ホルスの時代

贋の太陽神の時代と、太陽神ホルスの時代の違いは、所有意識のあるなしにあります。
ホルスの治世になれば、かつてこの世界の初期を飾った「シュメールの良識」が戻ります。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/qbl-2.html#11
なぜならば、オシリスの時代はシュメール以前に存在したからです。親の遺志を継ぐホルスによって、その当時の姿に戻されます。
オシリス当時の神界と地上界は、目に見えて交流もなされ、非常に近接していました。神と人の共存がみごと果たされていました。
そこに腐敗官僚の邪神が、悪事がばれていよいよ窮地に陥り、取り除かれることを惧れ、徒党を組んでクーデターを起こしたのが神界の政変で、このときオシリスの善政は強制終了させられてしまいました。
神界での邪神によるクーデターは、シュメールの古代都市にも相似形に及びました。
その頃の記憶を残す霊能者の作った物語がこれです。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/general/level2/uta_yu/yu_milion.htm
腐敗官僚邪神の背後では、さらに強力な邪神が入れ知恵しておりました。こいつはさらに上層の魔の組織であり、これさえもリムーブしなくては、真の安定平和は望めません。そこで太陽系ホルスだけでなく、より強力なガッチャマン・ホルスの応援が必須となるのです。
上層の魔の組織とは、この宇宙にはびこるところの根源的邪悪であり、宇宙大に適用される浄化がなくては根絶できないものであり、それに対応するのが全宇宙を対象とするホルスなのです。
根源的邪悪の下請けである邪悪な神々が人々に対してしてきたことは、所有意識の付与とそのエスカレートでした。その目的は、魂の進化とは真っ赤な嘘であるところの、魂の邪悪化と腐敗堕落だったのです。その時間的な必然的な流れは次のようになります。
所有⇒独占⇒貪欲な競争と強奪⇒憎しみ、戦い、残虐⇒魂の邪悪化と腐敗。
かつての聖者たちがよく口にした「魂の進化のため」という大義など、最初からどこにもないのです。あえてそれを言うなら、自ら進化し邪悪化するウイルスに対抗できるように、自らのアンチウイルス度を進化させろという言葉が適切です。
そうではないでしょ。それよりももっと本質的なのは、邪悪の根を絶つことであり、そのような邪悪な知性の構造体の存在を滅却することのほうです。
そうでなければ、ウイルス情報ばかり豊富になり、アンチウイルス処理はそのたびにするものの、ウイルスコードのノウハウも蓄積されて、またも邪悪の萌芽をみたときに、爆発的に使われてしまうことになりかねません。アンチウイルスソフトの進化やウイルス定義データーベースの増大進化というのでは、本末転倒なのです。
またウイルスは、その土台になるソフトの設計思想ゆえに生じます。初めから、ウイルスの生ずるのを予定して作るから、それが生まれるのです。設計段階で、設計者の邪悪性が創造物であるソフトの中に反映されているのです。
それはもはや、設計者の悪意ある害意の創造であると断定できるものであり、この設計者を更迭し、この宇宙とその流れを記載したソフトそれ自体を焚書し、あるいはよほど厳重な管理下で博物化するかし、まったく別の設計者による新世界を、原初の神々による元の世界、もしくはそれに匹敵する純粋善の世界として作り、有情たちを可愛い子供の無邪気な状態にするとともに、世界を恒久的な純粋状態として維持実現することが必要となります。
共通して言えるのは、人々はシュメール滅亡以後、すべてにおいて騙されてきたという事実です。邪神は虚言を、聖職者や聖者を介して言わしめることにより、人々はそれを信用してついていきました。それが間違いだったから、今のこの姿があるのです。
また、知識の独占は、支配には好都合でした。さらに被支配層に間違った知識を与え、真知を支配者だけの独占にしてしまえば、前者は絶対に敵対しえなくなり、いつまでも劣勢に置かれるのも道理です。そのようにして、邪神とその手下たちは、たえず善良な庶民に対して優位を保ってきたのです。
庶民に、これらの邪悪に対して、立ち上がれというのは無理なことです。事態を静観して正確に把握し、邪悪のかもす諸相を見届けるというのも、アンチウイルスの知識を持つだけのことでしかありません。それを彼が使って何かをしようとしても、ウイルスから遠ざかる程度のことしかありません。彼自身がウイルスに打ち勝てるものではないのです。
やはりここは、上位の神話級の働きに委ねるしかなく、また上位がそれを叶えなくては、本当ではないのです。