うちの猫たちの最近況をお届けします

四神獣別天に輝くという新神話の行程がどのように顕現するのか、全員揃って別天移行がかなわなくなったとき、いったいどうなるのやらまったく五里霧中となったようなことでした。ところが、五月雨式に移行するという手順のあることを見落としていたようなことです。
青龍がこの5月に移行し、白虎が10月に移行。それぞれに新時代への遷移の功績を携えておりました。
次は最終、朱雀(私)の番です。それがいつになるかは分かりません。ただそのときには、黄金時代の兆しがはっきりと見えるはずです。
かごめ歌によると、それはいついつ出やるとのことなので、五月五月となって、朱雀は2011年3月かも知れません。準備しとかなくてはと思いながらも、なかなかです。
我が家には、白虎フーの忘れ形見の三匹の子猫が元気にしています。まだ生後二ヶ月足らずながら、体重1Kgで、高さ2m以上から過って落ちても平気です。すでにチンとシャンが落ちています。さすが虎の子。
では写真を。
IMGA1575.jpg
IMGA1574.jpg
IMGA1571.jpg
IMGA1572.jpg
IMGA1595.jpg
IMGA1592.jpg
IMGA1588.jpg
IMGA1585.jpg
IMGA1580.jpg
IMGA1597.jpg

「うちの猫たちの最近況をお届けします」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: be83e113aeeec3717846a8131ae8370e
    あー、なんという可愛いさでしょうか。
    我々人間だけが、あるがままを嫌がる、駄々っ子に成り下がり、
    智のないといわれ見下される動物たちが、
    あるがままの奇跡を教えてくれている・・。
    ・・・そんな感じの写真でしょうか。
    本当に、有難うございます。

  2. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    はい。まさにそうであります。
    子猫はとくに見えないところから守られてますね。
    また、母猫の子育てにかける情熱には感心いたします。
    写真には不思議な神々しさとして写りこんだような気がします。
    また、ブーが父親役を上手にこなしてくれてます。
    ほのぼのとした人間の家庭にも似ているように思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です