バシャールさんからスカイフィッシュへ

バシャールさんのおっしゃるように、人は自分の選択によって、これからはそれぞれが、自分と同じような意識を持つ人々の世界に入っていくわけですが、それはすでに霊界の特徴を有するといってもいい世界なわけです。
霊界ならば、この物性の縛りによらないわけですから、放射能など無関係なわけです。どれほど汚染されていても、DNAの損傷とか、その修復とか、まったく関係ないことになるわけです。生命形態が、物理法則とは異なる法則によって与えられた身体をしていれば、この世がどうなろうと関係ないわけです。
それに該当するような生物がいませんでしたか?
それはスカイフィッシュ(羽根蛇)です。
https://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-4058.html
ここでは、片足を棺桶に突っ込んだようなコメンテーターさんたちが小田原評定していますが、うち(以前にやっていたクラブ)はスカイフィッシュ撮影&研究の元祖ですから、次のような予測を交えた話もできるかと思います。
まず、基礎的な話はここを参考にしていただきましょう。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/rupo_skyfish.htm
それは、まあいわば、龍なわけです。気流(気脈の流れ)に乗って移動したり、土着の住居形態をとったりします。気が集まってそのような生命体になるのですから、気の性質、法則に左右される存在になるわけです。が、それは物理法則に拠るものではありません。私は日月の神が言っている「放射能に負けない身体になるのじゃ」の身体とは、気の身体になることを言うものだと捉えております。
その自由度は人間のそれよりはるかに高いものです。霊界のような俊敏な行動も可能になるはずです。
その状態が、時の流れのかもす次元上昇の波動に乗って、ごく自然に訪れてくるなら、何と光栄なことでありましょう。
私がラストもしくはラス前の光景と目する夢を見たことは、すでに何度もお話ししているのですが、その空は濃いい藍色であたかも10000mほど上空から見たような空の色のようでしたから、もしかしたら次元上昇後の世界だったのかも知れません。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-1191.html
それは今の棲家が元になっているのだとすれば、私はここで次元上昇できることになるのかも知れません。いいではありませんか。そうなったら、そうで、下界が海の藻屑になっていようがいまいが、どうでもよくなる。ああ、前の世界は、どこかにあるんだろうが、離れてしまったな、と。今ある自分と、今自分の衣としてまとう世界が私のものなのだと実感されてくるはずです。
そのとき、自分の本身が、スカイフィッシュのようであったりしたら、どんなに奇抜で面白いことか。
いちおう、そのときの身体とは、プラズマ相の身体であると仮定して、パロディー話を作っています。1998年の制作。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/story/horror1.htm
しかし、何もプラズマ相ばかりが相でもないでしょう。それではHaaarpにやられてしまいかねません。そんなことは決してありません。
古今、トルテックと呼ばれる人たちは、死すべき人としての運命に抗して、新境涯を開くべく心理的努力を重ねていたようです。その弟子となって、その思想と連綿とした伝統継承のあり方を、カルロスが本にしています。
そして、彼らがどこか虚空(イクストラン)に去っていくとき、そのグループの一団は、あたかも羽根飾りをつけた蛇のようであったと記しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です