居住空間の変化

陽が消えたようになった日々がウーちゃんなきあと始まりました。
私はむろんですが、おかあちゃんべったりだったトンの意気消沈ぶりは、行動性なく寝てばかりいることに顕われています。
シャンとチンはウーちゃんに追い立てられていたくらいなので、逆に家の中に住むようになりました。が、それぞれが独立してか、互いに無関心でいます。
食事にのみやってくるブーも、ウーちゃんがいないことがわかって、やや寂しげですが、そろそろ寒くなることもあってか、家の中に居場所がないか探したりしています。
しかしそれは、喧嘩しないことが条件になりますから、どうなりますやら。
いろいろとみんな、存在する空間に変化が生じてきています。
私も持病が思わしくないので、どうなりますや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です