ルシファーの教理によって般若心経を解く (般若心経の最新解釈)

これからの世、あらゆる生起してくる事象を座視するに耐え難い人々のために、この世の観想法を、もっともオーソドックスに読み書きされている般若心経によって、お伝えいたす所存である。つつしんでお受けなされい。

摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄、舎利子、色不異空、空不異色、色即是空、空即是色、受想行識、亦復如是、舎利子、是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減、是故空中、無色無受想行識、無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法、無眼界、乃至無意識界、無無明、亦無無明尽、乃至無老死、亦無老死尽、無苦集滅道、無智亦無得、以無所得故、菩提薩?、依般若波羅蜜多故、心無?礙、無?礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃、三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提、故知般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚故、説般若波羅蜜多呪、即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経。

般若心経は、すべて外界の現象と見えるもの、およびそれを観測する五感と認識は、ことごとくが「仮想現実なのであるという」知見に立つことの大事さを説くお経である。つつしんでお受けなされい。

解釈
漢文との対訳表はこちら ⇒ 般若心経 解釈
あるいは 般若心経解釈(電子本) へ。

観自在菩薩が深く瞑想に入り、仏の知恵を見極めようとする時、
五蘊(色・受・想・行・識)のことごとくが、すべてバーチャルリアリティ(仮想現実)であることを、純粋観照意識によって感得した。
(色とは、現象のこと。受とは、感受すること。想とは、思惟し想像すること。
行とは、反応や行為のこと。識とは、それらの情報を総合して認識することを言う)
つまり、五感を駆使して外界を認識するすべての局面が、仮想現実なのだということが、はっきりとわかったというわけだ。
つまり、もともと実体のない世界を、あたかも世界らしく認識しているのが我々であることがわかれば、どんな苦厄からも済度される(救われる)道理であろう。どうだ、舎利子よ。わかるか。
(このお経は、仏の到達した解放の境地を、般若の知恵によって達成しようとするものである)
では説こう。
色(外界)は仮想現実と異なるものではなく、仮想現実は外界(現象)と異なるものではない。
つまり、色(外界)は仮想現実であり、仮想現実が外界(現象)をあらしめているのだ。
受・想・行・識も、またこれと同じく仮想現実なのだぞ、舎利子よ。
(つまり我々は、実体があると見えていても、実は実体のない仮想現実の世界にいるということなのだ。
それを実体あるが如く認識している我々がいるということなのだが、
その認識もまた実体がない仮想現実なのだ)
これはすべてを形作る法則のことごとくが仮想現実の上に成り立つという相(すがた)をしているということだ。
だが、仮想現実世界という実態の背後にあるものは、生ずることなく、滅することなく、
汚れていることも、清らかということもなく、
増えもせず、減りもしないものである。 (これはホログラム上のプログラム(コーディングされたもの)とそれを実行するシステムのことだ)
(初めがどこにあるかも、終わりがどこにあるかもわからないところの、
仮想現実を生み出す原因になる素材がそのようにしてある)  ⇒ ホログラム上のプログラム
このゆえに、表に出ている仮想現実の内側(背後)にあっては(プログラムなど仮想現実形成の素になるメカニズムの世界にあっては)、
形作られる外界はなく、それを感得し思惟し行動し認識するというものもなく、
見る・聞く・嗅ぐ・味わう・体感する・思いをいたす、といったこともなく、
それら五感と思いに対応する作用の要素もなく、
見渡す限りの世界の広がり(宇宙も含む)もなく、
またいっぽう、想像や思惟によって営まれる世界もなく、
この世の無明(闇)と言えるものもなく、
また、無明(闇)の尽きることもない(ようにプログラムされている)、
またいっぽう、老病死やそれに伴う煩悩もそこにはないのであるが、
また、老病死や煩悩の尽きることもない(ようにプログラムされている)、
さて、そこで感じてみなさい。
苦も、苦の原因を知ることも、苦を心の制御で減殺することも、またその制御法や技術すらも(必要)なく、
そのような知識も必要なく、それらを求めようとしなくとも、
つまり特別な精神修養の知識や知恵をまったく持っていなくとも、だ。
悟りを開き、衆生を済度しようとする菩薩衆は、
この(すべて仮想現実であるという)般若の知恵を会得するがゆえに、(般若とは六波羅蜜のひとつ、知恵のこと)
心が自由自在であり、
想いが自由自在で何ものにもこだわらぬゆえに、
恐怖するものが何ものもなく、
いっさいの誤った観念や妄想や迷いから遠く離れており、
究極の涅槃(永遠の平安)の境地にいつもあるのだ。
過去現在未来のもろもろの仏様たちも、
この般若の知恵を会得されているがゆえに、
仏(解放)に至る最高の知恵を得ておられるのだ。
このゆえに、この原理を知りなさい。
これは偉大な神の真理の言葉であり、
これは偉大な光の真理の言葉であり、
これは無上の、これにまさるもののない真理の言葉であり、
これは三世に比肩するべき何ものもない真理の言葉なのだ。
世間のいっさいの苦悩を取り除くことができ、
真の実のある、虚構でないものであるゆえに、
この般若の知恵の真理の言葉を説いたわけである。
では最後にマントラの言葉を説いて聞かせよう。
・・・マントラム・・・
以上が、般若心経という経文である。
注釈
空の捉え方の初歩としては、現象がホログラム像として観測のために与えられていると考えればわかりやすい。
ホログラムが映像投影のスクリーンのように存在して、そこに映像を結んでいるというわけである。
では、像を投影している源は何か。(それがわからなければ、原因不明のままで不完全極まりない)
その源が、空なる現象生起に中心的役割を果たすメカニズムの隠された存在なのであり、
現象が観測されるという意味は、より本質的に捉えるなら、
むしろ多次元ホログラムメモリに書かれた詳密な現象生起用のプログラムが、
超能力コンピューターによってレーザー光が当てられて、
ホログラム素子に記録された命令語のひとつひとつが、
あたかもハイパーチャージされたようにして実行され演算されそれが統合されて、
まとまった観測と認識結果としてアウトプットされているという次第なのである。
このメカニズムないしはシステムは、”現象とともに生起する我々”の観測にはかからないし、永遠に観測されることもありえない。
ただ、卑近であるかどうかといった価値評価のほどは別として、コンピューターというモデルによって思考実験的にシミュレートできることをお伝えした次第である。学究的に考察なされたい方は ⇒ 超宇宙の仕組みモデル概念
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/himegokoro/lz/introduction.html
あるいは
https://p.booklog.jp/book/91316/read
にどうぞ。
愚僧は一介の私度の雲水にてござれば、さらばでござる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です