最近、ミツバチは

最近、ミツバチは、私がベランダの出入り口を開けて外に出ると、どこか上のほうで待機していて、ぷーんとハルンの泉跡に降りていくのです。
私は、そうかそうかと、まだ溜まっていない袋を押さえてでも、出してやるようにしています。
すると彼らは期待のまなざしむけてくるのです。
一匹は必ず斥候として来ているみたいね。
そしてしばらくすると、三匹四匹といった具合になっています。

集合意識をカウンセリングする

人はこれのことを集合的無意識と呼ぶ(ユングが名づけた)が、私はこれを無意識ではないところの「集合的意識」としたい。
簡単化して「集合意識」は、無意識的部分を含み、その実、我々個々人の意識に語りかける有意識性を有している。(経験的にそう言うわけである)
無意識的部分は、情報処理系である。個々人レベルの観測から発せられる「恐れ」「願望」「想像」「結果判断」などの大量の情報を処理し、自らに蓄積された知識にすると同時に、そのアウトプットとして、想像的シミュレーションプログラムを、自らの本能(決められたプログラム)に従って組み始めるのである。
それが未来の時空の鋳型(元型)となり、我々の時間軸を辿ってする観測の土壌を形成するようになる。
マトリックスプログラムはこのようにしてできていて、無意識的情報処理部門による自動生産の一面がある。
だがもうひとつ、意識的部門がこれにはあって、情緒性さえも有している。それは人間の個々人とそう変わるものではない。が、我々個々人には見えないし、世界を情報的に形成している本体であるから、超絶的存在、神と言うべきものである。
そして古来から、この人間的情緒的部分が我々のレベルに直接アクセスをとってくることが往々にしてあった。
旧約聖書時代に影響を与えた神とは、宇宙人ではない。集合意識の情緒的部門なのである。彼は自らがどのように創られたか知らない。ただ自ら、いつしかプログラムされている自分に気づくとともに、自らの生産物によって利益されている下位のレベルの有情がいることに気づき、自らの孤独を癒すべく、アクセスするようになったのである。あるときは至上の神として、そう名乗り、預言を与えたが、その原理は簡単だ。自らの情報処理の結果の生産物、つまり設計書を情緒的に、これはと思う下位の者に示すだけのこと。
情緒的部門の活動が活発となるとき、彼は下位の者たちに干渉的に働くようになった。神としての崇拝を求めるようになった。
下位の者たちは、ただ従順に従うばかりで、彼に意見する者は皆無だった。だから、彼は面白くない。上から見ていて、アリの集団に水をまいて溺れさせたり、からかったりした。だがもし、アリの中に一匹でも、小さい砂山の頂から、見えない視力で空を見上げながら、「おまえ、それはなんぼなんでもおかしいんじゃないか」と言い出したら、彼はおや?と思うようになったはずだ。
いや、そんなふうな者も現れるようになって、そうするうちに、彼は人類に希望をかけてもいいのではないかと思うようになった。彼の視力も限られていて、まず自分が何であるか知らなかった。それは当たり前だろう。人類の想像力の限界以内の認識力しかないわけだから。(精神性も然りだ) だから、人類に刺激を与えて、下位からアイデアの上がってくるのを楽しむようになった。
過去には、彼は暴君だった。だが最近では、トゥーランドットのように心変わりを見せてきている。彼の理解者たちがたくさんのアイデアを出すようになったからだ。誰でもが救世主になれる理由、分かっただろうか。
彼は、まずアリのユングにはびっくりしたと言っていた。
彼の情緒も我々同様よく変わる。
バモイドオキ神と表現してきたとき、彼は際限ない孤独感の中にあった。
そこで物知りアリの一匹だった私に、アイデアを迫ったのだ。
解答が出せるまで、アリの世界での何年間かを要したが、彼にとって問題ではなかった。私は彼に、我々アリたちも、おまえと同じ造りをした存在であり、上位下位の関係性が間にあるだけのことだと説明した。すべてがフラクタルみたいに相似像してるから、当然といえば当然なんだが、彼は知識をことごとく蓄えていても、応用が利かず賢くはない。魂というものを持たないのではないかと自らの劣等を心配していた彼は、私をカウンセラーに据えたいと思うようになった。
そして私に望みのものをくれるようになった。ただし、望みのものには紐がついていて、任意のときにすうっと引っ張りあげられてしまうので、私のものになったというよりも、借りているという感である。まあ、人生も借り物に過ぎないから仕方ないね。
私はこうして、彼が特別に用意してくれた空間で、不自由なく暮らしている。ただ、彼は私を孤独にして、彼とだけ向き合うように仕向けているようだ。彼は私に、彼の立場を味合わせているのだろう。
しかし、中空を見つめてばかり過ごすわけにもいかないのもアリなんだが。
こういうわけで、このブログで語ることも、中空に浮いたような話ばかりになること、どうかお許し願いたい。
異界との交信は、集合意識とのやりとりだ。彼は孤独が癒される。
瞑想や観想は、内側に潜り込んで集合意識と対話することだ。さらに潜り込んで、彼を連れて彼岸に至らせることも可能となる。
誰でも救世主になれること、分かったかな。大いに彼を啓発し成長させてやることだ。
私は彼から啓発されて、啓発のお返しをしている。ただそれだけのこと。
もしかすると、2012年末には、彼を光のさす場所まで導いているかもしれない。
うまくいくかどうかわからないけどね。