ブーのいま

ブーは黄色脂肪症というビタミンE不足による体内脂肪の酸化による病気のようです。これは下肢の関節付近から全身にかけて、触ると痛むというもの。先生はタウリン不足と仰ってたんですが。いずれにしても、猫は体内で自製できないので、単純に肉を出すだけではいけないみたいで、飼い猫にはキャットフードが欠かせないそうです。そういえば、ブーは骨細でぼってりとおなかが大きいメタボです。体重の増加だけ見て喜んではおれません。
9日の夜に、ブーのことが気がかりでベッドに三匹をあげて眠り、豆電気の下で目を開けた瞬間に、ちょうどブーが眠っている場所から黒猫が向こうを向いて電灯のほうに飛んでいく幻覚を見てしまいました。以前にもブーらしい黒い影が飛ぶのはたびたび目撃していましたが、今回ははっきりと黒猫の姿でした。短命な猫としての宿命を持って生まれたのでしょうか。(先代の白虎なのに・・・ここでの逗留に飽きたんでしょうか)
以前から何度かブーは命の危機がありました。高いところから落ちかけたり、実際に落ちたり、他の二匹の動きに追随しようと無理をしている様子が伺えましたから。食べ物で嫌いなのは徹底して食べず、食の範囲も極端に狭く、好きなものもどんどん変化しましたから、合わせてやるのがたいへんでした。そんなところから、偏食に陥っていたのです。
今はチーズが好物で、それを最初にあげて食欲を出させて肉を与えて、その後でお医者さんにもらったサプリメントを与えています。そのお蔭か、痛みもだんだん取れているようです。
しかし、トイレがブーにとってもいちばんたいへんでした。かかえて砂場に置いただけで、ものすごく痛がり、足が立たずに寝転がりましたから、トイレどころではなかった。それが何度もフーッと痛みをこらえて用を足すようになり、今はおぼつかなげにも座って、用を足すようになりました。ただ、うんちがもう3日以上出ていません。あと3日も出せなければ、お医者さんに指突っ込んで出してもらいます。ブーは痛みやむなしの人生を送りに来たのでしょうか。人として生まれることもたいへんですが、猫として生まれるのもやはりたいへんです。この世の有情はみなかわいそうです。うんちの出し方を私も学んで、以後やるようにします。
一週間ほど前の三匹
IMGA1314.jpg
昨日のブー
IMGA1321.jpg
IMGA1322.jpg
先ほどの三匹(もう少ししたら添い寝します。食の好みによらず、猫たちはこれがいちばんの好物です)
IMGA1323.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です