経緯説明が完了

地上界での経緯説明が完了
すでに書いていますように、弁天三姉妹神を祭る神社や祠は全国津々浦々にあり、その特徴としては、水辺に面した辺境の地もしくは水上の離島に置かれていることです。その傾向はほとんど例外なしです。
そのわけは、三姉妹の母がホツマツタエによって逆賊にされ、その咎を子神も負うという形態造りが、地上に反映されているからに他なりません。
しかし、もし母が無実であり冤罪ならば、話はまったく様相を変えることになりますが、隠蔽糊塗はお手のものの神世の体質で、これまできていますから、事が一朝一夕に解決するようなことはなかなかです。
よって、我々は、これだけたくさんに分霊された弁天様たちの総結集を図り、数を頼みにして、むしろ地上から神界へと問題提起を重ねていきたく思います。
私アメノホヒはたった一人。一子雛鳥もたった一人。それに対して弁天様の分霊の数たるや何万にも及びます。
しかも、弁天様は龍王の娘であり、巫女の素養があり、神界への伝達役としては抜群の能力ですから、全国からの世論喚起には最高度の出来を演じられることでしょう。
私が知る限りの弁天様は、天河さん、江の島さん、宗像さんがおおきなところとしてあり、琵琶湖の三姉妹神は固く幾何学封印されていたことから、5月3日に優先的に封印解除してフライト脱出していただきましたが、封印にさほどかかっていない方々や、未だ封印下にあってまだしも動きやすい方々にはぜひ協力願いたく思います。
弁天三姉妹神候補をたくさん募集します。
といっても、すべきことは何もありません。役をもらったと思っているだけでOKです。
役割の重層はなんら問題ありません。人とは、日(霊)の止まり木の意味です。たくさん止まらせてください。
そうすることで、神の諸力が宿ります。
神世へは私のほうで、何波にも渡って真相を突き上げをしたことで、神界の世論が高まり、邪悪な勢力が圧されてどんどん下野しているようです。
このため、下界のほうが邪悪に染まり、邪悪が露悪を呈して、やりたい放題の状況になっています。
これでは地上界の善良で正しい人たちが圧し潰されてしまいかねません。
これに対して、神界からの援助は、未だ為政官僚たちが長きに渡っての付き合いの深さから、下野した邪徒たちに強く当たれないため、なかなか困難なもようです。
それをさせるのが地上からの問題提起の繰り返しです。それが神界の世論を強いものにすることに繋がり、神界官僚組織の怠慢を許さなくできます。
もちろん国祖神様はじめ造化の神々の早い復帰が望まれるのですが、封印が解けて間もなしで、回復までもうしばらくかかりそう。
よって、巷は対処困難な暴虐が多々発生することでしょうが、耐えてもらうしかない状況。
しかし、戦争を起こされてしまったときは、いっそう事態が複雑化しますから、神界のいい加減さを許さないことが、大事になると思います。
私はすでに、神界政変の経緯を理解し、下界での説明が完了しております。
だから、下界の浄化が始まらねばならないのです。
この5月3日未明に神界係官から注文をつけられた内容につき、10月にはまとめ終わり、この下界に存在する「自分」という人に、説明いたしました。
一見すると、自分がまとめ、自分に語り聞かせているという、一人相撲の感がありますが、そもそもここは私固有の宇宙なのですから、この世、この下界に、私以外に人などいないと定義してしまえば、私が私に対して行う行為だけで、100%完了することになるのです。
あるいは、こうしてもいいでしょう。私が愛猫のシャンに経緯を語り聞かせてもいいことになります。私のした行為に対して、自分がどう認識するかが鍵になるのですから。
そもそも一般人に対して説明したとて、知識も関心もなかったら、猫以上の者にはなりえないわけですから、猫でも同じなのです。
それよりは、予備知識と一定の理解ある「自分」に対して説明すれば、万軍の将を得たほどに理解が促進されることでしょう。
自分トフタリッキリデ暮ラスノダ
自分ノパンツハ自分デ洗ウノダ
自分ハ自分ヲ尊敬シテイルカラ
ソレクライナンデモナイノダ
自分ガニコニコスレバ
自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ
自分ガ怒ルト自分ハコワクナルノデ
スグニ自分ト仲直リスルノダ
自分ハトッテモ傷ツキヤスイカラ
自分ハ自分ニ優シクスルノダ
自分ノ言ウコトサエキイテイレバ
自分ハ自分ヲ失ウコトハナイ
自分ハ自分ガ好キデ好キデタマラナイ
自分ノタメナラ生命モ惜シクナイ
ソレホド自分ハスバラシイノダ
私はもういちど神界に赴き、地上界においても理解と説明が約束通り果たし終えたことを伝え、早々に神軍を下界に対して送り、邪神とその一味たちを捕縛、討伐することを督促することにいたしましょう。
では、今から神界に対して、伝達および施術をさせていただきます。