我が家の・子猫紹介・そのいち

サバ猫ブー、空を飛ぶ
私が寝床で寝ていて、不意に目を開けると、ちょうど電灯の豆球がついているのだが、電灯の笠の周りをひゅっと回転しながら飛ぶ黒猫の影のよぎるのが見える。もちろん不意に目を開けたときに起きがちなただの錯覚なのだろうが、こんなことが三度もあると、もしかしてほんとうに黒猫ブーが飛んでいるのではないかと思ったりする。というのも、夜中の、私がトイレ起きしたときだから、彼らもまだ眠っている最中だからだ。
三匹のうち一匹、黒猫ブーは食事の好みが極端で、当初与えたサバ缶の水煮と子猫ミルク以外を受け付けなくなって今がある。二匹の白猫は、いちばん敬遠するキャットフードから、当初のいちばん嗜好のサバ缶まで幅広くこなすのに、この黒だけは食そのものにガッツがなく、三箇所に分けて出す食事も他の猫に取られて、最後はふててコタツ部屋に篭ることが何度か。
こんなことだから、動作がのろく、反応も鈍いのは、まあ始めからのことだが。
他の猫は私のズボンにかぎ裂きを作ってでも、脚を中ほどまでよじ登ってくるのだが、脚に両手をかけているものの、まだ両足は地面を離れてはいない。いちどは買い物袋の取っ手のわっかに首をかけて釣り下がってぐったりして危ういこともあった。ドヂでのろまなブーである。
ここを出ては生きていけそうにないのがブーだ。他の二匹は、毛づやよくまるまるしてたくましくしているのに、ブーだけは剛毛で白髪が混じりかけている。
そんなブーがとてもできるはずもないのに、天井の電灯を見上げていることがよくあった。きっと、その高さまで飛んでやるんだという気持ちがかねがねあったのだろう。
理想家タイプのブーは、私の小さい頃にも似ている。獣肉類はまったく受け付けず、魚肉だけが食べれた。手塚治の孫悟空に憧れていたりした。
ブーも途中をはしょって、空想にふけり、いつかそこまで飛んでやるという気概に満ちていたとすれば・・・おいおい、ブーよ、暗いときにあちこちでびっくりさせてくれる猫影は・・・お前だったんじゃないのか。
プリンターの裏側にできた大きな黒猫ようの影は、お前が成猫になったサイズほどだろう。棚の上のプリンターの位置にお前が座っているのも、いつの日かくるのかもしれないな。
ブーは不思議猫でもある。私が仏壇に向かって、仏様たちのお参りの後で、神様の名を列挙していくときに、私の膝に座って、神名読み上げに続いて「キャ」と合いの手を入れたのにはびっくりした。「梵天様・・・・・龍神様・キャ・・龍神族様・キャ・・龍族様・キャ・・天狗様・キャ・・・・・」
シャーマン猫の素質ありと見た。
身体機能は緩慢でも、きっと夢見や霊能にたけているのだろう。
ふと思う。魔法使いアラディアの神話を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です