ミケの子供の父親はブーだった!!

もう過去のこととなってしまいましたが、写真はミケの産んだ赤子のうち一日だけ生き残ったほうの子猫です。

ミケに代わり、たった一日とはいえ、私も育児に関わったため、愛しさには大きなものがあります。

生まれた赤子は二匹とも、かつての”たまろ”と同じ黒毛で、ミケは三毛猫なので、父親はたぶん黒猫だろうと推測されました。

その父親は、どうやらブーだったようです。
というのも、ミケが食事しにやってくる頃に、よくブーも相前後しながら食事しにやってきていましたが、たまに鉢合わせしても、お互いが関係なさそうに振舞っていましたし、A家には黒猫は4,5匹いますから、誰の種を受けたかなどわからないことでした。

しかし、今朝、5時半頃、私がまだ寝ているときに、台所のほうでバタンバタン、猫が飛び上がったり降りたりしている音がしているのです。で、隣室の餌場を見ると、ミケがウェットフードの置き餌を懸命に食べています。音はその向こうの台所からしています。

ミケが餌を食べ終わり、出て行きますと、私は上体を起こして隣室のほうを見ますと、ブーがこちらを向いて、ニャーと一声。「おお、お前、きとったのか」と言うと、私の寝室にブーはニャーと言いながらやってきて、私の愛撫を受けるのでありました。

それから食事をとらせました。「おみゃー、ミケといい仲なんじゃな。もうおみゃーら、ここにいっしょに住んでいいんだぞ。ただし、喧嘩は絶対にあかんけどな」

ブーはいつものように、食べ終わると何も言わずにプイと出て行きます。そのうち半分ぐらいで、私に見えるようにして、おしっこを壁になるものに向けてスプレーしていくのですが、今回はそのまま出て行きました。

その後、ミケはまだ物足りずに居残っていましたから、レバーを温めてやりますと、どうしても口に捉えられないつるっとした部分だけ残して、ほとんど平らげます。歯がないお婆さん猫のため、それが常のことなのです。

ここからは、不思議話になるので、現実話だけでいいと思う方は、読まないでください。
ブログタイトルに不思議な物語としていますように、私の主眼、力点はここからなのですがね・・・。

私の母が亡くなって少し経った頃には(2007年)、よく母の夢を見たものです。その夢のほとんどが何らかのシンクロ事象だったのですが、そのひとつに、当時住んでいた自宅とは、間取りの異なる家の中にいる夢を見たというものがあります。

三つ部屋が連なっていて、そのうち左側のふたつの部屋に沿って廊下があるのですが、私は廊下にいて、左二つの部屋を見る位置にあって、左側の部屋には、祖母(母よりも前に亡くなっている)がコタツに座って目の前のテレビを見ている。そしてその右側の部屋には、父(母や祖母よりも前に亡くなっている)が、同じようにコタツに座って、やはりテレビを見ているのです。そして、母の声が上空からしたという具合。(何を言っていたか忘れましたが)

母は、そこらへんにいるものの、姿は見えませんでした。見えたのは祖母と父。

縁者が出てくる夢というのは、けっこうリアルに憶えているものです。ほとんどの夢は、目が覚めるや忘れていたりするのですが。

しかし、そのような部屋の間取りをした家はどこにあるのだと、当時は思っていたのですが、いま住んでいる家がそのような造りなのです。何も、そのような間取りの家を目指して買ったわけではなく、安い家を探していて、突然に降ってきたようにしてニュースがもたらされ、飛びついた物件がここだったのです。

ただし、廊下のように思えたのは、ベランダ通路でした。いま私が寝室兼書斎にしている部屋に祖母がいたことになるのです。

その祖母が、いまの家とどう関わっているというの? さあ、それなんです。

つづく・・・