、自分の子と他人の子を分け隔てした云々といった、些細な因縁づけで不合理なほどの贖罪を
させることが横行していましたが、教条的適用はもはやなされず、情状で合理的な差配がなされると思っていいでしょう。
邪神による差配時代を、占星学的には「うお座の時代」と言います。
うお座の時代は粘着性が強い「黄泉の国」(うんこ壷の国)と表現されていて、最後までべとつき、跳梁跋扈しようと
しますから、負けないでください。
今日になって、あの松原照子さんが、「メイオウ」「メイオウ」とのメッセージを得ているようで、書かれていましたが、
この方とはけっこう縁があるのです。
https://breakingnew-site.seesaa.net/article/409349401.html
むかし私がまだ30代の頃、何に入会していたのか、いきなり松原さんからハガキがきて、そこには大きなイラスト風文字で、
「それで、オーケー!」と書いてありました。
私はその頃、特に進路に困っていたとは思わないのですが、この突然のハガキの言葉には、「そのままでいていいのだ」
という、えも言われぬ安心感を持たせていただいたと思っています。
それは、先にした天才バカボンの常套句「それでいいのだ」に通じる言葉ではなかったでしょうか。
さて、「メイオウ」「メイオウ」とは・・・最後の審判が近いという意味に捉えましたが、いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です