本日、ミツバチ現れず(現れた!!)

昨日の午後、ハルンの泉には4匹のミツバチが集っていたのですが、いつもと様子が異なり、ひとところに固まっていて、一匹のハチに二匹ほどが順番にマウント(馬乗り)していたのです。巣箱の中では狭いからよくある光景なんでしょうが、ハルンの泉の中でとは・・・巣の中と間違えたのかな、それとも自由なハッチたちがふざけあっているのかな、と思っていたのでした。
今朝5時半にハルンしに参りますと、すぐにやってきたはずの斥候がやってきません。5分以上待ちまして、昨晩の間溜めておいたハルンジュースをその場にあけておきました。
もしかしたら、もう来ないのかも。
というのも、ミツバチの女王は巣の外で交尾して、目的を達したら巣に戻って卵を産むそうな。あの馬乗りの動作は、オスバチと女王(あるいは新女王候補)の交尾ではなかったか・・・というわけであります。
https://www.3838.com/mitsubachi_park/lifestyle/marriage.html
まさか、働き蜂産卵のケースではありませんやろな。というのも、ハルンの栄養源には生殖を促す何かが含まれているようなので。ネコにマタタビ、ミツバチにハルンが立証されるか。
https://www.geocities.jp/hobby_beekeep/sub27.htm
帰ってきました。午前七時半、覗いてみるとやはりいなかったのですが、淋しくあたりを見回していると、ぷーんという羽音が。ハエのそれのように思ったもので、ハエは要らんよとつぶやいていたところ、音の主がハルンの泉に着地。
戻ってきてくれたー。
すると、続いて二匹が次々と着地し、計三匹に。
ハルン溜まりをなみなみと注いでいたものの、もう乾いていて、彼らもお尻を震わすほどの飲みっぷりではないため、しかたなくナニを取り出し、タンクを絞るようにしてわずかですが注いでやると、その場で飲み始めました。
まるで私の心配を気遣うように現れてくれた彼らに、まずは感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。