ウー出産する

本日正午頃にウーが三匹の白毛の赤子を出産しました。
暑いさなか、またなお暑い押入れの中での出産で、ふすまを二箇所開けて扇風機で換気しながらという具合です。
目が届きにくいので困るのですが、見に行くとたいがい二匹ほどが親と離れていて、そのたびにお腹の側に持っていくようにしています。というのも、まだウーの口が小さくて、よう運べないでいるようだからです。
しかし、三匹の赤子は元気に乳房を求めています。
父親はフーのようで、心配そうに面会にきて、赤子の姿を認めて、深刻そうな顔をしながら戻りました。
ブーはおじになるからか、割としゃあしゃあとして、近くまで行っていても、見に行くことまではしていません。
とにかく、ウーはよくやりました。
2010.8.19 pm9:30記事追加
18日から激務だったウーは、夏の暑さもあり、食事をほとんど取らなくなりました。それに赤子たちを放置している時間が増えています。赤子たちに母乳がきちんと供給できているかどうか定かではありません。19日夕刻までは盛んに鳴いていた赤子たち、以後ほとんど声をあげなくなっています。
すでにいつぞやの記事でお知らせのとおり、猫が赤子とはいえ一匹でも死んだら、このブログは閉鎖(登録解除)いたします。
おんや? こう書いたら、ウーを筆頭にブー、フーと食事をしに参りましたよ。不思議です。
いや、私はもうしんどいんでやめたいんですが、私の役目がまだあるんでしょうか、ブレーキがかかるわけです。
ま、こう書かなくては正神も動いてくれないということ、今までもけっこうあったんです。だからといって、手段に使っていたりしませんから。本気なんです。
おや、ウーが赤子のところに行きました。赤子たち、ピーピー鳴いてます。一難去ってまた一難、いったいどこまで行くことでしょう。約束だけ盾にして、期待しない期待しない。けせらせら。けせらせら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です