活躍の場を異界交信掲示板に代えて・・・2012年8月記載分(3)

2012/08/05 (Sun) 19:38:22
UFOによるデモンストレーションの日ではなかったようですね。ロンドンにも現れたという話はないみたいですし。
もしアセンションにおいて、UFOを頼みにされているのなら、深夜から未明にいたるくらいまで、真剣に夜空を注視して、UFOの光跡イメージを繰り返すぐらいはなさったほうがいいでしょう。
そうするうちに、イメージに近い光跡の飛翔が見られるようになります。それでも、まだUFOが降りてくるほどのことはないでしょうが、お近づきになっていることは間違いないでしょう。
いや、書いたその日のうちに、こんなシンクロ話が持ち込まれようとは思いませんでした。
https://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-2323.html
>九州の南の方に龍神様を怒らせた原因がある。
九州の南の方の龍神様となら、もしかすると喜界島の豊雲野さまかも知れません。国常立神、豊雲野神の救出は、両神に対して何のアポもなしに行われています。ただ、良かれと思っての行動あるのみだったのです。
もし、格式の高さへの違反を咎められますなら、無礼そのものであったに違いなく、ちょうどあたかも、古墳を暴き、ご遺体を持ち去るようなことと捉えられても、仕方ないわけでした。
結果的にどう展開したかは、二の次です。問題はそのときの強引なやり方にあったのです。ここは、もし豊雲野さまがお怒りなら、ご主人の国常立神さまにとりなしていただかねばなりますまいし、もし日本列島全体が一体の竜神様と捉えますなら、両貴神へのお詫びをいたさねばなりません。
ここは、わが主、梵天さま弁天さまに、よしなにとりなしてもらうことが重要になるかと思われます。毎日の神棚への称名に、国常立、豊雲野両神をいまだ欠かしたことはありません。このシンクロ的記事をただちに送っていただいたことは、この不肖私への温情と受け止め、多大な無礼への重々のお詫びを、この遠隔の地からながら、いたさせていただくことといたします。
われ勝手な救出劇を演じましたことを、国常立、豊雲野の両神に対し、ここに衷心からお詫び申し上げます。これからは、いかなるときも、無礼の段なきことを確認して事に当たることをお約束いたします。どうぞ、お心やすらけくあられますよう、お願い申し上げます。
2012/08/06 (Mon) 06:07:25
前記、豊雲野さまについて、お怒りとのことではなく、まして国常立さまにおいてもさにあらず。多少の関わりあるは、人間誰しも同じとのこと、という思いはするも、わが心すがすがしにより、この因たりえず、それ以外にと思い巡らせるに、
もしかして、人の身にてお子を設けられなかった豊玉姫さまに、山幸を雛形として、婚儀の記憶もなく元津身にてお子をお創り申しあげたことを暴挙ととられた塩椎の親神さまがお怒りかとの思いもあったのですが、これもさにあらざる由。
何か九州より沖縄南西諸島にかけての龍神さまの遺跡への人為的破壊損傷の類があったのではという感を持ちます。事を行った者にはけして良い事はないので、祟りを恐れて真心から改心に向かえばまだ温情を以て計らわれるとの思いを持ちます。
遺跡に対して、損傷を負わせての記念の持ち帰りや落書きを、うかつに行う愚か者が昨今とみに多いこと。私も含め、日本人全般のモラル低下が、大地震や原発事故、無能な政府施策などの諸々の災いを招いていること。大いに反省すべきではないかと思いました。
2012/08/06 (Mon) 07:17:36
いつかきっとさん
>今、オリンピックで、イルミの目のマスコットや大競技場の△の装置。へこたれてる感じはありませんね~。
大ピラミッドの内外に繰り広げる自己主張のようなものでしょう。
全体としては、謎の霧の中に置いておかねばならないが、微細な造形箇所に、自己主張を残しておきたいのです。そこに自分の名前を刻み込む者もいます。そして組織すらも、全体的に秘教が関わったことをアピールします。
彼らのアピールは、アルパからオメガまでの歴史に主導的に関わったことを示すことにあります。
歴代首相の名の中に残りたいとか、郷土に銅像を立てたいとかは、はるかに子供っぽいものですが、秘教メンバーも子供のようなものです。それだけ、勢いがなくなっていると言えるでしょう。
秘教が衰退すると、どんどん秘密が露呈されてくるという、世界共通の公理のような話です。
メンバーさんたちに、往年の生気が感じられるでしょうか。

2012/08/07 (Tue) 07:02:34
https://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1479.html
ZIONとともに、もうあっちこちにそうとわかる細工が施されていますね。もうこれは密教ではなく顕教です。世の終幕が近づいたため、自己主張も最高潮に達したのでしょう。
秘教についてのトンデモ本も、今ならヒットすることでしょうね。彼らも誇らしいことですから。
2012/08/07 (Tue) 11:38:08
>がれき処理は、広域処理の県外自治体のほかに、鹿島建設などが行っています。
鹿島は耐震偽装もやってるし、そんなわけだから、諸悪に手を染めているでしょう。要は、官僚が利益供与をしてほしいがゆえに、こんな構図が出来上がってしまったんですね。
国民が騙され騙されして、まだ目先のことにしか目が向かないから、いつまでも騙されて、深刻化したときは、一億玉砕に向かっていて、すでに戦う気力もなにもありませんと、白旗あげるのが関の山になるんでしょう。
それでもまだ国民は、お国のためと命を投げ出すしかない。
いいじゃありませんか。広島長崎に原爆投下され、被災者はたいした手当てを受けることもなく、旧731に実験データーを収集されて、その見返りに、連中は生き残ってなおさら悪さをするという構図。
邪悪をなりわいにしたもの達に、いい目をさせてきたことが、ここまで事態を回復不能なまでに引っ張ってきたんです。そして、水戸黄門や暴れん坊将軍がちゃんといいようにしてくれたと洗脳されて、ああ世の中は太平ですねと、お茶の間で語らいあってきたんです。平和な夢を見させてもらった、ありがとうと、最後は命を差し出すのが筋というものでしょう。
福島は二度目にして一発目の原爆投下。瓦礫焼却は、全県全国を狙った原爆投下です。ぜんぶ、あちら(米国)がやらせてるんでしょう。売国契約が戦後に締結されてることを、古事記は語ってますから、どこまでやるだろうなとは思ってましたが、第二次大戦の終戦時まで振り出しに戻すとは、思っても見ませんでした。彼ら(米国)も、いちど最後までとことんやりたかったんだなあ。しかし、戦後70年の間、いっぱい血を吸われた上に、最後は肉を食われるとはなあ。日本人、パカパカパカ、お馬ちゃんです。
旧神話的には、UFO(桃の実)は、イザナギの脱出のためのツールとして働きます。言っておきますが、古事記によれば、脱出用の(汚染世界からの脱出のための)手助けと、そのときにおける黄泉軍(政府軍など)の撃退が予定されているだけ。
つまり、地上に降りてきて、放射能を除去するというのは、旧神話的には別契約みたいなもの。古事記からすれば、地上は打ち捨てられることになっているのです。
天武天皇にもうちょっと神話の効用に理解があり、多少のガッツがあれば、イザナミを救い出すことに桃の実を活用するという筋もありえたでしょう。そうすれば、物質文明と精神文明のほどよい混合世界も夢ではなかったのに。
それを一生懸命に、ようやくどこかのシナリオライターが、新神話としてディスクロージャーから地球訪問、戦火の平定などを書いているわけです。はたして、うまくいくかどうかといったところ。(古事記にも天孫降臨の筋があるんですよ。しかし、3次元的売国シナリオが破綻しなければ、4次元的なこの筋は起動しにくいのです。それを破綻させるのは、ほら、みなさん、あなたです。野田豚と売国一味を殲滅しましょう)
旧神話には古事記のほか黙示録があります。ファンが多くて、けっこう根強いものがあります。打ち克って、新神話が動いてくれるかどうか。
ちなみに、私の書いた新神話は、具体的にUFOがどんなふうに行動するかまでは書いていないです。サルーサさんたちに活躍願いたいですね。
NEVADAさんがこんなこと書くのは異色なんですが。
https://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4263623.html
99%運動を世界が望むようになっていること。これがなければ、世の中、真っ暗闇でしょう。マリーアントワネットの時代の再来か。とくに日本人は、原爆以来、コケにされ続けましたから、いちばん憤慨しても不思議ではない。
しかし、最後までスタート切らないのは、日本人なんだよね。相手は、なんだ、また待ったかよお、と愛想を尽かすのがいつもなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。