うーむ

国祖神様が封印を早く解いてくれと仰ってる
御嶽山が噴火したそうです。まさに、奇跡的なことだったようですね。
御嶽山の祭神は、国常立尊、大国主命、少名彦那命ということで、創造と維持に当たってきた原初の神々なんですね。
国常立尊は神世の時代の政変によって、ずっと封印に遭ってきた神様です。
正義に基づく政治をされたために、邪悪な神々によってどうやら暗殺されたらしいのです。
しかし、神霊は死ぬことがないので、呪詛封印されたのです。
そんなことがまかり通るなんて、ひどい世界だけど、元々根底から、邪悪な有力者に乗っ取られているために、こんな不条理も存在するんでしょう。
我々が期待してやまない神界は、そんな邪悪の下に置かれているという現実があるのです。
誰しも、神界がいちばん偉いと思ってるけど、そうじゃないということ。
そこを誤解したら、えらいことになりますよ。
しかし、そんな邪悪も野放しにしておくと、もっと広い世界に浸潤してくるから、一種のウイルス組織とみなされて、広い世界の摂理によって、この宇宙はもう隔離されてるんです。
先のない世界にするか、それとも先を打開できる世界にするかは、我々個々にかかってるんですけど、邪悪が強すぎて、おそらく無理なようです。
よって、外から終了させるしかないな、となってきています。
リミットまでいったときに、強制終了、シャットダウンというわけね。
しかしまだ、ひとつだけうまくいく方法があります。
それは、国常立尊たち国祖神様の封印を解いて、彼らに力を出してもらうことです。
人の力ではなんともならないものも、神の力によってなら可能かも知れない。
それと、今回は外宇宙から、この神様をバックアップ支援してくれることになっています。
つまり、邪悪な有力者を挟み撃ちにする格好にしようというわけです。
さて、国常立様、少しずつ封印が解けてるんですが、もういっちょう、努力が要るのです。
それが命がけのことなので、臆病な私にはちょっと無理やなあと思ってるような次第です。
まあ、あかんかったら、あかんかったで、外側からこの宇宙の取り潰しという、万事めでたしとは言いにくいけど、そのようなクリアーの仕方もあるので、まあどちらかといえば、そのほうが簡単で楽に捗っていいかも知れません。
そんなとき、もうお前には任せておけんと、国常立様が奮起なさって、御嶽山が爆発したのかと思ったりします。
頼りなくて、ごめんなさい。

本日、お彼岸の墓参り

本日は、妹を連れて、やや遅れのお彼岸の墓参りをしてきました。
遠すぎるほどではないけど、遠く感じられる距離になりました。
体調が最近良くなくて、いつ逝ってもおかしくないので、車での移動の道中に、妹に今までの不思議な出来事を時系列に語って聞かせました。
こんなことを妹に話すのは初めてだったのですが、意外と妹はこういう不思議話にノリがよくて、ずっとしゃべりっぱなしでした。ふだんなら、妹が話を聞くのは、5分と持たないんですが。質問もたくさんしてくれ、興味深そうに聞いていました。
弁天三姉妹の話になり、今まで奥津嶋姫様と市寸嶋姫様の化身には出会ったけど、あとひとり瀧子姫に会っていないので、猫のシャンに瀧子という別名をつけて瀧ちゃんと呼んでたりしたのですが、人間サイドとして、妹になってもらうことにしました。
やはり、話の分かる人であることが一番でしょう。シャンは妹の性格に似て、傲慢なことがあるので、シャン・マリカなどと呼んだりもしていたのですが、どちらも瀧ちゃんでいいじゃないの。
妹は辰年なので、かねがね龍だとのたまっていたので、そうなってもらおうと思った次第。
というわけで、私の周りにはどんどん神様が勢ぞろいしています。
そういえば今日は、不思議のとば口を開いた移情閣での出会いの日からちょうど14年目です。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/souko1/e-nsinwa.html#2
このとき出会ったのが、三女市寸嶋姫の化身だったことになります。
そしてそれから14年後の今日、次女の瀧子姫の設定ができました。
妹を彼女の自宅に下ろして、車で帰宅途中に電話。
「お兄ちゃん、御嶽山が噴火したでー」
「えーっ!!」
帰ってみれば、ほんまやないか。
この神体山は誰を祀ってるか調べたら、ああーっ。
催促されとんな。
封印をといてほしい。
https://ameblo.jp/nishie-eryuu/entry-11746194353.html
誰に? 
ホルスに決まっとるやないか。
そこで、お待たせ。
「ホルスへの道」
がんばりまっさ。
ほな、さいなら。

山奥に初めてやってきた頃の不思議

何年前になるか、ここにやってきた年の夏のこと。まだ猫はいないときだ。
私が窓際の二段ベッドの上で寝ようとしていたときだった。
深夜でも電気がついていたため、窓の明かりを頼って、大小さまざまな蛾が、すりガラスの向こう側のつるつるのガラス面で、こちらにお腹をむけてバタバタしながら滞空していた。
と、そんなときにカマキリがその中に加わってきた。彼は足がガラス面で支えられたため、蛾たちとは、ちょうど捕食できる距離をとって、カマをいつ振り出そうかとしているようだった。
私は、これは興味深い捕食シーンが見れると、じっとそのときを待つことにした。
ところが、カマキリは、蛾に近づきはするものの、いっこうにカマを繰り出さない。
蛾のはばたきに合わせるように、身体を小刻みに動かしているものの、何も起きない。
いっぽう蛾のほうも、きっとわかってるはずなのに、逃げるでもなく、たまに距離を少し置いたりするものの、飛び去ることもなく、その一枚のガラス面に、十匹以上の大小の羽虫が集まって、ちょうどディスコ会場で、みんなして踊っているような感じになっているのだった。
それでもいつかはと、じっと観察すること45分にもなると、だんだんわかってくるものがある。
私はそのうち、彼らはこの夜に開かれたイベント会場に集まって、みんなして楽しんでいるのだと、確信できるようになった。
誰だ。カマキリは不意打ちするから怖い生き物だとか言ったのは。
ここにきて、人間の勝手な思い込みにすぎないことが、初めてわかった次第だ。
きっとこういうわけだろう。人間が、彼らに、こうしなければいけないと教えて、やらせているのだ。そう思い込みたいがために。
だから彼らは、人間の前でのみ、捕食して見せている、いや、見せなければいけないと思って、期待通りの生き物なんですよと、捕食して見せているのだ。
私は、人間の監視の目の届かないところで、彼ら生き物たちは、きっと羽根を伸ばし、強いのも弱いのも、みんな仲良く暮らしているのだろう、いつでも生き物の楽園は、すぐそこにあるのだと思えたことだろうか。
一時間もして私は、今日の会場はお開きですよと、電気を消したのだった。
生き物の楽園は、遠い空の彼方にあるのではない。
胸襟さえ開いておれば、いつでもすぐ隣に存在していることを、見ることができるだろう。

丁酉(ひのととり(火の鳥))の日に着想


https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/souko1/chogensyo2.html#6

弥勒は身六、身が六つあり、六つの顕われがあるということだろう。
また、六つの神々の成合でもあるのだろう。
その姿は六角で、その作用は出雲系国津神として現れるだろう。
すなわち、農耕文化を営ませることだろう。
自然を大事にし、大地に根差したお働きをなさるだろう。
人類はこの弥勒の道にのみ活路を見出すだろう。
今までの人類は、癌として働き、癌病巣を拡大させ、
ついに大きな生命体を瀕死の状にさせてしまった。
人間の個々は元は生命体を支える立派な細胞だったのに、
いつしか癌ウイルスに感染し、癌化してしまったのだ。
癌ウイルスの特徴は、偶像崇拝とその推進にあった。
金銀銅石木でできた貨幣や貴金属宝石のとりこにするタイプのウイルスだ。
癌化した細胞たちは、細胞の元の目的を果たさず、毒物生産に勤しんだ。
癌組織の中に、異常なほどの太い血管を作り上げ、全身への栄養を中に
豊富に取り込み、恩を仇で返すようにして、毒物を生産し流し出した。
おや? おかしいぞと気づく者もいただろう。
しかし、癌組織の内部では、みんな仲間だ同胞だ。
自分たちはいいことをしているのだと合理化し慰め合った。
これが進歩というものだ、間違いはないのだと主張し合った。
進歩の末に、羽化登仙するらしいとの噂も立った。
富裕層を乗せたロケットは宇宙を目指そうとした。
その恩恵に預かれぬ者は、次元上昇していくのだと慰め合った。
早くせよ。
ロケット発射台の足元は、多臓器不全でぶよぶよになりつつあるぞ。
地球外から見れば、巨大化していく癌病巣を見ているようなものだろう。
日に日に衰えていく地球の姿を目にしたことだろう。
あまりにも進行が速く、もはや余命いくばくもなくなっているではないか。
いつしか宇宙人たちは、この異常さに、癌と生命体ともども
死を選ぶことこそ地球の末路と諦めたのではなかったか。
なぜなら、ウイルスのキャリアーを助けたりすれば、
今度は自分たちの身が危うくなろうから。
このパンデミックには、誰もが警戒している。
だが大丈夫だ。
弥勒はまもなくやってくる。
身に六つの相を携えて。
その半分は凶事。
あと半分は吉事。
パンダの白黒斑のようにして、やってくるだろう。
その姿は、とても愛らしい。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/mirokukorinn.htm

明日の未明、私の母がご来光に旅立ってからちょうど七年になります

https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/souko1/e-dream.html#4
七年前の2007年9月22日の未明の夢でしたが、
このときは、大きなホテルを借り切って、母の盛大なお見送りをしていただきました。
神々のみなさま、ほんとうに参列ありがとうございました。
その話はさらに続き、実際にその夢の光景が、約半年後にコメンテーターのPさんから、ご来光写真として贈られてきたときには、驚愕して喜びました。
つまり、喜びがダブル+アルファになったのです。
そのときの記事をかつてはブログに書いていたのですが、閉鎖と同時にオリジナル写真をすべてなくしてしまい、いまはあばら家のような記事になってしまいました。お見苦しくて申し訳ありません。