龍は実在する

中国の西安でこの9月1日の夜に、雲龍が二頭飛ぶという現象が見られたそうです。

https://www.youmaker.com/
ビデオを見ても、その形、スピード、まさに龍を髣髴とさせています。
かつて雲龍の夢を見たことのある私としては、龍は絶対に実在してるんですよ、と言うしかありません。
龍の子供(おたまじゃくし)もこの目で直接拝見させてもらってますし、
右欄プロフィールのところに掲げている画像は、満45才にして初めてUFO撮影に臨んだ二日目に偶然ビデオカメラに映り込んだ龍と玉(UFO)の競演の一シーンなのです。(背景は石の宝殿の西、竜山というところ)
夢に現れた白龍(雲龍)は、奥津嶋姫であり、身近な人として化身された神様でありました。
日本では弁財天として知られる神様で、インドのサラスワティーに同じです。
なんでこんな神様とご神縁があったか。それは私が中年になっても不遇だとダダをこねたから、見るに見かねてお越しくださったのです。
私の母の死に際しては、龍族や天狗族を集めて、何千人規模の盛大なお見送りの儀式を執り行ってくださった。
その場所も、琵琶湖の蓬莱山から沖ノ島の蓬莱嶽を結ぶお彼岸のご来光の花道で、奥津嶋姫がその通路を支えてくださったことが明らかなのです。
新神話にはたくさんのインスピレーションを授けてくださいました。神々の世界の真実が私にも理解できたと同時に、私自身が尽力して改革できるものだと知りました。足は歩かねども、インディージョーンズなみの冒険ができました。そのような果報者にしてくださったのも、この神様です。幾重にも感謝に堪えない神様なのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です