根本が改められるまで待ってます

バーチャルリアリティが真実なのだから、要するに現象はすべてプログラミングの産物なのだから、一見途方もないこともすべて可能になるのが道理なのです。
世界人口70億や80億では、地球資源がもたないなどということは、はなからありありえないのであって、たとえ500億人でも1000億人でも、まかなえないということはないのです。
今の世界の為政者たち、およびコントローラーたち(秘教組織や金融資本家たち)が科学者たちの言を楯にして、人口削減計画をあたかも正義の御旗のように掲げていますが、ちょうど地球温暖化CO2原因説と同じで、インチキ説を捏造して世界に信じ込ませ、自分たちの残虐な性質を満足させようとしているだけのことなんです。
みなさんは、そのような虚構によって圧政を受け、断崖から突き落とされようとしているわけです。むろん、突き落とされるシーンもバーチャルなわけですが、よもやこれをみなさんの魂の教育教化のためなどと、出任せを言う宗教者がいたら、ぶん殴ってやってもいいでしょう。
意識を持たないダミーキャラクタ、つまりプログラムどおりに動くだけの完全なるロボットは、ゲームの主たる流れを作るためにいっぱいいます。が、少なくとも読者のあなたは、自我意識を持っていますね。そんな人にとっては、断腸の思いにもなると思います。そんなときは、バーチャルであるという真相を念頭に置いて、その苦境を乗り越えましょう。見ているものは、作り事なのだと。悪質な映画にすぎないのだと。
我々は、神人たちの作ったプログラムの中で泳がされているのです。その神人たちが、これから生き残っていくエスタブリッシュメントクラスの人々の延長上にいるのですから、当然、この世界は残虐性に富むことになるわけです。平和を希求する一般の魂にとっては、居づらいだけのものでしかありません。
もしそのようなことになるぐらいなら、このソフト自体の停止と廃棄を求めたほうがよほどいいでしょう。神人たちが改心して、方向転換することがもっとも根本的で大事なのですが、それがない以上は、ちょうどあこぎな藩が取り潰されるように、断絶もまたやむなしとなるべきこと、わかりますね。
断絶後の世界はどう認識されるか。まずは、断絶とは意識にとっても緊急事態ですから、みなさんはいったん解脱境に至ります。それから再稼動となれば、別のプログラムが与えられてその認識が開始されます。それが新世界として認識されるものになります。が、悪性ウイルス的なふるまいをする意識は、再稼動させられることがあっては、非常に危険ですよね。だから、再稼動はありません。
たぶんそのほうが安らげていいという者が秘教組織や金融資本家やそれに付き従った者ではほとんどでしょう。支配的な側の偽りに満ちた神人たちも然りです。彼らには望みどおり唯物主義者の死が待っています。それを第二の死(システムクラッシュ)といいます。そして、みなさんのためと称して今まで使われていたソフトは、有害ソフトとして、くしゃくしゃに丸められ廃棄され焼かれます。つまり、世界は刷新されるというしだいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です