スズメバチ対策をとることに


というわけで、スズメバチへの対策をすることにいたしました。写真は入り口通路の道路ぎわの樹木に、囮罠を仕掛けている様子です。3日目ですが、すでに10匹ほど入っています。
しかし、スズメバチは脅威とはいうものの、この事件以前には、お互いが不可侵の態度をとっていたのです。
彼らが接近してくれば、その場を立ち去るようにしますし、あるいは、彼らも私が近づけば、事情があってのことと察して、そこから離れてくれたものでした。
だって、私が猫餌の肉を猫にやれば、それが食べ残されて、スズメバチやアリが恩恵にあずかれるんです。そりゃ、餌主に危害するわけがないでしょ。彼らだって、恩義を感じているのです。
うちの猫は、引っ込み思案ゆえ、スズメバチに突っかかっていくようなことはないので、心配していなかったのですが、今度ばかりは、他所猫の被害とはいえ、見るからにむごたらしい事件でしたし、鬼門の方角で起きたことゆえ、そのままで済ますことができなくなりました。
スズメバチ女王国との戦争になるのですかね。
戦争。かつてはこんなこともあったらしいです。
https://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-826.html
戦争は、人を変えてしまう。一人殺せば、あとは何人でも殺せるからと、上官も奨励します。むろん日本国も殺戮を奨励したのです。天皇陛下のために、やれと。
人はスズメバチにはたいがい容赦ないですね。私は、ほんとうは嫌なんですけど、やらないかんと世間の常識がそそのかす。戦争はこうやって拡大するのですが。
次は、家の中のダニ、ノミ退治です。よーけ噛まれましたからね。ひとつ殺せば、もういくらでも可能。これも、やれーと世間がそそのかす。はいはい。やりますけど、また来年は、ダニ、ノミが反転攻撃してくることでしょう。こうして戦争は拡大するのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。