この時代のラストは

この時代のラストは火による浄化になるとか
火による浄化とは・・・戦争? 核戦争なら火ですかね? 
いえいえ、そうではありません。
火の鳥がやってくるのです。すっぽりと地球を愛の翼で包み込むために。愛は炎。灼熱の炎です。
ここで書いていますように、
https://mysterycats.darumasangakoronda.com/Date/20141113/
>別天で四神獣が揃い踏みし、地上浄化の工程に入っています。そのはずです。
鶴と亀がすべって、いついつ(五月五月)出やるを体現したわけです。
「いついつ(五月五月)出やる」の結果、どうなるのか。
これには顕れの順序がありまして、まず弥勒が働き出します。
それから次に出るのは、火の鳥になります。
彼は吉凶禍福混交の形で現れるパンダのような存在なので、えっ、こんなことがミロク!?
と思うようなことが起きてくることでしょう。
たとえば、安倍さんなんかは弥勒の顕われです。麻生さんもそう。どちらも、新しい時代の魁という意味のあるお名前(姓名)なんです。甘利さんなんか、天の理ですよ。すごい名前。石破さんは、古事記にも載る戦争の神様・岩昨(イワサク)と同義です。文字通りのシンクロです。
弥勒は新時代に向けての、破壊と建設の共同作用で現れてくるので、彼らは破壊の側を受け持つのではないかと思います。徹底的な破壊がなくては、建設は始めにくいのです。
その刺激が衆生に伝わり、本当の意味での総力あげての建設が始まると言うわけですね。
今まで衆生は、すべて他人任せで金儲けと道楽に走ってました。そして、足元をちっとも見ていませんでした。それが、みんな足元を見定めて、前を向くしかなくなる。すると、やっと日本人の気骨が生まれてくるんですね。とてもスパルタンなのが人という生き物なんです。
まあしかし、これからの人はすごく苦労するでしょうね。それだけの忍耐力ある魂を持った人たちが生まれてきていると、思いたいですね。私は、体力的にも無理、限界ですが。せめて宇宙人のスクナビコナ星人さんがパワーチャージしてくれたらなあ。彼らは私の館に来ているのです。(今はいないけど) これはちょっと余興的真実 ↓

さて、建設がうまくいかないとしても、大丈夫なんです。たとえば、もっとひどく放射能汚染されたり、世相がマッドマックス化して、笑顔でいるだけでは不十分な時が来るようなことがあれば、人々は絶望して投げ出すかも知れないでしょ。
そんなときは、いよいよ最後の審判として、天空から「救いの火の玉」がやってきて、すべてを終わらせることになります。
いよいよ、四神獣揃い踏みのメインシナリオになるわけですね。黙示録にも載ってますよ。
ホピ族も、赤い服を着た救世主という表現をしています。
太陽神ホルスがやってきます。
ホルスはおるすよ、ここにおるすよ。お留守じゃなかとよ。
そのように、もう一人の自分は言っています。
今は第二時空の延長としてのタイムラインでの、太陽の脇侍にはべった姿としてこちらでは撮影されていますが、私のここでの任務完了とともに合流し、アクション開始になる運びです。
むろん、人類がやる気を出して、しかも事態収拾が可能となれば、もちっと先延ばしということもあるでしょうが、このイベントだけは、この世界の数少ないメインエベントのうちのラストフィナーレですから、誰一人として逃れられないのです。先に亡くなった人もみな、審判の場に召喚されます。
ご存じ、死者の書にあるように、冥界の王オシリスの前で、ひとりひとり魂の計量がなされて、先々が決められるわけですね。
ホルスは父オシリスの脇侍に居て、ひとりひとりの罪過の裁きのアドバイスをするのですが、どうしても下界の経験と見聞がないと、基準づくりができません。ホルスの雛形でもある私の第三、第四時空での経験は、大事なデーター蒐集の期間になっています。
我が子雛鳥も、苦労は要るだろうが、いっぱい見聞してきて、私の脇侍でサポートしておくれ。
火の鳥の役目は、いったんみんなの意識を中断することです。中断しておいて、回復不可能にまで魂が傷んだものを取り除き、残りの意識すべてを順次、再起動していきます。
個々の意識は、中断前の意識の流れとほとんど変わらぬ流れの中に意識を営めますから、何ら中断があったという印象は催さないでしょう。
火の鳥が来る時も、一瞬のことですから、記憶にも上ってこないでしょう。
目が覚めてみれば、周りにたくさんいたはずの邪悪の徒が、いつのまにかいなくなっているという不思議を体験するかもしれません。
あるいは、大きく乖離しても、夢の中の出来事なのに気づかないといった現れ方をするかもしれません。
なるべく、何事もなかったかのように、火の鳥はやってきて、すべてのクリーニング処理を終えて帰って行くことになります。
最後の審判は、邪悪な徒や邪神に対して顕著に振り分けとして顕れることになるのです。