前門のトラがくるぞと、トラトラトラ少年してみる

https://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4502155.html
それは大丈夫でしょう。
国は半ば社会主義化し、徴兵と非常徴用の二本立てで、今の非正規雇用層や失業者層を接収します。
国防軍への編入が困難なら、保全事業と復興事業に振り当てる。むろん、赴任を拒否できるわけはありません。
原発事故現場の後方補充から除染、さらには老朽インフラの修復など、肉体労働の極致をいくようなことになるでしょう。
もうパソコンやゲーセン機械の前に座っているようなことはできません。
コストの安い使い捨て労働力を国は合法的に手に入れて、どんどん使うようになる。欝なんて病気はない、放射能もない、カミカゼ精神力でふっ飛ばせ。
そして、自殺者や病死者はゼロにできましたと、世界にはマスコミ総出で公表するのです。世界は、阿呆な民族だなあと、事情は知りつつも、まるで劣等人種を見るようなまなざしで一瞥して、顔をそむけるのであります。
そして向こうを向いて一言。お国柄、大事にしてね。

後門のオオカミがくるぞと、オオカミ少年してみる

ニュージーランドで昨日午後にM6.5の地震があったとか。もし今日なら、722になるのですが、そうでないようです。しかし、ここのところ同所では大き目の地震が頻発しているようで、今日もその可能性はわかりません。
というのも、また例の語呂です。2011.02.22に、クライストチャーチに被害をもたらしたM6.3の地震がありました。
そして311。
何だか、語呂合わせみたいでしょ。
こういうジョークは好みみたいですから、冑の緒を締めておいてくださいね。
当時のクライストチャーチ大聖堂の破壊された写真に写ってた五芒星のイルミネーション(ご存知かな)は、星頂のひとつがなかったですが、こういったところにも、やりましたという証拠を、偶然を装って残したがるんです。
それというのは、
>五芒星は、黒魔術で広範に使用されているが、しかしそう使われた
とき、それは常に3通りのうちの1つという違いを形づくる:その星は、1頂点で、1点に
集まる線が接することを認めずに破断しているかもしれない
;それは1頂点を下に、2
頂点を上にして倒立しているかもしれない;あるいは、それは変化する長さの頂点を
持って歪められているかも知れない、
というそのうちの最初のもの(下線)に該当するからです。