活躍の場を異界交信掲示板に代えて・・・2012年11月記載分(1)

2012/11/01 (Thu) 07:26:44
前に(9月に)書いたアルバート・バイクさんのイルミのシナリオは近世に作られた一種の神話のようなものでした。が、それを実行すべく、イルミは総動員態勢で歴史作りに励んでいたのでしょう。
それもまた、各人各様のアレンジもあって、今ではデイムスさんや各種チャネリング情報が示すような、改良された成り行きに変更されてきているようにも思います。
私は個人的に、バイクさんのシナリオにある、ルシファーの教理が示されるということにたいへん興味します。
ルシファーの教理とはどんなものか。たぶん、ここに↓掲げている科学がそれだろうと観測しています。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/monoomoi/uchuron.htm
それというのも、私がルシファー(の雛形)だから、というのはギャグっぽくありますが、デイムスさんも仰ってるように、雪男も異次元から投入されたアバターだとのこと。我々人間も、また生き物全般が、意識の目をそこに宿すことのできる下地があるなら、アバターとして存在している可能性はあるわけです。またデイムスさんも多次元時空的なパラレルワールドが現実なのだと、経験的に仰ってますね。
その現実が真実なら、我々はある種のソフトウェアの中で、その与える範囲の自由度で、実行ルートとしての世界線を生きていることになります。それが真の現実であり、映画マトリックスに描かれたようなものであると同時に、自由度の許す範囲での創造主でもあるのです。
マトリックス、つまりイルミ版では、その自由度は小さかったですが、実際はそんなものではありません。邪悪側は、人間の持つ創造主性に蓋をするべく、宗教や映画などを使ってきたのです。が、先の未来を見越して、知者の啓発にも当たっていたのがマトリックスでした。
それはいずれ、ルシファーの教理として普及されることでしょう。人は誰もが創造主であるとそこでは宣言される。その立場に立てば、万民が尊いものとされるようになり、それ相応の処遇が図られるようになる。さまざまな奴隷的拘束が解かれることでしょう。
神は創造主の個々が、まだひ弱で独り立ちできなかった時代の、親となり、杖となりしてくれた、補助天使であったと理解するようになるでしょう。
そのときは近いと思います。なぜなら、未来人タイターの2020年地図にある日本の国名、新大和皇国は、たまたま原発事故によってそのようになったかのようですが、右上図のヤタノカラスの図の領域に位置し、皇室由来であるポリシーを保っています。
また、北海道が蝦夷共和国とは。まさに牧したがる皇室に抵抗して蝦夷地に逃れた民の国としてのポリシーが感じられ、これまた拙著に準拠していることが見て取れるのです。
つまり、今からそう遠くない未来には、私が残し置いていた記事↓が全般的に重用されているさまを予想してしまうわけで、ルシファーの雛形をやっていてよかったなと、ついぞ思って顔ほころんでしまう今このときなのであります。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/
2012/11/01 (Thu) 12:48:15
>Q →どうすれば意識は変わるの? A 震災
うーん。これは、震災への備えをすることで意識が変わったことになりませんかね。それは集合意識のことでもあり、個人のことでもあると。
デイムスさんも言ってるように、世界でいまいちばん安心なのは、ニュージランドのクライストチャーチ。それはなぜかというと、地震や天災への準備が整っているからだということなんです。
日本では、すでに震災のことはどこの話となっていますし、原発事故という取り返しのつかない後遺症を被っているのに、そんなものはないという、まるでSノ家さながらの精神論でやっています。この国の国民性だと言えばそうなんでしょう。
むろんデイムスさんの偏見がこんな見解を生ましめたのかも知れません。ほんとうは異次元からも宇宙からも、何事もおきないように取り計らわれているのかも知れません。
だったら、何しててもいいじゃないか、無防備でもいい、となる道理ですが、私の二十年に及ぶ無事故経験からしますと、神を信ずるゆえに、神に無事を願うゆえに、事故のないように前準備することにしています。言葉を換えれば、神を試さない、神に恥をかかせたくない、という意味になります。
だって、もしも無事を願っていて裏切られたら、いったいどれほどの人が神を信じ続けられるでしょう。私でも、ここまで準備してなお、放射能禍という避けられない事態に、神への信頼が揺らぎ始めるかも知れないでしょ。放射能なら、核のピカドンでけっこうなのに、何でじわじわなの。想定外というしかなかった。
しかし、それは私の無知からきたこと。防災意識に漏れがあったことになります。ならば、なったときの対処(準備)をすることは、すでに身についた癖になっています。
食物の汚染はどうにもなりませんが、水の汚染にはRO浄水と蒸留水器で対応取れるようにしました。しかし、食事からセシウム料理をいただいてますから、たいした話ではないです。やはり、最後は精神論なんでしょうか。徹底するなら、海外移住が望ましいでしょうね。
しかし、私はすでに白装束。三宝の上に載せられた小刀を前にして正座し、来るべきときを待っております。大きくなった五猫は大五郎として、ちゃんとともに骨になる覚悟。妹はすでにいい宗教に入信し、やはり白装束の心をして安らいでおります。
さあ、ピカドンなり何なりいらっしゃい。腰の胴狸にて、斬り捨てましょうぞ。
うわっ、そんなこと言ってたら、邪神が突風を起こして攻めてきました。これはまだ手抜かりがあるやも知れず、見回りに行ってきます。もう、スパルタカスするのは御免ですから。
2012/11/02 (Fri) 12:08:59
https://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4326050.html
これなど、何の備えにも思いがいかない日本の典型的な例でしょうね。
経済学者がたくさんいるのに、成長神話だけにしか目が行かない。マイナス成長になった場合の対策は量的緩和だけという、前代未聞の阿呆をいつまでもやってますでしょ。
マイナスのときは、国民の事前の了解を得ておいて、伸縮自在な発想と対応をお願いしておくのが本当でしょう。成長が止まったら、破局しか想定されていないなど、いったい何やってるんだと、なりませんかね。
国家破産もそうだし、その前哨戦的な企業破産、さらにその前段階のリストラさえも、すべて破局の一種です。国民の側も、事態の把握がいっこうにできていない。だから、毎年のベースアップを期待する。それを理解させないようにしている政府の無能ぶり、いや確信犯的隠蔽ぶりは、見苦しくて見ておれないですよ。
そんなとき、温和な私でなく、短気な宇宙人や神さんたちなら、何やってるんだと、お膳をひっくり返したくなりませんかね。
大丈夫。そんなときは私が、「おい神さん、宇宙人よ、お前らのテコ入れが不十分だったから、こうなったんやないか。とにかく宇宙由来の邪悪の一掃は、完璧にし終わってから、行動起こしな。そうでなかったら、許さんぞ」と、きつく申し付けておきますからね。
2012/11/03 (Sat) 07:14:25
11.11の首都100万人動員集会が実現したら、かなり進みますね。首都には実情を知らない人たちがほとんどでしょう。その人たちが、いったい何がありえているのか知ることになりますから、穢土が一気に浄土に変わるきっかけになることでしょう。
お上に期待できるのは、宇宙由来の邪悪の一掃でしょう。地上での邪悪の一掃には我々が主体的に関わらねばなりません。そのための協力を求めることはたいへん有意義と思いますが。
11.4までに何かがあるという記事は見つかりませんでした。たぶん何かがあっても、地上の出来事ではないと思いますが。よって、8.4と同様に、何があったか判然としない、となるように思います。8.4、9.9など、いったい何だったの、という印象ですが、さまざまなことが進行する節目になっているように思います。
節目というのは、動脈弁のようなもので、それ以前に戻ることはないという、時間的流れの中の不可逆事象であることを言います。
2012/11/04 (Sun) 07:40:53
【天界からのサイン】という言葉も見つからないのですが。もしかして、我々ふたりの時空は乖離しつつあるのでしょうか。
で、【天界からのサイン】とは、次のことかも知れないと思ったしだい。
https://oka-jp.seesaa.net/article/300231538.html
おうし座流星群が顕著に見られるそうです。が、もしかすると一部の人には、UFOの大飛来になるのかも知れません。
今夜は非常に寒いでしょうが、よく晴れそうなので、屋根での観測もやりたいです。が、風邪気味、無理はしないようにします。
たとえそれがUFOでなくても。じっとした星でもいい。

2012/11/04 (Sun) 13:26:46
おお、わかりました。
きっとこのことでしょう。
>10月のサプライズは開始され、進行中です。おうし座の満月から72時間過ぎた来週には明らかになる、驚きの日があることでしょう。今は、征服、解決、灰までへの燃焼と、新しい取り組みの時です。瞑想をしてください!
この驚きの日こそが天界からのサインになるということと理解しました。
奇しくも、流星の源たる小惑星がすべて地球に衝突するということが知られるようになった矢先でもあり、おおいなる天体ショーをしばし眺めてみたく思います。
その少し後の記事の
>ソース又はセントラルサンから流れてくるエネル ギーの流れがこの今と言う瞬間に過去、現在、未来に起きたあらゆるあなた方の生涯を運んできます。あなた方の観点からソースに戻るまでの全ての道が見られ るように上を眺めてください。
>あなた方の平行宇宙の、多次元のアバターの生涯が今起きているのが見られるでしょう。切り替えは既に起きていて、あなた方は ここに証人として立っています。この切り替えを、離れた立場から眺めてください。
そうです。我々はこの切り替えの時を経験したかったのです。
この森野ひとりをとっても、多数の平行宇宙に展開する可能性とともに、実際にアバターが並行的に展開しているのです。しかし、この切り替えの時を実際に経験できるのは、この世界線においてです。そのために、しんどい目して、ここまでやってきたのです。
切り替えが済めば、すべての平行宇宙が手に取るようにわかるようになるでしょう。それが5次元であり、まさに神の境涯になるのでしょう。
もうこれで、プレイバックも終了するとなら、それもまたいいではありませんか。ゴールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です