フー、千尋の谷に落ちる

今回また武山さんの記事を参考にさせていただきます。
https://takeyama-y.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-1d6b.html
ハワイの問題解決の秘法にオホノボノとかいうのがあるらしいですね。それは何でも、
>この手法は、まず最初に、すべての問題が生じた責任は自分自身にある、と見定めて問題解決【の元である記憶=情報】の浄化(消去)の手法を取ります。
というものらしいです。
しかし、顕在意識レベルで暮らしている人には、いくらそんなこと言ったって理解しませんし、できません。
清き一票と言う嘘を手にさせられて、手足もがれて、いつまでも権力者の言いなりになるだけで、何にもできない者にどんな責任があるんだと言いたくもなるはずの人間です。
表向きの現実はそうにしか見えないです。
理解に至るには、従来の科学観を以てする虚構の堆積した砦の柵を超えなくてはなりません。
武山さんがどのような基礎に立たれているかは、彼の説明を聞くしかありませんが、相当破天荒な、天と地がひっくり返るような理論なくしては、語れないでしょう。
手前味噌ながら、私が1980年代に構築した”超宇宙を考えるためのモデル概念“(右リンクに掲げてます)は、統一場理論などではありませんが、おやっ?という発想で、この宇宙だけでなく、それを含む超次元多次元世界のすべてを平易に概念化することのできる新理論です。
それからすれば、人は誰でも(ダミーは除く)創造主なのであって、自分の趣向に合わせた時空の造り主ということになります。そこにはダミーがどれほどか。あたかも人口多数でバラエティー豊かなように演出されていますが、ほんらいはたったひとりかも知れないところの創造主であり、天上天下唯我独尊と言うべき存在なのです。
現出する世界は、あなたの想いを叶えてくれるのものになっています。
最近、その流れについて簡単に示した掲示板があります。ご覧願えたら幸甚。
https://itsukakit.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6734691
その中で、天使と堕天使について言い及んだ箇所。
------------------------------–
マーヤのゲームです。
ゲームは面白くするために善悪混交のストーリーを展開します。
天使はそれを自分に属さない映画として鑑賞します。
ところが、自分に属することとして意識し始めたとき、善悪を鋳型に刻み始めるのです。これが崩れだすきっかけです。
彼はやがて、善悪の要素を駆使すればこんな世界もありうるだろうという世界を鋳型によって、データーベースから検索して引っ張り出してきて、自分の鑑賞する映画として見始めます。そして、さらに映画に自己同化して、新たな善悪の種を鋳型に刻み込むことをします。鑑賞する世界はやがて、ありとあらゆる善悪の種が組み合わさった複雑怪奇なストーリーになっていくことでしょう。天使崩れ(堕天使)は、自らそのようなストーリー世界に至ったものでかつ、映画と自己同化してやまない状態を言います。
現在の諸相の複雑さは、からみあった糸のようになっていて、単純な解決法を見出すことが困難です。それは平和とは異なる状態です。戦争の反対語ではなく、ですね。
それから、天使と堕天使以外は、プログラム上のダミーキャラクターということになります。
コメントの上のほうの
>いわゆる邪な、自己中心の極まった想いを固定化して頑張っている人を「邪神」というのでしょう。
善悪、邪と正義、いずれの方向にも想いを固定化(自己同化)してがんばってる人を堕天使といい、邪悪の極にある邪神はストーリーが設定しているダミーキャラですね。
------------------------------—
は、なかなか秀逸と我ながらホレボレ。
つまり、外界(あなたを取り巻く世界、あるいは環境)は、あなたの願いに適うようにローディングされてきたプログラムの、演算実行された結果の観測データーというわけです。
邪神や配下のイルミやメーソンなどは、あなたの興趣を満たすために動くようプログラムされた舞台設定なんです。だから、ストーリーが設定するダミーキャラ(魂の無い人形)というわけで、彼らをどう動かすかはあなたが決めているから、責任があるというわけです。
私は知らないオホノボノよりも、アブリボアゼのほうがよほど意味深でいいように思いました。
私には、生まれたこの星の将来について、ごく自然に責任があるんだということです。
今日はさきほど他所猫の侵入を阻止するために、移動可能な橋を取り外していたのですが、フーが過って足を踏み外してしまい、5m下の切り株やらいろいろある地面に落ちてしまいました。もし、生命が危険な状態なら、お約束どおりこのブログを閉鎖します。
と、こう書いていたら、なんとフーが濡れ鼠になって帰ってきました。なんと、無傷で私の掌からドライフーズをいっぱい食べること。
またひと周り大きく大人になって帰ってきたようです。獅子の子は千尋の谷に突き落とされて、なおあがってくる。
このブログ、もう少し続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です