他所猫の定着で・・・うちで生きた狛犬(獅子)たちがしのぎを削ってます

狛犬(獅子)は聖地を守護するために、参道の両側に座って、通過しようとする者の資質を確かめる役目をします。そしてそれは、つがいの夫婦(オスとメス)であるとされています。オスが「阿」、メスが「吽」。
ところで、うちの家はどうやら神社のようになってきているようで、すでに白虎の両親が夫婦として猫(ブーとウー)に化身して来てくれていました。夢に出てきたその姿は、ボーリングピンのずんぐり型。どてらかちゃんちゃんこを着て、耳はフードに覆われていたためか、無いように見えました。ただ、目が三つあり、神通力ある生物の感を醸してはおりました。
狛犬に三つ目のある例はないようなので、そのままそうだとは言えないのですが、寺院を背景に出てきていたわけですから、いちおうここは狛犬獅子としておきましょう。
あるいは沖縄のシーサーなら、様々な変化形があるわけなので、もし上記のようなシーサーをどこかで見かけたぞとお気づきなら、どうかお教え願えたらと存知ます。
さて、そのような鳴り物入りの猫たちながら、幼猫だった三匹を、他所猫軍団がよくいじめていたものでした。それで私は一計を案じて、出没してやまない他所猫を捕獲しようとしたわけでした。捕獲してしまえば、少し手荒く扱って、噛んで言い聞かせることもできるからというわけでしたが、ところがその仕掛けに見事かかったと思ったのは、夢の中でのことだったという次第。しかも、捕らえた二匹の他所猫がマンガチックにひょこひょこ私のもとにやってきて、帰順してしまうというストーリーだったようなわけで、これには私もいっぽん参ったわけでした。
現実にいったいどんな展開を見せるかと思っていたら、ほんとうに帰順の意を表してきて、人懐っこくやってくるようになってしまったのです。私の見る新鮮な夢は、ほとんどが現実とシンクロしているのです。(また特集しましょう)
そして、この二匹の猫はもう年齢もそうとういっているようではありながらも、お互いを気遣い合う、枯れススキ夫婦猫のようでした。
ただオスのほうは積極果敢に、私に泣き付きのトライをしてくるタイプで、メスのほうは警戒心が強く、すぐに逃げてしまい、遠目から眺めているタイプというわけで、いいコンビではないかと思ったようなこと。
エサを一日二回出してやるうち、オス猫は道路からの通路の入り口のど真ん中に居座るようになり、これでは道路を通る人らが変に思うから、彼に注意して、門前を避けて侍っていなさいと言いつけておいたところ、通路階段の少し下ったあたりの横脇に侍るようになったのです。なんとそこは、この庵への通路に作る予定の山門のすぐ間際ではないですか。すでに去年のうちに大きな穴が両側に掘ってあるのです。また、通路はこの庵のちょうど鬼門の方角にあり、荒魂エネルギーのクッション役としての神聖獣は欠かせないのです。
そこで私は、このペアーを山門の脇に佇む仁王像のごとく、生きた狛犬として採用しようと思った次第です。現在、オス猫の居場所だけは確保。あとメス猫が通路(参道)を挟んだ対称位置に居付くかどうか分かりませんが、そこにも居場所をもひとつ確保する予定でおります。

この成り行きに猛然と反発しているのは、ブーフーウーです。三匹ともまだ幼猫の部類で、力も薄弱ときていますから、ベテラン猫たちに敵うわけもなく、フーはなんであんな奴らをあそこに置いとくんだと目を吊り上げ気味。フーは表鬼門の守りに就くつもりだったかも知れませんが、今は裏鬼門側の空きプランターに寝そべっている有様。ブーとウーは夫婦で観光のつもりがウーに子供ができてしまい、がっぷりこの世と取り組まねばならなくなり、いささか予想が外れて、ブーなどはがっかり気味、ウーは子供たちに危険が及ばないか戦々恐々としているようなことです。
しかし、予定が狂ってしまうのがこの世の慣わしのようなこと。まあ、私だってそうですから、みんなで力合わせて打開していこうというわけです。彼らも本腰が入るようになれば、食事の好き嫌いなどの我侭もなくなり、力もついて他所猫ペアーをしのぐようにもなるでしょう。
近々、山門を設けます。それは以前からの予定していたことで、その表札には「蓬莱山」と書くことになります。
さて、他所猫のオス猫のほう、名前を門の石松としております。通路の入り口にいたからです。森の石松にすると、私の親族のようになりますから、避けております。森のがつくのは、ブーフーウーとチントンシャンだけです。
メス猫のほうは、まだはっきりとうちに定着するとは決まっていないので、名づけるには及ばないのですが、もしつけるとすると、長尾ミケにしようかと思います。
もちろん、彼らが誰でも夢で異議を申し立ててきたら、改訂しようとは思いますが、今現在はこのような次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です