ブー、独立しだす

前回の記事では、ずいぶんとブーのことを貶してしまいました。ブーのことを映像アップするにせよ、話題にするにせよ、全部、ブーにはわかってしまっているのです。私の心の中を読んで、それに応じて行動するくらいですから。
まあ、夢に第三の目を備えた風貌で出てきたくらいですから、その程度の神通力は持っていておかしくはないのですが。だから、彼を揶揄するときは、反動を覚悟しなくてはならないのですが、とうとう独立するつもりのようです。
2/4からまる一日半、ご飯を食べにこなかったのですが、私が彼のいるだろう方向(A家の方向)に、白猫たちを連れてじっと見ていれば、確かに、遠いところの道路上に出てきているのです。
しかし、こちらのことは知らんとばかり、A家のほうに入ってしまいました。はたして、あれはブーでなく、他の黒猫だったのかな。
しかし、それから約一時間後に、ブーは我が家に姿を現し、ニャーニャーといつものように食事の催促をしました。やや口調がきついように見受けましたが。そして、たっぷり食べると、いつものようながら、礼も言わずにさっさと出て行ってしまいました。
それからです。夜中の私が寝ている間にやってきて、備え付けのドライフードを食べて、白猫たちがどうしているかなどお構いなく、さっさと出て行ってしまいました。それまでなら、私をニャーニャーと起こしにくるぐらいなのですが。愛想がないのです。
いよいよ独立してしまうのではないか。まあ、あっちで元気にやっているなら、安心できると思い直したときから、ブーはパタッと来なくなりました。2/7の朝、現時点まで、ブーは来ていません。
白猫たちは脅威がなくなったためか、ややうれしそうですが、ウーはいつになく沈み込みがちになっています。それもそうでしょう。夢の中では、ブーとつがいのシーサー夫婦だったのですから。そして、道路の先のほうで、ブーをじっと見つめていたのもウーでした。
何か彼らの間で、取り決めを交わしたようにも思えます。
さて、次の動画は、我が家に帰る道すがらの光景ですが、唐突に鹿が出てきます。ヒントは画面の左側。さあ、どこに出てくるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。