私の観測では

いまいちばん待望されるのは、宇宙人がやってきて、この地球上の混乱を鎮めてくれることです。地球人類にその解決も解決に向けての能力も期待できない以上、地球外からの援助を頼むのが筋ということになるでしょう。
いま地球上にいる数少ないが多くの有識者によって、もうその道しかないだろうとさえ囁かれていますね。
そんな宇宙人などいない? そんなふうな即断をするのは、地球を悪くしたい勢力のお声掛かりに引っかかってるだけ。
私の観測では、宇宙人はいるんだけど、地球でもっとも巾を利かせているのが、地球製宇宙人なもので、厄介なことになっている、と見ています。たとえ外の宇宙人がいい方法があるからと、入れ知恵しようとしても、ガンとして受け容れないのが地球製宇宙人だとすれば。たいていは、地球のことは地球内で始末するから干渉するなと言った論理が最後には持ち出されてくるのだとすれば。
外の宇宙人だって、善良ではあるものの、リスクはあえてとりたくない。だから、そう言われて拒絶されれば、それもそうだと、諦めてしまうんですね。そのようなことを今までも何度か繰り返して、結末が悲惨なものになってしまいました。しかし、一向に改善されることもなく、また今回もかとなっていて、もうこれ以上は座視するに耐えないものとなっているといった状況。
というのも、シナリオを地球製宇宙人が作って、人類に与えているからなんです。そのシナリオの目的は、人類の進化だと言い切ってしまえば実に対外的にも聞こえがいいのですが、破滅が前提になっているシナリオだから、よほどのことでもなければ乗り越えられないようにできている。
声の大きい者にはかなわないという話が宇宙人社会にもあります。外の宇宙人たちは善良だから。いちど引き返したら、あとは遠目から見ておくしかない。
地球製宇宙人とは何ぞや。それは、これから登場すると予定されている未来人のことなんです。彼らは神とあがめられるほどに進化する。ヒトラーが、彼にかかった何者かによって示された、神人(ゴッドマン)がそれです。彼にかかった者も、実は未来から来た神人だったのです。
そもそも、過去の歴史に関わって、コード改変するのが未来人たちだったのです。その方法は、タイムマシンを使って過去に戻り、直接的に歴史に変更を加えること、そして過去の歴史上の人物に指令して、歴史を間接的に改変してしまうことなどによります。
だから、ヒトラーに先の未来をビジョンで見せることも、戦場において飛び交う弾丸がひとつも当たらなくするといった奇跡も、現出させることができたのです。一部隊600人が死に、たったヒトラーひとりが生き残ったといったことも、コード改変の結果です。戦場で弾がいっさいあたらないという幸運。もし死ぬべき宿命であったとしても、アカシックレコードをちょいといじればいいのです。
彼らは2030年代にはもはやタイムマシンの初歩的なものを手に入れることになっている。もっと先の未来人なら、より安定的に過去をいじることもできるはず。
現在、よく頻繁に訪れているUFOは、おおかた未来人のものです。神人となった地球人の手になるものです。チャネリングで、あたかも遠い星の彼方からやってきているように思わせるのは、たとえ本当にそのように交信してきているとしても、あちらの都合によるといったこと。
この神人たちが地球上に代理人(エージェント)を立てて、人類を治めさせています。地球は地球人の手で自治されているから、外から干渉するなというわけです。
その人類は、彼らのシナリオの中で、浮き沈みを繰り返している。私の観測からすれば、そのようなゲーム世界になっているだけのことであり、しかもプログラミングされているだけのものなんですが、元のアカシックレコードを利用しているため、つくりがよくできていて、作り物とは感じられないのです。
だから、沈むときに人はもがき苦しみ、なんとしても助かろうとし、浮くときには何でも手に入って、生存本能という条件設定も後押しして、いっそうゲームにのめりこむように設計されているのです。
それが神人たちの人類計画。彼らの言う進化とは、ゲームにいかに通暁するかの能力を身に着けることを言う。知能の高度化、競争社会での勝ち残り、好運の引き寄せ方のマスターなど、すべてゲーム上の点数計算で把握されるようになっている。カルマというものも、種目別功過点数制が根底にあり、このゲームに固有のルールになっていたりする。
このせいで、いかに人が足を洗いたくても、借金が清算できるまで足抜けできないよと、脅されているというのが現実だったとすれば。下の仕組みは上の仕組みの相似像になっていますから、現在のマフィア社会を見ればおのずと上位世界の発想もわかるのです。
しかし、そんな不合理はいつまでも続いたりするものではありません。強制的にも、解散させる動きが外部からでてきていることを、みなさんにお伝えしておきたく思います。
しかし、ゲームが好きでここにきている人もけっこういます。パチンコ屋に並ぶ人の数、まだたくさんいますね。そのうちの80%がダミーだとしても、それにつられて並ぶ実質人もあまたいるわけです。そして、たまに勝たせてもらい、最後は人生を破局させて終わるケースが、依然として多い。このゲーム世界で言えば、破局した人というのは、魂が腐ってしまった根腐れ人ですからね。それを計画する神人たちが、どんな連中かわかる気がするはずです。
この神人たちのことをアヌンナキ星人といいます。何も宇宙からやってきた科学力ある人々ではありませんよ。地球人の延長上にある、精神性の未熟な、高知能で高慢な未来人なのです。
だから私は、プロメテウスよろしく、彼らの治世の最後についてお知らせに伺っているというわけです。ゼウスさまに反逆者プロメテウスが進言しているようにです。併せて、みなさんには神話を介してお知らせするという具合。つまり、プロメテウスも神人のひとりなんです。
やはりね、責任のし残しをつくってはいかんという話でしかないのですが、今のこの世界を壊すも癒すも、あなたがた神人の未来を壊すか延ばすかにつながっているという事実をお知らせするというしだいでしかないのです。
しかし、解脱もまたいいではありませんか。神の進化した先が解脱だとすれば、すばらしい栄誉とも思えるんですがね。ただし、そのときは、ロボット人類もみんな解脱するのです。だって、その理由はわかりますよね。
しかしね、そんなのいやだからと、解脱をやめてもいいんですよ。そのためには、地球をむちゃくちゃにしてきた経緯を振り返り、回復処置を講じなくてはなりません。原状回復すれば、まだまだ地球は何億年も使えるんです。
何億年もあれば、その間、ゲームに人々を閉じ込めておけるから嬉しい? もうそのような考えはよしなさい。それだけで、このゲームソフトは焚書に値しているのです。今度は、外野からの強制焼却になることでしょう。だって、今回はそのチャンスだとして、こうやって公儀隠密がやってきてるんじゃないですか。
ちっとは反省するつもりなら、まずは待遇を少しでもよくしてくれないかな。そうすれば、便宜はかるよ。