ウー、夜中に錯乱する

本日から、韓国と中国のディザスタームービーが上映されるとの事です。といっても、映画の宣伝をするつもりはまったくありません。これを今回の叩き台にしようとしてのことです。
「ツナミ(韓国)VS台風(中国)災害映画2本が9.25に激突! 」
韓国は「TUNAMI-ツナミ-」で、中国は「超強台風」。いずれもその国が、被害甚大なために来てもらっては困る自然現象です。
その裏でHAARPがどうのこうのの話があったとしても、今回それはあっちに置いときます。
それを見た観客の反応はどうなるでしょう。
こんなのがやってきたら、家は壊されるし、死んでしまう、怖いなー。
それは顕在意識での反応です。むろん、潜在意識にも恐怖を教え込むことになるかも知れませんが、それは意外と小さい。
前の記事で原理を話しましたように、むしろ人が心の奥底に見たがっていた願望があって、それゆえにここまで時空を辿ってきているわけで、ツナミや超大型台風、あるいは戦争などによって、都市や国が崩壊していく様を見たいという魂が、時空を選択して、はるばるここまでやってきているのです。
だから、ホンモノを見ることなく、仮想空間において、つまり映画などによって代替手続きを取ってしまうと、それで彼の心は満たされることが多くなり、彼は現実にその体験をしなくなるというわけです。
ホンモノとはいっても、これも魂にとっては映画に他ならないからで、これによって、この人の未来に、悲惨な手続きが免除されることになるのです。つまり、ツナミにも超強台風にも、あるいは破壊を伴う自然現象に遭わないで済む可能性が大きくなると。
ならば、良かったな、という話に落ち着くと思いますか?
いえいえ、そんな風になるかどうかは、まだこの先に話があります。
見たい=経験したい=当該悲惨体験に直結する時空に自らを誘導する。
こうして、彼の性質あるいは願望(いずれもカルマ)が、矯正あるいは果たされることになります。
ところが、単に映画を見ただけだったと魂が悟れば、何もまだ経験できてないではないかと悔やむようになり、カルマは消えずに次の機会を覗うようになります。
もしかすると、それは次の時代の終わりまで持ち越されるかもしれない。
その間、閑をもてあまして、何度も転生してくる。
そしてまた、この世という映画に射幸心をくすぐられて、別のカルマ(歪んだ願望)を作る。
このようにして、この世という映画を嘗め尽くすように見る(転生)ようになります。
なるほど、クリスタルチャイドルの話していた、この世に生まれ出たい人が列を作って順番を待っているというのも頷けます。
それは、ああ、あそこ(パ○○コ屋)、で開店30分前から並ぶ人たちに、どこか似ていませんかね。
つまり映画は、この世にいつまでも魂あるものを捕り篭めておきたい、連中の仕組んだ罠だということなんです。この世という映画も、仮想現実の映画も、ご同様。この世は、湯ばんばが仕組んだ映画。ツナミと超強台風は銭いばが作った映画。
といったところで、落ちがつきました。
むろん映画鑑賞好きな人には、どっぷり浸っていてもらいたいとは思いますが、他にやることないの?という節理によって、いくばくか先に、彼は強制的に連行されていくでしょう。
やはり最後は、「もうこれ以上御免だという気持ちになってこの世を去ることがたいせつになる」というお話でした。
昨夜午前二時頃のことです。
子猫たち(チントンシャン)がもうすべての開け放たれた部屋を歩き回るようになり、それを監督しきれなくなった母猫ウーがとつぜん、一匹ずつ口にくわえて、キッチンの上にしつらえた回廊に移していくのです。
そこはある程度スペースがありますが、適度に狭くて、行き止まりになっています。そこに三匹を押し込んで、なにやら「グルグル・・・」言い含めておりました。
監視の目が届かないところに行くなとか、おじいちゃんの出す変なものを食べるな、とか。(空耳か)
しかし、これはウーがおそらく、授乳の継続を図ろうとするものでしょう。
私からの、食事の差し入れが極めて困難になりました。
実は、三四日前から、ようやく遅ればせながら、普通食を子猫たちは口にするようになっていました。
それも変則なことに、市販子猫用ミルクや離乳食をまったく食べずに、いきなりウェットフードを食べるようになったのです。ウーがいかに育児に熱心で、授乳でカバーしようとしていたか。そこはとても感心なことなのですが・・・。
そこでウーの避妊手術へも段取りがついたと考え、昨日、獣医さんに二度目の予約を入れた矢先のこと。
また、振り出しに?
オーノー、ノー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。