活躍の場を異界交信掲示板に代えて・・・2012年8月記載分(8)

2012/08/26 (Sun) 14:20:49
>伊沢 正名(いざわ まさな、1950年 – )
>1974年から意識的野糞をはじめ、1999年には野糞率100%を達成。
ダッフンダー!! は、けんのギャグですが、脱糞のことですね。きっと誰かが脱糞してる最中を目撃して、とんでもねえことしてやがるの意味で叫んだんでしょう。
しかし、脱糞は人間だれでなく生き物全般にとって、当たり前の行為なんです。それを人間社会だけが、汚いものの極めつけと捉えて、公然猥褻の類に数えたんでしょう。
しかし、江戸時代の大江戸八百八町では違ってましたよ。非常に綺麗な町だったようです。道にはゴミひとつ落ちていない。しかし、人口も多く往来も激しいですから、にわかに便意を催すも、厠に駆け込む間もなく、道の傍らで脱糞する人もいたわけです。
が、こんなとき、町民はそれを丁寧に木切れか何かに移し取って、自分とこの植え込みに撒いたのです。どんな使い勝手の悪いものが落ちていても、道行く人が何らかの利用法を思いついて、持ち去ったそうです。こうして町は、木切れ一片落ちていない綺麗な状態だったとか。
これがほんとうのエコというものです。誰かわざとでも落として行ったら、それを拾う者が必ずいて役立てる。勉学など何知らずとも、創意工夫の力が、誰しもに備わっていたんです。
現代人は、ただ歴史の最前線にいるからと、鼻高々してますけど、最も愚かな人間に成り下がってると思いますよ。水戸黄門の番組なんか見てたら、江戸の庶民は色事、賭け事ばかりやってたんだなあと、卑下して見ますよね。それは、フジテレビの洗脳術なんです。最後は、「くじけりゃ誰かが先に行く・・・泣くのが嫌なら、さあ歩け」って、庶民を牛馬のように扱いたいだけの政府の策謀なんです。水戸黄門様が最後は腰の印籠を見せてくださる?? はっはっは、角さんや、庶民をちょっとからかってさしあげなさい、って、当のフジテレビが陰で言ってたりしますよ。
飽食の時代とか自慢して、その実は半分以上が残飯で、みんな捨て去られ、そして焼却されてCO2に化けさせられている。その一部でもいいから、窮乏国に支援として出せたらどんなに食物も喜ぶだろうに。資本主義社会の無駄な部分だから、我々にはどうにもならず、仕方ないんだって?
粗末にして捨てることを習慣付けていたら、今度は政府によって、捨てられることになるのは国民なんです。相似像のこと、よく覚悟しておいてほしいところ。
伊沢正名さんとは、またこだわりを持った人がいたもんですね。帯に短く襷に長い、人間の一生。何かやりがいあるものを見つけて邁進するって、すごいじゃありませんか。いつかきっとさんも、そのようなお一人ですよ。すばらしいと思います。
さて、いじめのことが気になりますね。しかし、いじめは、猫や獣の社会では当たり前なんです。我々はよく彼らの生態について報道される番組の中で、これが弱肉強食の世界の掟だ、なんて言ってるの聞きますよね。つまり、オス同士が群れのボスの座を争って、一方が負けます。負けたほうは、群れから追い出されて、困難な狩猟の生活を単身で始めなくてはならなかったりします。死活問題なわけです。彼の未来を思うと、気の毒になったりします。しかしそれは、自然界の掟だと、テレビはごく当たり前のことのように言うわけです。人間から見れば、何でもわかってるような言い回しにしなけりゃならんのでしょう。
しかし、現実にその獣になって実感してみれば、どんなに辛く悲しいか。それが自然界全体の動物世界に広がっているなどと。なんて邪悪な神が自然界を作ったかと、私なら憤激します。そして、お前でなく私なら、こんなふうに作るから、この世界から消えてなくなれとまで罵ります。たとえその神が、生き物の進歩を司るので譲れないと言ってもです。
生き物のDNAに、肉食と弱肉強食の摂理を添加したのは、邪神だと断定します。黄金時代は紛れもなくあった。そのときには、そのような摂理は入っていなかったのです。
人間は、獣と神の間に位置します。獣にその摂理が封入されていて、その遺伝子を半分引き継いでいるから、肉食と弱肉強食を是とするのです。いじめは、言葉だけ独り歩きしていますが、獣一般の当たり前の掟(遺伝子)の中に含まれています。理性と知性と法律と道義によって、かろうじて防御されていますが、潜在する本能がそんな壁をいともたやすく超えさせるのです。いじめ防止? 土台に無理があります。まずは新時代の黄金郷に舵を切らねばなりません。
猫に化身し猫を経験している神はたいへん苦労しています。獣世界の残忍さを、身をもって体験しているのですから。それゆえにやってくる神もいるのですが、帰還するときは身も心もボロボロになっていることでしょう。
いまチンが、まる一日以上帰ってきていません。ブーに追い回されたあとから、行方知れずです。食べられなかったら、いずれ死にます。それでも、ブーへの恐怖には代えられないとすれば。いじめ自殺のケースにも似てくるのではないでしょうか。チンにとっては、著しい不利益なのです。
私が戦うべきは、ブーではありません。彼には制裁を以て、私の主義を覚えこませます。私が戦う相手は、邪神です。それが元凶だから。
さて、邪神側のゆとりなのか、それとも衰退によるのか、ディスクロージャーの一環と思えなくもない報道が、アメリカのTVでなされたようです。
https://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/08/post_d5bc.html
黙示録の光景を作り出すには恰好の装置です。これによって、七つのラッパ、七つの鉢の天使たちを気取れるヤカラがいることもまた事実でしょう。そして、ブルービーム計画で救世主を空に出現せしめるとすれば。キリスト教徒たちは、艱難と救世主登場という、最高の経験を営むことができるのです。ただし、ぜんぶハリウッド映画のようなものですが。銀幕の地球は生身だから、たまったものではありません。つまらん映画上映のために。
これの見方の角度が変わるかも。
https://oka-jp.seesaa.net/article/288483707.html
これはすごい情報。知らなかったこと(知りたかったこと)がいっぱい(てんこもり)。
https://eagle-hit.com/a/post-3704.html
イーグルさんはこんなとこと知り合いなんだね。もしかして、アジアを拠点にするという白龍会かな。
今日(8/27)までこの記事残ってるね。ヤツラは所詮、石工でしかない。この世でやったことの記念碑を残しておきたいから、あからさまになってももう放っておいてるんだろうね。むしろ人々が驚嘆するのを楽しみにしてるんだ。
ノスさんも言ってた。墓の中からみんな出てくると。終わりがもう目の前にやってきたんだ。フィナーレはみんな舞台の全ライトの下で、これがオールスタッフですと、手を振るのさ。
こんなことも。
https://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1518.html
2012/08/27 (Mon) 12:19:29
「ゆっくりとだけど、私たちはいい方向に向かっているという気がする。そして、これによってこの地球の多くの問題は消えると思う」
https://oka-jp.seesaa.net/article/288593860.html
2012/08/28 (Tue) 08:00:15
この先のシナリオ開示か。
https://eagle-hit.com/a/post-3708.html
秘教組織もメルヘンに生きとるっちゅうこと、わかる気がします。
>『ニホン』は第二の聖書、東にあるキリスト教国
西の聖書に匹敵するのが東の古事記っちゅうこと、これわかっちょりましたよ。独学ですがね。つまり、ニホン=古事記というわけです。
そして、伊勢にはイエスとアマテラス女神になったセオリツヒメがおられることも、最近わかったところです。
しかし、ヘブライ語で解ける神名って、けっこうあるんですね。
ニギハヤヒがイエスの事跡を模倣し、ウマヤドノミコが救世主として擁立されかけたことも理解できます。が、ちょっと時期が早かったんですね。度重なる政争で、日本渡来の秘教勢力はだんだん勢いをなくしていきました。
が、皇室を残し置いたことで、この東の果ても秘教の影響下にありとのステイタスを上げ続けていたんですね。やはり世界制覇の組織です。世界を彼らの物語の中に置いたのですから。
そして今後の彼らの計画が明かされているとするなら。
未来人タイターの2020年なおける極東の国の配置図、思い出してみてください。
どうも、その時空の近傍に我々は、いる気がしませんか。これからの予定と見比べてみてください。むろん同値になることは、ほとんどないでしょうがね。
西日本は新大和皇国(これは米中大韓の属領で天位は?もう決まってるダスな)、北海道と青森の北限の一部は蝦夷共和国(ロ中)、その間の東日本は政府管轄区域とのことで、どの国の政府の支配下にあるとも書いてなかったですね。そこはおそらく、強度の放射能汚染地帯になることでしょう。
まさかそこに、超人を養成する場所を置くだとか。放射能、突然変異、あまたの不具廃失の生ずる中の、きわめて稀な超人輩出。そこは実験場になるのかな。今もそうだけど。
世界の王族、秘教組織は、先住民たちを退けた後、そこに移り住む計画とされてましたね。ベンヂャミン情報でしたか。
彼らは簡単に滅んでしまう人間の肉体を捨てて、超人化していくのかも知れませんね。どんなんやろ。妖怪人間ではないのか。王族に仕えるスパルタンな化け物たち。フランケンに守られるドラキュラ伯爵たち。
まさか、アセンションって、このこと? ならば、庶民の関われることではないですね。それとも秘儀参入していかれますか。
が、みなさん、ほんもののアセンションは誰にでも、あと一回は少なくともあります。簡単に滅んでしまう人間のままでいれば、それでいいのです。
私が夢に見た亡き祖母や母は、透き通るようなまばゆい肌をしてあちらに住んでましたよ。
2020年か。私はあと長くいても2年ですから(もし存命してたら※の歌を詠います)、居残る方は見届けてください。そうね、2020年頃なら、私はベテルギウスに行って、火の鳥をパワーチャージしてますか。私は私で、スケジュール詰まってますので。
※ わがいほは都の東鹿ぞ住む余を蛆虫と人は言ふなり (やっぱりはよいかなあかんな。生きとっても悪者にされるだけや)
今朝いちばんに、鹿が道路際から家の中覗き込んでましたんやで。これほんまの話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。