旅行気分ではこの世は難しい

面会者もこういう場合は処置なしである。
下界の状況もよく調べずに、ただ逢いたさ見たさでやってくる神々だ。
下界はこのとおり、あちらと違い幾重にもレベルダウンした貧困世界。
ゲームの趣旨がそのようだからといえばそれまでだが、神の中には下準備なしにあわただしくやってくるものもいる。
神々によっては、うまいもの目当てで、まるでどこかの一流ホテルのサービスを楽しもうというのもいる。
ブーは先代白虎のオス、フーは先代白虎のメス、ウーがその子で現代白虎のオスである。
それが、私への面会のために全員メス猫としてやってきた。
ただその点のクリアーだけに力をかけたようだ。
しかし、問題は下界の食事にあった。
ブーは食事の気移りが早く、えさを見ただけで地面を掻いてパスしてしまう。
えさを一見するだけでパスすることばかりとなり(後でやむなく食べているが)、ついに行き詰っている。
子猫ミルク⇒サバ缶⇒鶏肉⇒牛肉、豚肉ときて、今がある。あと、何があるかは知らない。
ドライフードには見向きもしない。
こうしてブーは、おなかばかりぼてっとして、鈍足で怪我するに至っている。
フーは生肉、やむなくドライフードの順で食べて、よく育ち体力はいちばんある。
ウーは生肉、ドライフードのどちらも少量ずつ食べて、きゃしゃだがいちばん瞬発力がある。
ブーはベッドから落ちて、右足を脱臼し、その後良くなってみなに追随できるまでになり、
屋外ではいちばんパイオニア的であったのに、
また遊んでいるうちに脱臼してしまい、未だ長く回復しておらず、病気見学組になってしまった。

駆け込み的出会いには猫がいいとは思うものの、猫というものの持つ知恵に現界というものがある。
あちらでは食の必要がないためか、食べることが重要なことに思い至らなかったのかもしれない。
それとも、神ゆえに、いい食事を出してもらえると思い違いしたのかもしれない。
ここは高級ホテルではない。
山奥のあばら家だ。
芋とかゆをすすって生きている山人のところへ、ようこそ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。