思えば遠くに来たものだ

朝方に、ピーマン鉢の現状写真をアップしましたが、実はそのすぐ下の床に、5粒のネズミのものらしい糞が一列に並んで落ちておりました。
IMGA0890.jpg
クローズアップ
IMGA0891.jpg
以前から天井裏が夜中になると賑やかになりまして、ネズミさんが勤務先から帰ってこられた様子が伺えておりました。そのネズミさんは、当初、天井の薄い板をかじり、ただでさえも穴があきそうなのに、これでは大変と、何度もどやしつけて、ガリガリやらないようにしつけたのであります。
その甲斐あって、ネズミは自分だけで住み着いていないことに思い至ったと見え、なるべく音を立てないように走り回るようになりました。
しかし、よくよく考えてみれば、父も母もネズミ年で、私の寝室のベッドの横には父母とハツカネズミの額がかかっているわけで、もしかするとこの家に化身して住み着いているのではないかという、想像力豊かな思いに囚われて、ふと沈思黙考したりもするのです。
そんなとき、ピーマン鉢の前に、このような人工的な配列の糞が置かれていたりすると、ほら、つい先達てのこの夢の記事のこととあいまって、母がピーマン苗の面倒を見にきたのではないかという思いにふけってしまうのであります。
糞が置かれていたのは、この前の日もそうで、このときは10粒ほどが同じピーマン鉢の前に、かためて置かれていました。それを、これは何じゃと、箒で掃き飛ばしていたようなことでした。が、今日はそんなわけには参りません。ここの場所のピーマンはいちばん花をつけて、実のなりがいいのです。
たまたま偶然、箱の中から出てきた島田陽七さんの本と、粘りつくテープでもすっぱり切れる母の所有していた優れもののハサミを糞の隣に置いて、記念撮影となりました。
IMGA0892.jpg
先週の土曜日は日中、元の住所のほうに行っていて、真っ暗になってから帰ってきたりですが、そのとき私の寝室の扉をあけて電気をつけてみれば、横の壁に大きなゲジがじっととまっているではありませんか。またも女子のような雄叫びを上げたことは言うまでもありません。
ムカデがあれ以来一度も現れていないにもかかわらず、こんな面積のでかい奴が侵入していたことに、絶望感ににた恐怖を感じ、急いでスプレーを探し出して戻れば、元のままでじっとしていました。
シュー。
痛さのあまり逃げ出し、また踵を返して戻ってきたときにもう一撃。
奴は、狂おしく身もだえして絶命いたしました。
かつてのムカデといい、このたびのゲジといい、あるいはネズミといい、もっと前のゴキブリといい、もしかすると私の前に現れる害虫、害獣というものはおしなべて私の親しい縁者ではなかろうか。
それを汚い者、害する者と決め付けるようにして、無残にも殺してしまう。それは力になってくれた縁者に対して、恩を仇で返すことに他ならぬのではないか。それとも、こうやって引導を渡せているのだろうか。
胸中複雑な思いに駆られるのであります。
IMGA0895.jpg
本日、旅行帰りの身内さんと電話で話ししました。その中で、正邪ともにバランスよく存在することで、自然界はうまく成り立っているのではないかといった話を身内さんはされました。弱肉強食の世界は、一見すると不公平や邪悪さが存在しているようですが、絶妙のバランスが保たれて生態系を存続させていると。
しかし、現在の自然界は、邪悪さの度合いが異なっていて、元のバランスを保つことのできないほどに破壊傾向が強く出ているということも実感されたとのことです。それは自然界に潜む邪悪とは別の邪悪によるものなのかどうか。私には、その辺があいまいになっているように感じたので、ひとつの解釈をしたく思います。
私は、自然界の弱肉強食の法則すらも邪悪ではなかろうかと思うのです。
その意味では、邪悪が皆無になっても、自然界は存続し進化し発展するだろうと。
トラブルや闘争や刺激や死、それに伴う痛みがなければ、進化はないとするのも、生命を侮った見方のように思います。
自然界すらも、理想から遠く離れてしまっていたのではないか。
そこに人間が現れ、追い討ちをかけるように自然破壊の要素を持ち込み、さらに遠くに引き離してしまったのではなかろうか。
私は、条件付けされた情報によって、ムカデやらゲジやらネズミやらゴキブリやらを、見つけただけで毛嫌いし、殺傷しようとします。が、もしも彼らと思いの中で和解しあって、いずれの世かで互いに握手までできるようになるなら。と思うことしきりです。しかし、見てしまうと、条件反射的に殺さねばと衝動的行動を起こしてしまう。架空の痒みを催しながら、こんな奴らに部屋の中に居座られたらたまらんと思ってしまうのです。
それだけ、世界には恐怖が支配的に推移したということなのかと思います。人間不信、自然界への不信、神への不信。その反動である過度の祭り上げや隷属。こうした思いの偏向は凝り固まって、どこかおかしいと思えるほどの行動に人を駆り立てているように思います。
手塚治虫の漫画に、ジャングル大帝というのがありました。百獣の王ライオンの主人公レオが、やがてジャングル内の弱肉強食の紛争にまで解決の道をつけ、獰猛な猛獣から、弱小な生き物までが互いに仲良く暮らしていける世の中にするというものでした。彼の名前の治虫には、せめて虫の世界だけでも丸く治めたいという意味がこめられていたのではないかと思います。彼の理想からすると、弱肉強食に潜在する邪悪すらも必要ないということではなかったか。
私にも禽獣の心あり。禽獣の幸せを希求する者でありたく思います。

「思えば遠くに来たものだ」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    身内さん御旅行だったんですね^^おかえりなさい
    いつかきっとさん 掲示板にぎやかですね 
    こどもの頃、みつばちハッチというアニメを観ながら、「それぞれの立場で 敵や邪悪な存在って違うんだ」のような感想をもったことがあります。
    ハチが人間のような感情をもっているかは別として
    立場が変われば、また見方が変われば、悪や邪な存在であり、一方では愛の戦士だったり愛するもののために命を捧げる勇者だったりするわけですね。
    話が変わりますが私は、ニューエージ思想のワンネスが今まで自分に近いと思ってきました。
    みんなつながっている、そして統合とは赦しや寛容であると。
    でも、最近ちょっと思うところがあります。
    同じようだと思っていても、そして同じ世界を望んでも夫々かなり違っている。
    それをひっくるめて似ているとか、すこし我慢して赦しちゃうとか、つながっているから自分が変れば相手も変るとか、じゃないような気がしています。
    明らかに違う、その違いというのを認識するだけでいいんじゃないかと。
    もちろん、自分を基準にした 悪と善でなく
    どこが違うのかの観察 観るということだけ。
    これもまた、話が微妙にずれますが、
    例えばアセンションがあることを前提としての世界がどういったものかということ。
    たったひとつだけの世界なんだろうか?
    ということです。
    もしかして、愛に溢れた人ばかりの世界
    戦い好きな人の世界
    冒険好きな世界
    いろいろな星みたいなところに、それぞれが最も
    ありがたいと思う世界がいろいろあったとしたら
    今はすべてが混在して存在しています。
    だから理解不能でややこしく、摩擦や、混乱や
    戦いたくない人や戦いたい人が苦悩する。
    違いがありすぎるから。
    もちろん、愛に溢れたところへ行きたいですが
    立場が変れば、違う人だって そんなの退屈な世界と感じるかもしれない。
    それぞれに合う場所が一番なわけで。
    よく星の出身みたいなのを掲示板やブログでも見ますが、そこからやって来たとかいう
    案外ああいう出身星への帰還みたいなことなら、自分がどこにいたのか、どこへ戻るのかみたいな発想
    そしてこの混ぜこぜに存在する者の中には、それぞれの星のいいところを一杯魂に刻み、最高の種としての魂だって出来ているはず。
    もし、そういうそれぞれの星のいいとこどりの魂の人ばかりの世界
    のことだったりして・・なんて突飛なことを考えていました。
    地球は保育器。
    混ぜこぜにした中で育ち 経験し 成長し 選別する
    ちょっとかなり今日はぶっ飛んだ発言でしたーー;

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    メイさん、おはよう。
    目覚めたー。
    あなたの考えを読みながら、目覚めました。
    コーヒーを飲みながら、うん、そうなんだ、そうに違いないと。
    今朝起きて、まだ薄暗がりの中をハルンしに行きますと、しとしとぴっちゃんの音とともにミツバチ斥候ハッチの羽音がぷーんと聞こえるではありませんか。
    低空を飛んでハルンの存在を確かめると、どこかへ去っていきました。
    いいことをした気持ちの後にメイさんのお話し。いいことは繋がってますね。ありがとう。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    みんなそれぞれの思いに相応しい天国へ行くという、霊界通信の解答に近いものになるのかもしれません。
    だから、あえて主義のあわない者との邂逅は望まないほうがいいでしょう。
    ごたまぜのこの世ならばこその出来事と解釈したほうがいいでしょうね。
    しかし、こんな保育器を用意してある意味は何なのか。
    変化させたがっている何者かがいるようですね。
    それこそ、ほっとけと言いたいなあ。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    新時代は、霊界も含めて帳が取り去られますから、主義の異なる魂もみんな交流するようになり、はるかに啓発された中にあって、あの頃は盲目だったなと言いながら、S氏とも邂逅するようになるでしょう。それがジャングル大帝の治世というものです。
    さきほど三度目のハルン放出に行きました。二度目の時には三匹のミツバチ。いま、二匹居て、うち一匹が仲間に知らせに向かい、もう一匹は暖かいシャワーを心地よさそうに浴びていました。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    レクイエムを先頭にもってくるCDとは、洗心を目的にしているものですか?
    クラッシックには霊界の音楽の精髄が多く含まれていて、心を癒す働きがあり、疲れた心には栄養になります。
    また、ミツバチの女王蜂は最近、体力が弱っているらしく、早死にの傾向があるようです。それが群崩壊の大きな原因だとか。よってミツバチは、必須栄養素を懸命に探しているわけで、花に蜜を採りに行くより、パワフルなハルンに活路を見出したのでしょう。朝一番から斥候を派遣してきているほどですからね。私も一役買ってあげなくてはと思っとります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。