出雲大社遷宮の日の明けに見た夢の解釈

さて、このときの夢はとても印象的でした。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-1155.html
夢に出てきたみずらの人物は、決して大きな男ではない、どちらかというと小男で、髭がはねた八の字をしていたのです。しかも、ここまで⇒https://baobabtree.img.jugem.jp/20080926_535372.gif正装に凝ってはいない、簡素な服装でした。が、出雲大社の大国主命の銅像の姿に似ていなくもないです。そもそも私が、古代人の姿を夢で見ることそれ自体、今までなかったこと。平安朝の宮廷女官のような女性を見たのも、たぶん初めてではなかったでしょうか。
私はどうしてこのような夢を見たのか。理由は、私が大国主命の縁者であるからに他ならないでしょう。あるいは、その縁者になぜか訳あって、視座を持ってしまったのです。異界の探偵ですから、そのようなことも、わがハイラーキーの指示でやってしまいます。金正日の側近の視座にも二度なりました。わがハイラーキーが大国主命の縁者なのは、十分な可能性があります。梵天だから。あるいは梵天Jrとでもいいますか、その姿は夢で見たこともありますが、なかなかいい男です。
新神話では、全世界の盟主が梵天で、この世界を最初に創ったのがギリシャ神話にいうクロノス、すなわち、日本神話に言う大国主命としています。彼が創ったはずの世界が、いまどんなふうになってしまったか、思い遣ってみれば、彼の悔しさのほどがわかるはずです。梵天はさらに世界全体の盟主ですから、当然のこととして、この世界の初期状態を創り上げた彼を応援し、それを簒奪して無責任にも悪虐と破壊の限りを尽くそうとしているヤカラに対しては、厳罰を以て臨もうとすることでしょう。
新神話では、最期の結末までを描き切ります。それは神代と地上世界の両歴史を誘導するためのものです。それがいちおうのレールになります。様々な不確定因子によって何度も脱線するかも知れないけれど、そのたびに修復され、列車は再び軌道に乗るのです。聖書や黙示録が歴史誘導に強固な力を持っているなら、新神話はそのパワーを利用して、相手を投げ飛ばすところの合気道的な働きをします。だから、少しも無理なく、歴史は新神話のレールに乗っかることになるのです。
さて、私の視座になった大国主命の縁者とは誰なのか。推測しますに、アメノホヒノ命ではないかと思います。
いちおう、天津神のひとりとされ、オシホミミノ命の弟に位置づけられていますが、伝承では国津神側に寝返った裏切り者になっています。天津神ゆえ、大国主命の館では独立した部屋があてがわれ、快適な環境というのも頷けます。そして、国津神たちとは仲がよくとも、コミニュケーションはそれほどない。ただ、大国主命の執政を補佐することが、逗留の目的になっている様子です。そして性格的には、とてもおおらかで、いつも安心立命の中にいる。夢を見た限りの印象では、こんなところでしょうか。
そして大国主命の妻になるのが奥津嶋姫で、記紀では異伝があるものの、ホツマツタエによればそうなっています。夢の中に出てきた平安調の衣装を着たお歯黒の女性がそうではないかと思います。奥津嶋姫さまについては、私が今まで経験してきた不思議現象の中に、それらしい兆候が多々あるのです。
奥津嶋姫の化身と目される身内さんが、思いついたようにして行かれた金剛峰寺で、六角オーブを撮影したことを皮切りに、出雲方面にこれまた思いついたように巡行されたとき、出雲系の御神紋であるところのものでもある六角オーブをいっぱい撮影してこられたことがありました。そして亡くなる前日に、ご本人の六角オーブの御神紋を、初めて横たわらせた状態で撮影し、ネット上に展示されてから逝かれたこと。このときの六角オーブには六角の中に花模様があり、御神紋鑑定して奥津嶋姫さまと特定できたのでした。
あちら(神代)ではご夫妻神でも、こちら(地上界)においては、そのときの関係を解消して、私との恋のアバンチュールにも応じられる。それがこの世というゲーム世界の面白さというものかも知れません。このろくでもない、魅力ある世界。それが地球なのかも知れませんね。
ではなぜ私のような徳薄垢重の者に、このような高貴なお方が懸想なされたのでしょうか。それはきっと、私が何かこの世界の打開の鍵を握っていると思われたからかも知れません。つまり白羽の矢を立てられたように思うのです。
びんびんたる推理力、洞察力は、はるか古代から神代までを照らし出し、あますことなく語りつくすと自画自賛。異界の探偵ですから、必要なところに視座を構えたりもします。そして見てきたようにして推理する。あれもこれも自画自賛かもしれませんが。
最初に懸想されたのは、奥津嶋姫さまでしたが、奪い取るようにして先に一線を越えられたのは、一寸嶋姫さまでした。このころのありさまは、まるで白蛇伝の許仙に対する青蛇と白蛇のようでもあり、新神話にも恋路のありさまが詳細に書いてあります。私にいろいろな神々の諸力が付加されていった頃ですから、どんな奇跡もありえたのです。新神話に関係性をしたためれば、それだけで神々との関係を作り出すことができ、また連綿たるシンクロ事象にも、これでいいのかと思うほど遭遇し、あらゆる事象が、新神話の中で繋がっていくという経験ができました。それは魔法使いにとっての連環の強固な輪となり、歴史誘導に大きな力になったと推察しています。
奥津嶋姫さまや一寸嶋姫さまがどうして私などに白羽の矢を立てられたかの直因は、きっと御母君の冤罪を晴らすためではなかったかと思います。また、いっぽうアメノホヒさまも母君が冤罪に遭っているのです。そして当然ながら、子息子女である彼らもまた評判を悪くされてしまっているとすれば。だから、相互に利害が一致したということではないでしょうか。直因はそうだとしても、新神話は稀有壮大にも、万民万有情の解放と黄金楽土の実現を果たすという大目的のもとに作られています。
では、その冤罪とはどんなものだったか。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-533.html

ここに書いているように、神界で政変劇(国常立神、天照天皇の暗殺幽閉事件)のあった直後に、アメノホヒは、国常立神、天照天皇側の腹心たちとともに、神世から脱出下野しています。次代を継ぐはずの嫡男であったから、そのまま居残っていたら、曽祖父や父と同じ運命となったはずですから、当然のことでしょう。
そのことが古事記では、天照大神の勅命で国津神のいる葦原の中津国に、帰順の説得する任務を持って派遣されたが、敵方に帰順してしまったと書かれているのです。たぶん邪神側の神人がこう伝えるように、地上に指示してきた筋書きどおりに、古代シャーマンは記憶したのでしょう。こうして地上では、神話レベルで、アメノホヒは、天若日子とともに裏切り者に仕立てられてしまっているのです。
ちょうどエジプト神話の、オシリスとイシスの子のホルスを彷彿とさせます。ホルスは「通常は隼の頭を持ち太陽と月の両目を持つ男性として表現される」と表現されるように、猛禽鳥がそのシンボルですが、アメノホヒには、彼の子に、アメノヒナドリ(日本書紀 天日照とも書かれ正統の日嗣の皇子らしさをかもしている)あるいはタケヒラトリ(古事記 その名からは猛禽らしさが窺え、子の建比良鳥命は出雲国造らの祖神となったとされる)がいて、まずは天空の鳥がアメノホヒ系のシンボルであったことが窺い知れるわけで、ホルスとの共通性が十分にあるのです。つまり、この神の神話伝承と、エジプト起源のカバラの伝承とが、セットになって入ってきているのです。(アメノヒナドリか。こっちの世界でも、マメドリの育成に情熱していたときがありましたなあ。マメさん、どうしてるかな)
アメノホヒらは出雲の大国主命のもとに居場所を定めて、再興の時を待っていたのかも知れないと思ったりします。出雲神社の祭祀を受け継いだ千家家が伝える系譜書『出雲国造伝統略』に拠るというのも、頷ける話ではないでしょうか。
ホツマツタエの伝承によると、アメノホヒは天照天皇の逆賊である持子の子で、奥津島姫ら三姉妹は早子の子となっています。持子はここで説明しましたように、北局の妃にあって、すべての妃に先立って最初に子を設けています。つまり、アメノホヒは正統な長男の後継者であるにもかかわらず、政変後にその座をセオリツヒメの長男オシホミミに奪われているのです。そして、古事記では次男にされてしまっています。
アメノホヒのホヒの意味は、初日(子)であり、天照天皇の最初の嫡男であることを示します。いっぽう、オシホミミの意味は、圧してホ(初)に収まった身となります。つまり制圧者側の長男なのです。
ホツマツタエはその部分をまず、日本神話創作当時に知られていた中華の中宮制度を採り入れ、セオリツヒメを中宮に据えたことで、北局に対して優先できると原理付けしました。これが改竄第一号であり、たぶん全篇通して「あや」と段落振りしなくてはならなくなった原因にもなっているように思います。「あや」は「過ち、誤り、怪しい」と語源を一にする禁忌用語なのです。それを知りながらあえて用いたということは何を意味するか。
それからは、改竄と隠蔽と虚構の組み立てに労し、しかしながらどうしてもヒントだけは留めておかなくては、よほどの罪になると思ったか、それとも徹底するほどの労力もかけられなかったかして、記紀では、女神アマテラスとして、矛盾含みながらもデビューさせてしまったことのようです。それは男神キリストがいないため、女神ミグダルのマリアに兼務させた構図だとわかっています。それはキリスト再臨を待つ体制と言えるかも知れません。が、再臨がないままでは、暗黒時代にもなる道理でしょう。
さて、この隠蔽のために大変なことが行われました。持子早子は冤罪を受けて、悲惨な最期を遂げました。当然ありえた風評は、持子早子の追い落としを仕掛けるための作り話であり、それが神代世界に流行したに違いないのです。
こんなことが許されていいはずがないでしょう。勝てば官軍。でっちあげ、隠蔽、虚構の流布。それを止めようとする者への迫害。それが清廉潔白であるべき、神代で起きてしまっていること。この事実が大事なのです。
そのせいで、神代のアンモラル性がすべて地上界に投影してしまったのです。今はその、貯めに貯めまくったアンモラル行為とその結果が、地上世界の黄泉津腐敗ぶりにそのまま反映してしまっており、あとはどうなるかが占われているといった按配なのです。
どうなるかについて、二つの仮説があります。一つ目の仮説は、ダムとして溜まった汚泥が、ダムの許容を超えていつ決壊するか。もうひとつは、ダムに貯め切ってそのまま熟成させれば、立派な肥やしになるのではないかという説です。
後者になれば、これは立派な成功実験として評価されるでしょう。しかしそのためには、貯留量がコントロールされなくてはなりません。それができているかどうかが、鍵でしょう。それを見る指標は地上世界にもあります。世界の随所にステイタスが上がっています。
たとえば、福島原発事故が適正にコントロールされているかどうか。これを見る限り、無責任放置の感が否めません。お蔭で海はいずれ超汚染されて生き物の棲めないエリアになることでしょう。それでは肥やしにはなりません。そのいい加減さ、無責任さが、汚泥の貯留に関係しているのです。その結果は、ダムの決壊であり、現象としてみなさんの観測には、みなさんが実体験している世界線の突然の破断断絶となって現れることでしょう。
この世界が神界も含めいったん破断してしまうとすれば。以後の成り行きはどうなるか? それはわかりません。個々別々に異なるのかどうかもわかりません。邪悪に徹した者は、神であれ人であれ、この場合はただひとつしかなく、唯物論者の死のままとなることは確実です。それ以外の者のことは、わからないということです。
ホツマツタエは、綾事(誤り、過ち、妖かし)を記載したものですが、神代の故事をいかにしてでっちあげようとしたかの経緯をも如実に晒しており、逆に非常に大事な古文書とも言えるのです。
そこからわかりますことは、まずひとつに、中東のキリスト伝承、占星術概念などの伝播があり、日本神話構築の際に採用がみられるということ。二つ目として、キリストの故事によって、忌まわしい古代神代の政変劇を、正当な出来事として置き換えを図ろうとしたらしいことです。
このために、ずいぶんと断腸の思いで犠牲になった神々もおられたことと推察されます。それをどうやってなだめ祭ってきたのか。おそらく神職の方々は、そのことに古代から苦心してこざるを得なかっただろうと推測されますが、いかがでしょう。
大祓祝詞の意図する咎・禍事を(その場で解消するのでなく)下流の黄泉に流し去ることと、伊勢の遁走タイプの遷宮は、同じ思想的発想でしかないのではないですか。同じ思想とは、邪悪な出来事をすべて包み隠しておこう、後で何とかなるという考えのことです。そんなものは、悠久の時の流れから見れば、一時しのぎにしかならないというのに。
もうどうでしょうね、すべてを包み隠すことなく晒して、すべてを清算する過程に就かれてはいかがかと思うのですが。そうすれば、国津神すべてが惜しみなく全力で応援して、地上は黄金楽土と変貌することでしょう。
いや、私・奥人は、ルシファーやアメノホヒ系神に視座を置くことができて、とても光栄です。これもみな、異界の探偵ゆえに許可されている役柄なんでしょう。だって、すべてにわたって公平でなくてはいかんですから、官書の語り口のみに妥協していてはならないのです。つまり、公儀隠密渡り鳥という役柄なわけで、そこでまた、かの名曲をお贈りしましょう。ああ、光栄やなあ(しみじみ)。
https://www.youtube.com/watch?v=Ts4Nel1xQZo&feature=player_detailpage
さて、この地上世界におけるすべての綾(妖かし、過ち)は、神代における邪神によるクーデターに端を発しているということ。異界の探偵はそのように理解しております。
この意味において、綾事から解き放たれるべき地上世界の刷新と復興は、神代の刷新復興とワンセットでなくてはならないと観ずるしだいです。そのむね、この公儀隠密は元津世界に戻り上奏いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です