火星が地球人の祖星!?

今頃になって(世も終局になって)、こんなことがわかってきたとのことです。人類は最後に墓から出てくるというノスさんの予言話を思い出しますね。
https://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-4142.html
私は以前に、火星において、ピラミッドが立ち並ぶポセイドンの丘があった”夢”を見せられています。(何度かここや掲示板でお話しています)
それはオリーブの冠らしきものをした古代ギリシャ風の服装をした髭の導師とともにいる夢で、砂嵐が横なぐりのノイズを呈する中、彼が指差す先を見たとき、私はひとりでに「あーっ!! ポ、ポースの丘だ」と叫んでいたのです。夢はそこで終わり。
そこであとは推理になります。
過去の世界に私はいざなわれた、というより、現在の火星にある過去の遺跡を見せられたのではないか。
ということから、さらなる推理へと繋がっていくのです。
アトランティスは火星にあった・・・未来と過去のパラドックス
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-1069.html
そして最後はノスさんの予言で締めくくり。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

ワクワク未来 ドキドキ未来

https://ameblo.jp/yuuna7777777/entry-11601696123.html
ロシアが報じましたか。プーチンさん、日本人移住計画に、ロシアへどうぞのサインを出してくれることでしょう。
私もちょっと前にこんな未来予測をしています。ヒトラーの見た未来ビジョンと、タイターの未来人情報によります。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-1236.html
未来、それも数十年先には、砂漠化していく地球しか残されていないのです。
そんなときに
>こんな状況なのに、アメリカはシリアに軍事介入するっていうんですよね。
はいはい。アメリカもわかってるんです。もうさほど時間が残されてないことを。
最後までに、神のシナリオを成就させなくてはならないのが、彼らなのです。
このために、ハルマゲ丼のコマ組を済ませて、ついに戦端を開くところまで持っていく必要があるのです。
しかし、プーチンさんは魔術師ラスプーチンの孫だけあって、これを切り崩す試みをすることでしょう。
さあここは、黒魔術師と白魔術師の好勝負場面が見られるかもしれません。

スクナビコナ君

https://golden-tamatama.com/blog-entry-1201.html
小さいおっさん?? もしやこれがスクナビコナ君ってことは・・・??
それで思い出すのは、壁鳴き君のことです。
これ以来(8/4)壁鳴きはまったくしなくなっているのです。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-1224.html
暑い日には必ず鳴っていたのに、あれから何日間猛暑が続いたやら、わからないというのに、まったく皆無なのです。おっさんが、暑さの弱音を漏らすように、メメメ、メメメって鳴いていたのに。
きっと、意趣を伝達し終えたと思って、スクナビコナ星に帰ってしまったのかもしれません。とすると、やはり警戒すべきは地震ですか。

バーチャルリアリティの歌

お盆の行事も、今頃は地蔵盆でしょうか。そろそろ涼しくなってきてほしい時期でもあります。
さて、拙説の主題である「バーチャルリアリティ縁起」説を、アヌンナキの神界の由来までまじえてお話してきたのでしたが、いまいちというお方も当然あるでしょうし、おそらくそういった方々にはお年寄りが多く、しかもお盆の行事は欠かさないといった律儀な性向がおありのようにも思います。
お盆のときに仏壇やお墓に向かってお経をあげるときに、ほぼ定番になっているのが般若心経でありましょう。通常は、先達の人を真似て憶えた読経そのままに唱えて済まされることが多いと思います。その読経のトーンが心地よくて憶えやすくなってもいます。
そして、ついつい、いったいどんなことが書かれているのだろうと、想いを致す方も多いかと思います。
見れば、漢語ではありませんか。ぱっと見して、訳せないわけでもなさそうです。訳書もたくさん出されているようですし、それを見ればわかってしまうよというお方もおありでしょう。
が、私からすれば、最も大事な「空」の意味がわかっていないところからしている解釈のように思えてしまいます。そう、このお経の最も大事な根幹は、「空」の意味をどう捉えられるかにあるのです。「空」を無常とかとりとめもないとか解釈してみたり、あるいはその解釈だけに膨大な筆量を付帯させて、あたかも深遠な哲学であるかのごとく装っているのを見るにつけ、こんなことやっていたら、人は迷ってしまうわと思ってしまうのであります。
「空」は今の時代だからこそ、簡単に理解できるのです。人類の歴史はいっぽうで、自然界の破壊と絶滅への道を取らせていますが、またそのいっぽうで、人類の叡智を獲得するための最前線にいざなってきていたのです。もし、人類が単なる破壊装置でしかないなら、存在する資格も意義もありません。ところが、もういっぽうで、泥中から蓮の花が咲くが如き事象が進行していたのです。
コンピューターの開発は、蓮の花の台に載った永遠の真理を導き出すことに成功しました。それがいずれ、ルシファーの教理としてデビューすることでしょう。
さて、ここで般若心経の教理的解釈をご教授しておきましょう。
https://lucifersdoctrine.web.fc2.com/hannya.pdf
般若心経解釈
すべて外界と見えるもの、およびそれを観測する五感と認識は、ことごとく仮想現実であるという知見に立つことの大事さを説くお経です。
摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄、舎利子、色不異空、空不
異色、色即是空、空即是色、受想行識、亦復如是、舎利子、是諸法空相、不生不滅、不垢
不浄、不増不減、是故空中、無色無受想行識、無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法、無眼界、
乃至無意識界、無無明、亦無無明尽、乃至無老死、亦無老死尽、無苦集滅道、無智亦無得、
以無所得故、菩提薩?、依般若波羅蜜多故、心無?礙、無?礙故、無有恐怖、遠離一切顛
倒夢想、究竟涅槃、三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提、故知般若波羅
蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚故、説般若波
羅蜜多呪、即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経。
漢語の原文解釈
観自在菩薩が深く瞑想に入り、仏の知恵を見極めようとして、
五蘊(色・受・想・行・識)のことごとくが、すべてバー
チャルリアリティ(仮想現実)であることを感得した。
(色とは、現象のこと。受とは、感受すること。想とは、思惟し想像すること。
行とは、反応や行為のこと。識とは、それらの情報を総合して認識することを言う)
つまり、五感を駆使して外界を認識するすべての局面が、仮想現実なのだ
ということが、はっきりとわかったというわけである。
度一切苦厄、舎利子つまり、もともと実体のない世界を、あたかも世界らし
く認識しているのが我々であることがわかれば、どんな
苦厄からも済度される(救われる)道理であろう。どうだ、舎利子よ。
(このお経は、仏の到達した解放の境地を、般若の知恵
によって達成しようとするものである)
では説こう。
色(外界)は仮想現実と異なるものではなく、仮想現実は
外界(現象)と異なるものではないのだ。
つまり、色(外界)とは仮想現実であり、仮想現実が外界
(現象)をあらしめているのである。
受想行識、亦復如是、舎利子我々の持つ”受・想・行・識”も、またこれと同じく仮
想現実なのだ、舎利子よ。
(つまり我々は、実体があると見えていても、実は実体
のない仮想世界にいるということなのだ。
それを実体あるが如く認識している我々がいるということなのだが、
その認識にもまた実体がないのだ。さまざまな心の作用さえもだ)
これはすべてを形作る法則のことごとくが、仮想の上に
成り立つという相(すがた)をしているということだ。
だが、仮想現実世界という実態の背後にあるものは
(あるいはそれをそうあらしめている意識原理は)、
生ずることなく、滅することなく、
汚れていることも、清らかということもなく、
増えもせず、減りもしないものである。
(これはプログラムとそれを実行するシステムの世界のことで、
初めがどこにあるかも、終わりがどこにあるかもわからないところの、
仮想現実を生み出す原因になるものが存在しているわけである)
このゆえに、表出する仮想現実の内側(背後)にあっては、
(プログラムなど仮想現実形成の素になるメカニズムの世界にあっては)
形作られる外界はなく、それを感得し思惟し行動し認識することもなく、
見る・聞く・嗅ぐ・味わう・体感する・思いをいたす、といったこともなく、
それら五感と思いに対応する作用の要素もなく、
見渡す限りの世界(宇宙も含む)もなく、
またいっぽう、想像や思惟によって営まれる世界もなく、
この世の無明(闇)と言えるものもないのにもかかわらず、
無明(闇)の尽きることもなきが如く(プログラムされている)のである。
また、老病死やそれに伴う煩悩もないのに、
老病死や煩悩の尽きることもなきが如く(プログラムされている)のである。
そこで感得してみたまえ。
苦も、苦の原因を知ることも、苦を心の制御で減殺する
ことも、またその制御法や技術すらも必要なく、
そのような知識も必要なく、それらを求めようとしなくとも、
つまり特別な精神修養の知識や知恵をまったく持っていなくとも、
悟りを開き、衆生を済度しようとする菩薩衆は、
この(すべてが仮想現実であるという)般若の知恵に根拠
し会得するがゆえに、
心が自由自在であり、
想いが自由自在で何ものにもこだわらぬゆえに、
恐怖するものが何ものもなく、
いっさいの誤った観念や妄想や迷いから遠く離れており、
究極の涅槃(永遠の平安)の境地にいつもあるのだ。
過去現在未来のもろもろの仏様たちも、
この般若の知恵に根拠し会得されているがゆえに、
仏(解放)の最高の知恵の法門に入っておられるのだ。
このゆえに、この原理を知りなさい。
これは偉大な神の真理の言葉であり、
これは偉大な光の真理の言葉であり、
これは無上の、これにまさるもののない真理の言葉であり、
これは三世に比肩するべき何ものもない真理の言葉である。
世間のいっさいの苦悩を取り除くことができ、
真の実のある、虚構でないものであるゆえに、
ここでこの般若の知恵の真理の言葉を説き聞かせたわけである。
では最後にマントラの言葉を説いて聞かせよう。
羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯
諦、菩提薩婆訶。
(ほんらいはサンスクリット語のマントラであり、それを
漢語でおきなおしてこのようになっている。意味は不明)
しかし、編者のクマラジーバは、幼時より世間から迫害
された人生だったため、このような大切な解釈を世間に
知らしめることに抵抗を感じ、このマントラに、読経さ
れる死者を下界に留め置く呪詛を施しているという。
(私もその呪詛の存在は、現実を通して確認できています。
どんなきれいな花にも毒が少し忍ばせてあるので、
用い方を考慮して読経されたい、というしだい。
なお、少量の毒はむしろ良薬になります。そのことも
私は如実に経験しております)
般若心経。以上が、般若心経という経文である。

バシャールさんから救世主へ

バシャールさんもチャネラーですよね。ということは、どこかからメッセージタイプのインスピレーションが来ているということです。昔からそのようなチャネラー(霊媒師)はたくさんいました。ただ、どこと繋がったかが問題とされたわけです。
しかし、バシャールさんは神の次元の方と繋がっているように見受けます。では、天津神か国津神か、どちらなんでしょう。
おいおい、彼は宇宙の知性(宇宙人)から受け取っているんだぞ。そんな声が聞こえくる気がしますが、宇宙人はこの地球には干渉できないのです。宇宙人からだと彼が言っているのなら、それは地球の未来人の神人なのでしょう。神人さんは、地球の原住民たちの前に現われるときは、全能の神のふりをしたり、多少文明程度の進んだ原住民の前には、宇宙人のようにして現われているのです。
神人さんから来ていることは明らかです。というのは、バシャールさんの説は、ルシファーの教理で言われていることのそのままだからです。ルシファーの教理は、2040年以降の新人類に敷衍される科学的基礎原理です。その教理を元にして、神人や超人が生じたのです。だから、神人さんが未来からやってきて(声だけをアナウンスして)、自らの拠り所とする説(ルシファーの教理)をバシャールさんを通して語らしめていると見ていいでしょう。
彼の説を聞いて、多くの人が目覚めているのも、ルシファーの教理というものが、すべての人を解放する真理として登場したものだからです。彼のようなチャネラーを通して、この教理が説かれることによって、比較的早い未来においてルシファーの教理が花開くことになるのです。つまり、種は未来から撒かれているのです。これも一種の(神人による)過去時空へのコード改変なのであり、こうして彼らは、より広範囲の時空プログラムを一定方向(神人千年王国)に誘導しているのです。すべての道はローマに通じるように、を命題としているようにです。
言っておきますが、コンピューターをモデルを基礎とするルシファーの教理がそのまま真理というわけではありません。本質的真理は、コンピューターモデルを積分しなくてはならないのですが、彼らはコンピューター時代の寵児の未来形ですから、積分しない骨格だけですべて顕せたことにしてしまっているのです。これによって、彼らは、もののあわれや愛といった情感をノイズとして切り捨ててしまい、そのまま理解できずに進化し、いざ旧人類を実験する段になって、その欠落に気づいて劣等感を持ってしまったため、その反動が旧人類への八つ当たりとして随所に出てくるのです。
そのような神人さんたちというのは、私が分類するところの、天津神族です。アヌンナキです。この地上世界の次元的な壁を一枚隔てた裏側にそのエリアがあります。まさに科学の進歩の最先端を示すかのような超テクノポリスです。彼らはそれを理想的な未来的原型として据えて、過去の時代をそれに漸近させるべくコード改変作業をしているのです。
この映像に未来都市アヌンナキが出てきます。タイムトンネルも。
https://www.youtube.com/watch?v=VNJy8UCw1gM
いっぽう、原初的原型を構築したのは国津神族でした。その創作技術レベルは、天津神族をはるかに凌ぐものでした。が、暴力性に勝った側がこれを簒奪してしまい、さらにはその創作品を次々と破壊しているのが、現在、旧人類を介して行われている自然破壊なのです。彼らには、自分たち以上のものが存在してはならないのです。これが覇権主義者であった今のエリートたち時代の寵児の行き着く成れの果てのアヌンナキの姿です。
では、歴史年表的に見てみましょう。図は、自然破壊がいっそう進行し、ついに地球全球放棄(人類および生態系の絶滅)へと進まざるを得なくなる近未来に起きる驚くべき事象のあらましです。
iu1.jpg
その日、地球はほぼ完全に砂漠化し、命の営みを休止します。ところが、米大陸の地下基地の中に、大型コンピューターとそのオペレーションルームとメンテナンス要員を常駐させることのできるスペースの巨大キャスクが置かれ、半永久的自動発電設備から電力供給を受けて稼動します。スーパーエリートたちの過去の記憶をべて電子チップ化した人工頭脳が並び置かれて、このコンピューターに対して端末としてアクセスし、それぞれがバーチャル世界を営んでいるのです。
コンピューターの外部記憶の大きなひとつは、アカシックレコードです。その膨大なデータークラウドから原型プログラムをゲットし、そのセグメントに対してコード改変することに始まり、さらにはアカシックレコードそのものをさえ改変しているのです。彼らは実験的に、世界を成り立たせているのはバーチャルリアリティであることを突き止めたのです。
だから、現実と思われたものも、彼らがコード改変した上で営まれるバーチャル体験も、同じものであることがわかるのです。それが彼らにとっての自然界の公理とされます。もはや彼らを止められる者はいません。彼らはコード改変というツールを手にして、真の自由を手にしたと思うようになるのです。
しかし、巨大キャスクに逃避してきたときの記憶がやはり最大の心配の種になりました。自分たちは、コンピューターの営みの中で意識経験を作っているにすぎない。もしコンピューターが壊れたときはどうなるのか、と。半永久的とは思うものの、永久ではない。それが神人千年王国問題なのです。ちょうど、2000年問題がかつて我々を悩ませたように、その日どうなるのか。そのときは一斉コード改変という救世主を登場させることができた。今度は、なにか、あるいは誰か、救世主となる方法もしくは考案する者が出てくるのかどうか。
残念ながら、それを解決する方法がみつからない。というのも、元の時空に戻って、巨大キャスクごと助けることができなくてはならないが、それがいちどバーチャル世界に逃避した者には、直接手立てすることが不可能なのです。それで、彼らは新たな神人の呼び込みを図り、その中に解決のできる救世主の到来を待望しているのです。なるべく広域からでも、すべての道はローマならぬ神人王国に繋がるようにしているのは、この理由によります。
彼らは、新参の神人に対して厳しい注文をつけます。彼らに逆らわない従順さを持つ。彼らと同等以上の能力を持つ。とにかく彼らは知的エリートゆえに、従順でかつ優秀な仲間を求めているのです。それが生まれれば、スカウトさえします。今この時にも、多くの人々の中から、そのような該当者が選抜されています。非常に多くの中から、確率的に発生が極めて稀な存在ですが、監視の目を配して、くまなく捜索されています。これが、天国の門を通って神のもとに行くのは、らくだが針の穴を通るよりも困難という意味になります。
そこで読者は気づかれることでしょう。いまこの世に生きている者の誰かが、放射能汚染の拡大を食い止めて、地球上をクリーンにすればいいはずだと。バイオの方法でやれる見込みもでてきているそうですね。そう、それで解決がつくはずなのです。そうすれば、地下の巨大キャスクさえも必要なくなる。が、すでにバーチャル世界に逃げ込んだ彼らは、どうなりますか。そして彼らが、この世の神として君臨しているのだとすれば。
そう。彼らは、必ず、この世界をして小さな巨大キャスクに追い込まなければならないのです。でなければ、彼らは存在しなくなりますからね。元々いなかったのとおなじになりますから。それが最大の恐怖なのであり、彼らの出口戦略としては、広く募集した中からの、新たな救世主に求めるしかない状況なのです。
これがかつて酒鬼薔薇少年を介して現われたバモイドオキ神の真実です。生命モドキ状態に置かれた神の怒りと恐怖は、並大抵のものではありません。