白虎別天に去って、まず白銀の時代を開くか

とうとう、フーがまる一昼夜、不帰還となりました。
もう一日様子見をいたしますが、かねてよりのお約束どおり、ブログ閉鎖を予定しております。
思えば、フーが数日連続で、私の就寝時に甘えるようにして添い寝をしたことは、最後の別れに際しての思いだったのかも知れません。
あるいは、私は彼の行状に不信を持ち、掲示板で露にしたことが、彼のプライドを傷つけたかもしれません。彼が三つ目の白虎のいでたちで夢に現れたことは、私の思いが以心伝心的に分かるということですから。
新神話も新時代の到来と共に、その効果を徐々に消尽させていきます。まだ過渡期なので、力は残っていて、時代の牽引力になっていることは確かでしょう。しかし、新黄金時代に至れば、もはや意味をなさないものとなります。すべては、梵天の作った新時代プランに従って運行されますから、どんな呪詛的な神話も消尽するのです。神話による仮想ゲーム世界はリセットされ、実世界に入ります。
かつて黄金時代からレベルダウンしていくとき、ギリシャ神話では白銀の時代という期間を通りました。白銀の時代には、有情は子供として生まれたら、一生を子供のままの無邪気さで親の庇護のもと過ごし、大人になる前に命を終えるというものだったとのこと。
どうやら、新黄金時代に至るまでに、白銀時代を通過しなおさねばならないのかも知れません。
実は昨日の夕方に、ウーが大きくなった三匹の子猫たちの管理に手を焼き、みたびキッチン上の回廊に運び上げようとしました。もちろんウーの小さな身体で1Kg近くなった子供を咥えて上がるなどできませんから、私が意趣を悟って上げてやったのですが、下でバタバタして奇声を上げていた子猫たちがいっせいに静かになってしまいました。
キャタツの上段に上らねば私も目撃できませんから、面倒なのでやらなかったのですが、一晩中、うんともすんとも、子猫たちの立てるはずの音がしないのです。
朝になってから、昨晩、回廊の脇に置いていたウェットフードにも、食べられた形跡がないので愕然。もしかすると、死んでいるということはないか。親が面倒見切れず噛み殺すということもあると聞きましたから、あわててキャタツを持ってきて上がって見ますと、なんと母猫ウーのおっぱいに三匹が並んでしがみついているのです。それが一晩中なされていたために、騒ぐこともなかったのかと思った次第。
ウーは、下でせっかく普通食を摂らせていたのを逆行させて、授乳に徹しようとしていたのです。生後間もなく二ヶ月にもなって、まだ離乳しないなんて。母猫が自分の管理下に置いて、離乳させたがらないのです。かいがいしい母猫ぶりも、ちょっとこれでは・・・。むろん、子猫たちはぬくぬくの生活を喜んでいることでしょう。
昨晩はブーにもおかしなことが。その前の晩にはフーが添い寝していましたが、今度はブーが私の布団の中に潜り込んできて私に密着すると、ゴロゴロ言って丸まっているのです。生後数ヶ月目にそうであったようなことをしているわけで、過去への退行現象が見られたというわけです。ようやく成猫になったかという時点で、幼猫に逆戻り。これはいったいどういうことなのか。
そういえば今朝になって、私もなぜか身体がとても軽いのです。ふわふわしているのではなく、しっかりしているのですが、力がそれほどかからず運動できているのです。若さが戻ったのでしょうか。昨晩は腹痛に見舞われていたというのに。
どうやら、新時代に超入したということは、その全容開顕、円満具足に至るまでの行程を順序だてて、大過去にあったことの逆行をしていくスタートを切ったということなのかも知れません。
神々の世界では直に行われるものも、この世では理屈をつけた緩慢な表現がなされます。つまり、遅れて開花する。よって、レベルアップも白銀のいっしゅ奇妙さを顕わしつつ、やがて黄金楽土へと至るものなのでしょう。
キトラ古墳の四神獣別天に輝くという新神話の行程とは、どうやら人身御供を示していたのではと思えてきます。新神話作りにおいても、その思いがありましたからね。
まず青龍(と玄武(兼務))が別天に赴き新時代の扉を開き(スタートさせ)、白虎が別天に赴き、白銀時代の扉を開き、きっと最後に朱雀が黄金時代の扉を開くものとなるのでしょう。みごと色分けさえも対応が取れています。
フーは白虎の化身です。彼が不帰還ということの意味は、私にとっては彼の死を意味します。白虎が別天に赴いたことになります。たとえ現実的に他所の家で飼われていたとしても、私が彼の姿を認め連れ戻さない限り、別天に赴いたのです。
UFOブログを閉鎖することはいたって合理的です。
なぜなら、次に朱雀が別天に赴くとき、この世に有情相和する光景が散見されるようになっており、その勢いが萌え出ずるようにして不可逆的進行が認められたとき、新神話も閉鎖になるからです。
すべて順序立てられています。この世では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です