次元上昇への憧れ

霊界を高次元世界の模範例とするなら、そこを流れる音楽の精髄とも言えるBGMがあって、ルネッサンス期から泉が噴出すように巨匠にインスピレーションされてきたクラッシック音楽は、その旋律を多く湛えているとされています。
現代人に高次元上昇の趣向があるとするなら、クラッシック音楽への志向があってもおかしくはなく、その中の旋律によって魂がゆすぶられて感動する心地よさを求める動きにもなるわけです。
最近、オリジナルの美声によってクラッシックを歌詞化して歌いこむ手法が、大衆を魅了しています。
ポップオペラというジャンルを開いた藤澤ノリマサ。すごい感動を巻き起こしてます。歌詞も次元上昇を志向し、みなさんにとって啓発に満ちたものになっています。私も最愛の人に向けて叫びたくなる歌。↓

[歌詞]
もしも今 すべてのものが
簡単に うしなわれても
けっして消えることなく残る それは愛
この世界が滅びて 最後のロンド 踊る日が来ても
あなたへの愛は幾千の 時をかさねて ここに刻まれる
消えることなく永遠に
未来など誰も知らない
真実は過ぎた日々だけ
ただ今は願い祈ること しあわせを
この愛は育ってく やがて広がる 大きな炎へ
苦しみや悲しみを超えて 燃え続けてく 暗闇の中を
光がさす場所まで
静寂と闇の中で 心とぎすませば
聴こえるよ 愛の歌が
愛は消えることのない炎
命をかけて 守りたい者は
君だけ

藤澤ノリマサ オフィシャルサイト
https://www.fujisawanorimasa.net/
かつてのビートルズもクラッシック調の原曲をベースにしていて、世俗的歌詞であっても、どこか懐かしさのある共感を呼び起こし、ヒットしたものです。曲の良さとは、いかに魂を鼓舞する、魂の故郷を思い出させる旋律を含んでいるかにかかっており、ロングセラーとなるのはそのような歌や音楽に限られています。
だから、誰しもクラッシックをもっと歌詞化して歌えばいいのです。そうすれば、美声の持ち主が注目を集めることは間違いないでしょう。それが多くの人々の魂の回帰し志向するところとなっているからです。
彼の声は、悩めるこの次元と透き通った向こうの次元の二通りあって、それを旋律に応じて使い分けているところに驚きがあるのです。まさに、これこそ人のようではないかと。

“次元上昇への憧れ” の続きを読む

本日、ミツバチ現れず(現れた!!)

昨日の午後、ハルンの泉には4匹のミツバチが集っていたのですが、いつもと様子が異なり、ひとところに固まっていて、一匹のハチに二匹ほどが順番にマウント(馬乗り)していたのです。巣箱の中では狭いからよくある光景なんでしょうが、ハルンの泉の中でとは・・・巣の中と間違えたのかな、それとも自由なハッチたちがふざけあっているのかな、と思っていたのでした。
今朝5時半にハルンしに参りますと、すぐにやってきたはずの斥候がやってきません。5分以上待ちまして、昨晩の間溜めておいたハルンジュースをその場にあけておきました。
もしかしたら、もう来ないのかも。
というのも、ミツバチの女王は巣の外で交尾して、目的を達したら巣に戻って卵を産むそうな。あの馬乗りの動作は、オスバチと女王(あるいは新女王候補)の交尾ではなかったか・・・というわけであります。
https://www.3838.com/mitsubachi_park/lifestyle/marriage.html
まさか、働き蜂産卵のケースではありませんやろな。というのも、ハルンの栄養源には生殖を促す何かが含まれているようなので。ネコにマタタビ、ミツバチにハルンが立証されるか。
https://www.geocities.jp/hobby_beekeep/sub27.htm
帰ってきました。午前七時半、覗いてみるとやはりいなかったのですが、淋しくあたりを見回していると、ぷーんという羽音が。ハエのそれのように思ったもので、ハエは要らんよとつぶやいていたところ、音の主がハルンの泉に着地。
戻ってきてくれたー。
すると、続いて二匹が次々と着地し、計三匹に。
ハルン溜まりをなみなみと注いでいたものの、もう乾いていて、彼らもお尻を震わすほどの飲みっぷりではないため、しかたなくナニを取り出し、タンクを絞るようにしてわずかですが注いでやると、その場で飲み始めました。
まるで私の心配を気遣うように現れてくれた彼らに、まずは感謝です。