ちょうど一年前の今日の記事

私にとっての911は
ちょうど一年前の今日、2009.9.11は、奥津嶋姫の化身という方からの夢見の投稿を解読して差し上げたのでした。
https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-755.html
私はこの方の夢見のメッセージを新神話に取り込もうとして、当時のコメンテーターで窮迫されていた方の救出に、ふたりで当たろうとする意味ではなかろうかと解釈したのでした。当時の記事の赤字部分は私の解釈です。
ところがこの方は、夢で救出したのは自分自身だと、私に抗議されたのです。
何不自由ない方なのに、どうして救出が要るのか。私は、まさかの意表を衝かれて、答えるすべを見つけられませんでした。
私は、彼女の与えてくれたメッセージにシンクロさせて、確かにある方の救出を完了させることができました。これは私だけでなく彼女の成果でもあります。
しかし、彼女は別のシナリオを彼女自身の神話空間に設定したようです。
それゆえやや遅れて、彼女は自身を解放する時空に導いて、早逝されてしまったかと思います。
人(有情)はみな(ダミーは除いて)、それぞれの自分の世界の創造主です。
それぞれが神話をイデア界に設定して、そこからのパラフレーズを受けて、結果を査収するのです。
この方と共同で新神話作りができたことは、実に稀有で幸運なことでした。
何せ、もとが神様ですから、新神話に莫大な実現力が生み出されたのです。シンクロ事象が矢継ぎ早に起こり、やっていることが異界を鳴動させていることを実感する日々でした。
私は自然に、さまざまな神々の雛形を受け持つようになりました。
新神話で新たなシナリオを設定する。そのために彼女に、このようなものを手に入れてほしいと頼めば、それを彼女は手に入れてくる。そればかりか本人は何も知らずに、新たな神の雛形も併せて手に入れてくるという、ボンドガールどころの騒ぎでない働きをしてくれたのです。
こんなことがありました。
私の誕生日が近づいたある日、彼女はショッピングモールかの懸賞に当選してしまい、ハワイ旅行を射止めたのです。何かお土産を誕生日プレゼントに買ってくると言ってくれたので、私は海岸べりに落ちている石ころを所望したのです。それは当時、彼女を東の青龍でかつ竜宮乙姫と設定し、私を南の朱雀でかつ浦嶋と設定していたものですから、日本神話的には豊玉姫と山幸彦の設定となり、必然的に乙姫の潮満潮干玉がいただけたらという話になったのです。それはたとえ石ころでも、東海の竜宮にあった玉として見立てることができるから、というわけでした。
それに加えて、どこぞかの神話に、国常立神(ウシトラノコンシン)も乙姫の玉をもらって世の建て直しをするという話もありましたから、この乙姫の玉は新神話にとって幾重にも重要なキーとなるはずのものだったのです。
果たせるかな、彼女はお土産を持って帰ってくれました。ただし、現地の自然のものは何一つ持ち出せないので、チャイニーズショップでトパーズの3cm玉を買い、欧州雑貨店で人形を買ったといい、その二つをくれたのです。
黄色の玉はまさに乙姫の玉にふさわしく、それに対して祈れば、どんな邪悪も(特にいじめ系の)縮小殲滅させることができると信じられるものでした。奥津嶋弁天が乙姫としてそれをくれるのですから、どんなにパワーがあることでしょう。
私は新神話を人間のだれかれに見せずとも、彼女一人に見せてオーソライズされれば、神話空間にあまたの神話あるといえども、それらをことごとく凌駕して、この新神話が主導的にこの世を牽引していくに違いないと踏んだのでした。
もうひとつのお土産の人形は、七対の羽根を持つ天使像であり、胡坐をかいてひざの上に黒猫を抱いているというものでした。これも彼女が何気なしに選んだものでしたが、それを見て驚愕したのは私でした。
Luxifer.jpg
これはルシファー像なのです。それも、キリスト教によってサタンへと貶められる前の、太陽神だった頃の神像なのです。どうしてそうと判断したか。
ちょうど、この少し前に、女の魔法使いが二人出てくる不思議な夢を見たというGさんという方が、その夢解釈までを、いろいろ調べものをして教えてくれていたのです。どうも夢に見た二人の女は、古風な魔女衣装を着ていたので、イタリア先住民の神話にいう、ディアナとアラディアのようだ。彼女らが旋律のない言葉だけで、ドシドレシラドシドレシラソドミドレシラドシドレシラドシドレシラドレシドレシラと口ずさんで踊っていたのだが、それはある神(ルシファー)をなだめるための歌だったのではないか。Gさんは、博識にも、リーランドの「魔女の福音書」という伝奇に言い及びました。
かのルシファーとは先住民の太陽神であり、その妻のディアナがかまってもらいたくて、ルシファーの好きだった黒猫に化身して交わり、生んだのが先住民の守護神であり魔女の源流であるアラディアだったという。ところが猫になってまで近づいたことに怒ったルシファーは以後、ディアナを相手にしない。そこで魔女の母子は、歌を作って歌って、ルシファーの怒りを鎮めたという。先の音階の読みはその歌ではないかと言うのです。
私はそれで、DTMでそれを旋律にして曲に組み込み、歌詞をつけました。
https://rainbow.xn--kss37ofhp58n.jp/watch/aradia.htm
(なかなかきれいな旋律でしょ。Gさんも、こんなふうになるんですね、と驚かれていました。夢では棒読みの音階を聞いただけというわけなので。その話を最初に私のもとに持ってきてくれるというのも不思議なことです。さて、リーランドの説く先住民の儀式、ベネベントの遊戯が日本に渡ってウエサク祭に反映していると見るのが私です。⇒https://ufocolumn.blog2.fc2.com/blog-entry-501.html)
その後に彼女からルシファーの天使像をもらうというこの順繰りのすごさ。しかも誕生日プレゼントなのです。
なお、この天使像、ネットで同じものがあるか調べましたら、量産も複製もされておらず、その場の作者の発想の任意による作品であり、作者自身がルシファーを作る意図を持って作ったわけでもないようです。
またそれを、前知識なしに選んでくる彼女にも、何の意図もなかったのです。
ただ、シンクロ現象としてのみ不思議は起きています。
乙姫の玉とルシファー像を同時プレゼントされたということは
プレゼント主は弁財天なのです。化身の顕在意識がいかに無知でも、為された行為には大きな意味があるはずです。
その時点で、私の受け持つ雛形にルシファーが加えられたことは言うまでもありません。
しかも、今まで関わってきた毘沙門天(金色太子)、国常立神(ウシトラノコンシン)、サナートクマラ(金星王、大天狗、大魔王)は、ルシファーと同体だったのです。しかも太陽神ルシファーを介して、エジプトのオシリスとも繋がり、邪神によって封殺された国祖神たちが居並ぶことになるのです。
オシリスもウシトラノコンシンも復活前までは冥界の王です。サタン呼ばわりされているのも頷けます。
しかし、真に復活するとき、もともとの邪神はことごとく駆逐され、正神として返り咲くのです。
雛形的には、コンシンは乙姫の玉も受け取っています。世の建て直しが始まります。

「ちょうど一年前の今日の記事」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そんな旋律ですね。
    こんな曲なかったですか?
    気のせいかな?
    あっ、申し送れました、七曜です。お久し振りです、奥人さん。
    お元気されていましたか?
    結構読んでますよ?足跡は残してないですが(笑)
    普通にアクセスしてますから(笑)
    また色々な曲を聞かせて下さいね。
    音楽好きなんです。

  2. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    おひさしぶりです。
    七曜さんはお元気そうですね。
    活躍の場をどんどん広げてらっしゃいます。
    私のほうは暑さがようやくやんだというのに、
    猫たちがのべつニャーニャー言ってきますもので、
    何も手につかずでおります。
    ネットを見に行く範囲も狭くなってますね。
    この記事の音楽のことですね。
    ドシドレシラ・・・は魔女の口ずさんでいたものらしいので、
    この旋律には精神力を高めるパワーがあるかも知れません。
    全体的な曲は、短時間に発想したもので、
    世間に類似したものがあるかどうかは分かりません。
    DTMソフトで2004年に作っています。
    そのパソコンは壊れたので、もう作りたくとも作れません。
    ビデオ編集にもひと苦労しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です