こんな話しして興味を持たれました

こんな話しして興味を持たれました
今日は、UFOで知り合った昔馴染みの人に、むかし見たUFOや宇宙がらみの夢について、メールで書き送ったら、とても興味を持ってもらえて、30分以上の長時間の電話会談となりました。
どんな話題を提供したかと言いますと、むろんほんとうにあったことなんですけどね(といっても夢に見たことなんだけど)、こんなふうでした。
— 彼はそういった話が大好きなようなのです。 ≫ 返信
ちょっと言ってなかったですが、妹にもUFO体験があるのです。 妹が阪神大震災前の神戸市長田区のマンション10階に住んでいたとき、夜、窓のカーテンがにわかに明るくなったため、カーテンを少し開けてみると、ものすごい光が照っていて、 すぐに閉めたものの、翌朝鏡を見ると、光を見た方の目が真っ赤に充血していたと言います。 その頃、妹は、一人乗りのUFOに乗って、これが未来の地球なのだと意識しながら、どこまでも続く砂漠を飛行している夢を見たそうです。 そのUFOには、操縦桿などのメカはなく、意志の力だけで自由に飛べたとのことです。
また私も、その昔、短時間ながら奇妙な夢を見ていて、これはその場所が火星だと認識しながら見ているのですが、私はギリシャ神話風の姿をした聖者のような人物が横を向いて「あれを見なさい」と、右の方向を指さしている姿を見ているのです。聖者のはるか砂塵けぶる向うには、二つのピラミッドが並んでいるのが見えていました。 それに対し、私が憑依して視座を持つ人物は、ギリシャ風の聖者が指す方向を見て、「ああっ、ポースの丘だ!!」と叫んだのです。彼にはその光景に見覚えがあったのでしょう。 私はそっちのほうを見ていないので、そこに何があるかは確認できていないのですが、きっと、あの人面岩の丘があったのではないかと思うのです。 火星表面の写真に、ピラミッド群と人面岩の同時に写ったものがたしかありましたよね。 ポースというのは、もしかするとポセイドンで、ポセイドンの丘を縮めて言っているのではないかと思いました。 となれば、あの火星の人面岩は、ポセイドンの顔なのか。 ポセイドンが支配したのはアトランティスですから、アトランティスは火星にあったのかも知れないわけです。
最近になって、NASAなどは火星には地球並みに海があったと言っています。 そして、あの欧州のCERNなどは、火星などへのテレポーテーション実験をしているとか。 だから、欧米の火星移住熱は、本物かと思ったりします。 応募が多数だとのことです。 地球を見限った富裕層というわけでしょうか。
逆に、妹が見た夢のように、今度は地球をダメにして砂漠化させようとしているような気もするのです。 いったい、人類の支配者は、何をしようとしているのでしょう。 MIBのことといい、わけのわからんことばかりして、ずいぶんと横暴な気がします。 火星へもロケットによる移動ではないのかも知れず、もう向うに人が住んでいるというなら、すでにテレポートは安全ルートになっているかとも思いますね。 ○○さん(むかしのUFO仲間の人)はぜひ行ってください。
私は不健康なので、あの世が似つかわしくあります。 というのも、私は去年12月の誕生日の四日前の未明の夢で、死ぬ瞬間の頭頂部から脱出する体験をした、その直後に千の風(透明の身体)になって、 幾人かの仲間とともに、どこかリゾート地らしきところの空を飛んでいるのです。 UFOもなんにも要りません。あるのは、自分の透き通った意識だけでした。
さて、もしテレポートなどが今でも可能になっているのなら、タイムマシンはすぐ目と鼻の先でしょう。 タイターも言ってましたが、2030年代には完成するとのことです。 タイムマシンができたのなら、過去の時代はどうにでもなる道理ではありませんか。
タイムスクープハンターのような、因果律を歪めないための配慮? 倫理?  そんなもの、覇権主義者の果ての彼らが、こだわるとはとても思えません。 むしろ完成した即日のうちに、いくらでも過去から、人類の洗脳教化に励むことでしょう。 だって、彼らの目からすれば、古今に存在する人類は奴隷にしか映らないでしょうから。 しかも、タイムラインは無数にあるわけだから、どんな歴史の変更も問題ないのです。 そこにまた、タイムトラベラーの品格や資質がありますでしょう。
タイターは軍の命令と規律に、いい意味従った人物のようです。 しかし、不心得者なら、ちょっとした事故に見せる手はあります。 未開人の里に、ヘリコプターで不時着したと思ってみてください。 パイロットの可能性としては、部族の神か王になって、支配することだって簡単にできます。 古代に現れた神、嫉妬深い神とは。また預言者とは。
むろん軍の命令でそうしたかも知れないですが。 一般人にはあまりにも知らされていない本当の話が多いように思います。 その知的格差の穴埋めの困難さが、人種差別の原因になっているとも思います。(ゴイムという表現) 洞察することだけが、彼らとタイで張り合うことのできる能力と思うのですが、今の人たちですら、思考停止状態ですから、されるがまま。
妹が見た地球の未来の夢。まあ、仕方がないでしょう。 地球はやがて砂漠化し、火星に海ができるのかなと思ったりします。 それは滅びの種族と、生存種族を決める歴史の一コマになるということかと思います。 ≫ 返信