ちょっと休憩


なぜかこの曲を聴くと、心の奥底の琴線が揺れて、泣けてしまいます。
過去世でドイツにいたのでしょうか。
そんな詮索は野暮というもの。
いいものはいいのです。
だってウーまで、隣室で子供の世話をしていたのに、こちらの部屋の上の棚に上がって、聞き入りながら寝てしまっているのです。
野暮とは言いましたが、私にはこの曲のもと、将校服で踊っていた記憶があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です