ロンバードさん

最新情報によると、関西がこんなものによって攻撃されると言ってるようなんだけど、ほんとうですかね。
https://t.co/Gr49UlObvh
それは”神の杖”というものだとか。むろん、ヤツラが邪神に成り代わってというしだいなわけでしょう。
ロシアの原発を攻撃したときには、こんなふうだったようです。
https://t.co/2PcpRillNZ
そのときはUFOに撃墜されたそうです。要は米軍の秘密兵器ということらしいですね。
しかし、ちょっと逆説的。というのも、関西には、ワシントンDCのようなメンデスのヤギが仕込まれているので、ヤツラが標的にするとは思えないのですが。逆にブラックマジックパロディを示すものですから、そんな規則などないのかも知れないですね。
要はかつてのジュセリーノの頃の再燃ということですね。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/newpage6.htm
ま、お気をつけください。
わたすは、これを機に正神の火の鳥を起動し、ガッチャマンになる所存です。復活するウシトラノコンシンとともに、すべての邪神とそれに連なるヤカラどもを駆逐し焼却しますので、ご期待ください。
それでは、来たる未来の黄金郷で会いましょう。
この記事には、続きがあります ↓↓


ふぐりさんも、採り上げられましたね。
https://golden-tamatama.com/blog-entry-1204.html
しかし、確かロンバードさん、どこかで、人生を映画を見るように、傍観的に捉えていなさいとも、おっしゃってたように思いましたが、いかがでしたかね。
まあ、そうでもしなければ(真剣そのものになってしまえば)、精神的に耐えられないのではないかと思うわけですが、平穏で何も知らない日本人の前にいきなり非常事態が起きれば、とうぜんパニックを起こしてしまい、精神的にもそうとう非道いPTSDの爪あとを残すことでしょう。
原発事故の延長上のことばかりで、いずれ地球全球放棄になるだろうと予測してみたようなことでしたが、それをさらに加速させる動きがあるということで、もしかすると、何も2030年代まで待たずとも、もう数年先にでも終わってしまうような予感があります。
NWOの時代には、人々が浴する教理として、ルシファーの教理が普及されて、人々の心を癒し救うことになるようですが、この教理こそは、外界世界はすべてバーチャルリアリティであるから、深刻にならないようにと説諭している教えなのです。
人々はたとえそれが半信半疑でも、その教えでなくては自分が正気を保てないと知って、それに準ずるのです。準じざるをえなくなるのです。そしてそれは、神人さんたちの中心教義にもなります。
ロンバードさんも、ビジョンを見せられていますね。ヒトラーがそうであったように。ということは、神人さんが未来から彼らの脳にアクセスしているわけですから、彼の思想もおのずと、ルシファーの教理的なものになるのです。
いいですか、みなさん。ここには簡単な原理があるのです。我々はいまこれから、未来の神人を創る段階にあります。その神人はいずれタイムマシンを作り出します。その彼らが、未来にあってタイムマシンを過去に操り、あるいは過去のレコードに対してアクセスしてコード改変を行えば、彼らの影響力はいまの時代にも及ぼせるはずではないですか。
その例が、ヒトラー登場や、預言者ロンバード登場であったりするのです。
神人の創造、タイムマシンの発明、これらのことをするのは米軍です。CIAとその背後にいる秘教組織です。では、出来上がった神人とタイムマシンは、どんな目的で使われるでしょう。彼らが過去にやっていたのは、空間的広がりの中における覇権主義の推進でした。しかし、それからは、もうおわかりのように、時間の広がりの中での覇権主義推進となるのです。
まあこれが、人類に巣食ったウイルスの活動の正体であり、これに対抗して外野宇宙はそれ以上の浸潤を防止すべく、あらゆる処置をとっているのです。
我々は時空ごと(ランしているソフトごと)すでに隔離されています。そして、削除処理前の調査が行われているというのが、いま目下の本質であり、私などはその調査官として投入されています。私はもとよりこの世のものではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。